価格.com

保険

カカクコム・インシュアランス

海外旅行保険・バイク保険・ペット保険・ゴルフ保険・自転車保険の部 - 保険アワード

「価格.com 保険」は、株式会社 カカクコム・インシュアランスが保険契約締結の代理・媒介を行います。

海外旅行保険の部

海外旅行保険 総合1位
選ばれた理由
どの旅行先であってもリーズナブルな保険料と契約確認や延長がインターネット上で可能な利便性が多くの支持を受けて、4年連続受賞となりました。また、10名までなら1度にグループ契約できる点も人気です。 価格.com保険 セールス&マーケティング部 画像 (株)カカクコム・インシュアランス/
セールス&マーケティング部
森岡 将斗

バイク保険の部

バイク保険 総合1位
チューリッヒ保険会社のバイク保険
チューリッヒ保険会社のバイク保険 チューリッヒ保険会社 詳細 (保険会社ページへ)
選ばれた理由
2年連続受賞となりました、人気のバイク保険です。ゴールド免許割引を適用することで保険料が割引になる点や、二輪自動車の車両盗難時の補償を特約で付加できるところが人気の理由です。 価格.com保険 セールス&マーケティング部 画像 (株)カカクコム・インシュアランス/
セールス&マーケティング部
池田 賢

ペット保険の部

ペット保険 総合1位
選ばれた理由
4年連続のアワード受賞となりました。お手頃な保険料・手術に特化した補償・WEB割引がメリットです。わかりやすくシンプルな点が保険選びの際の後押しとなり、長い間多くのお客さまに選ばれている理由となります。 価格.com保険 セールス&マーケティング部 画像 (株)カカクコム・インシュアランス/
セールス&マーケティング部
蔵本 暁之

ゴルフ保険の部

ゴルフ保険 総合1位
「eゴルファー保険」価格.com保険専用プラン
「eゴルファー保険」
価格.com保険専用プラン
東京海上日動 詳細 (保険会社ページへ)
選ばれた理由
2016年7月より価格.com保険専用プランが発売され、今回、初受賞となりました。賠償責任の無制限補償や賠償事故の示談交渉の補償を備えることができるところから人気が高まりました。 価格.com保険 セールス&マーケティング部 画像 (株)カカクコム・インシュアランス/
セールス&マーケティング部
池田 賢

自転車保険の部

自転車保険 総合1位
「eサイクル保険」価格.com保険専用プラン
「eサイクル保険」
価格.com保険専用プラン
東京海上日動 詳細 (保険会社ページへ)
選ばれた理由
自転車事故によって高額賠償につながるケースが増えていますが、どのプランであっても無制限で補償できる点が魅力です。また最安プランの保険料は、年間2,030円とリーズナブルな点も人気の理由です。 価格.com保険 セールス&マーケティング部 画像 (株)カカクコム・インシュアランス/
セールス&マーケティング部
森岡 将斗

価格.com保険トレンド

2017年は自転車事故に関するニュースがとても多く、自転車保険の必要性が問われた1年でした。このような世相を踏まえ、今回より価格.com保険アワードに「自転車保険」カテゴリが新設されました。

自転車保険は「自分のケガへの備え」と「相手を負傷させてしまった場合の備え」の2つを合わせる補償となっているケースが多いですが、価格.com保険で人気となったのは、相手を負傷させてしまった場合に十分な補償があり、かつ保険料がお手頃な商品です。このような商品がインターネット上だけではなく社会に幅広く知れ渡る必要性を強く感じており、我々がその一翼を担えるよう、より一層精進していきたいと思います。

その他のカテゴリでは海外旅行保険、バイク保険、ペット保険の受賞商品は昨年と変わらず根強い人気があり、ゴルフ保険だけ自転車保険と同様に東京海上が初受賞です。

保険検討に必要な情報がインターネットにあふれている昨今では、その情報量の多さが保険会社同士の価格競争を引き起こし、結果としてユーザーに還元されていると感じています。今後もこの流れが継続し、「保険は分かりやすい」といわれる時代が訪れる日も近いのではないでしょうか。

価格.com保険 セールス&マーケティング部 画像 (株)カカクコム・インシュアランス/
セールス&マーケティング部
渡邉 国宏

ファイナンシャル・プランナーから見た
海外旅行保険・バイク保険・ペット保険・ゴルフ保険・自転車保険トレンド

今年も、いずれもお手頃な保険料でニーズにあわせて必要な補償を準備できる商品が支持されました。

昨年も観光地でのテロが相次ぎ、テロへの備えとして海外旅行保険が注目されました。個人旅行が増えている中、クレジットカードの付帯保険で不足しがちな治療費用や救援者費用を、海外旅行保険で補完する必要性が高まっています。

バイク保険の保険料を節約するには、より自分の条件に合った商品・プランを選びが必要です。「3000km未満」の区分は、走行距離が少ないドライバーにとっては保険料が魅力。事故やトラブルの際のきめ細かなロードサービスも、保険選びのポイントです。

ペット保険は、商品・プランによって補償内容が大きく異なります。少額な治療費もカバーするプランがいいのか、それとも高額な時だけしっかり補償されるプランがいいのか、契約者の好みが分かれるところです。ここ数年、”高額のみ充実”に補償を絞り、保険料が安いプランの人気が続いています。

ゴルフ保険と自転車保険は、保険料重視の傾向が強いようです。個人賠償責任補償は、自動車保険や火災保険に付加していれば、それでカバーできますので、ゴルフ保険や自転車保険はケガの治療補償を重視。ない人は個人賠償責任補償を重視など、加入中の保険トータルで補償を考えることが大切です。

ファイナンシャル・プランナー 画像 株式会社プラチナ・
コンシェルジュ/
CFP(R)/
1級ファイナンシャル・
プラニング技能士
田辺 南香

このページの先頭へ

  • 保険
  • 保険アワード
  • 海外旅行保険・バイク保険・ペット保険・ゴルフ保険・自転車保険の部価格.com

Copyright © Kakaku.com insurance, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止