自転車保険の選び方

  1. ホーム
  2. 保険
  3. 自転車保険 比較
  4. 自転車保険の選び方

「価格.com 保険」は、株式会社 カカクコム・インシュアランスが保険契約締結の代理・媒介を行います。

自転車保険を学ぶ

自転車保険の選び方

自転車保険は何を基準に選べばよいのでしょうか?
自転車保険の選び方について説明します。

自転車保険の加入方法

自転車保険は損害保険保険代理店の窓口だけではなく、インターネットや通信販売、一部のコンビニエンスストアなどから加入することができます。

加入方法ごとにメリット・デメリットというのは存在しませんが、それぞれの商品ごとに加入方法に違いがあります。おもな違いは、

  • 加入当日から補償を開始させることができない商品がある。
  • 保険料の支払い方が限定されている(クレジットカード不可や、現金不可など)。
  • 窓口営業時間中しか加入することができない。

などがあります。加入当日から補償したい場合やクレジットカードで保険料を支払いたい場合などは、希望する商品が該当するかを確認しておきましょう。

必要な補償内容を選ぶ

自転車事故に関連する損害は「被害者への補償」「自分自身の補償」「自転車自体の補償」が考えられます。

  • 被害者への補償は「個人賠償責任保険」や「個人賠償責任特約」でカバーできます!

    高額賠償事例に備えるには自分が加害者となったとき、被害者に対して支払う賠償金を補償する「個人賠償責任保険」や「個人賠償責任特約」が必要となります。
    この保険は自転車保険にセットされているだけではなく、火災保険や傷害保険などの特約としてもセットすることができます。

  • 自分自身の補償は基本的に死亡補償・入院給付金・通院給付金がセットになっています。

    基本的には死亡補償・入院給付金・通院給付金がセットになっていますが、商品によっては死亡補償のみを補償対象外としたりできるもの、通院費用が実費で補償されたりするものもありますが、入院給付金額、通院給付金額の支払条件が異なるので注意が必要です。
    また、自転車保険、傷害保険とは異なりますが、「医療保険」であれば入院時の保障があり、「所得補償保険」であれば就業不能時の補償があります。

  • 自転車自体の補償

    損害保険会社が提供する自転車保険には自転車自体を補償する保険はありません。 ただし、火災保険であれば自宅軒下や自宅の屋根付き駐輪場で自転車が火災や水災、盗難にあった場合に補償できるものがあります(商品及び補償内容によっては対象外となる場合があります)。
    また、損害保険会社の商品ではなく、自転車メーカーや販売店などで独自の補償制度がある場合もあります。

補償を充実させると保険料が高くなる傾向にあるので、自転車事故におけるリスクをカバーするために、どの補償が必要かを考える必要があります。

自転車保険の適用範囲を選ぶ

自転車保険は「個人プラン」と「家族プラン」があります。「個人プラン」は契約者本人のみの補償となります。「家族プラン」で以下の範囲で補償されます。

家族プランの補償範囲の図

「家族プラン」は配偶者・同居の親族・別居の未婚の子となります。
同居の親族は「6親等以内」、別居の未婚の子は「婚姻歴」がないなど、細かい部分まで決められている商品もあります(保険会社および商品によって範囲は異なります)。
家族プランにする場合は、補償の範囲がどこまでなのかをしっかり把握しておきましょう。

また、会社の従業員全員を加入させたい、草野球チームなどでチーム全員に自転車保険を加入させたい場合に関しては団体向けの保険がありますので、保険会社または代理店までご相談するのがよいでしょう。

その他の特約を選ぶ

自転車保険の特約は商品によって異なりますが、「示談代行サービス賠償事故解決特約」、「法律相談費用補償特約」、「弁護士費用等補償特約」など自転車事故の示談交渉をサポートする特約が多いです。
自転車保険はとてもシンプルな保険なので、その他のセットできる特約はほとんどありません。 ただし、保険会社によってはロードサービスが利用できる商品もあります。

付帯サービス

自動車保険では一般的になりましたが、自転車保険でも自転車の事故・故障により、自力走行不能となった場合に一定距離まで無料で搬送依頼できる自転車ロードサービスがセットされる保険も登場しています。自転車の利用シーンを考え、自転車保険選びをする必要があります。

自転車に乗る頻度が違っても、自転車保険を選ぶポイントは同じ

どのように自転車を利用していて、どのような危険性に備えたいですか?

  • 通勤で自転車を利用しているイメージ図

    通勤で自転車を利用している

    エコなこともあり、年々増加している自転車通勤。ほぼ毎日利用する自転車だからこそ、自転車事故の危険性に備えたい。

  • 近場のスーパーまで自転車で買い物に行っているイメージ図

    近場のスーパーまで自転車で買い物に行っている

    自転車での買い物はたまにしかしないけど、それでも自転車を乗るからには自転車事故の危険がつきもの。自転車事故の危険性に備えたい。

  • 子供や家族が自転車を利用しているイメージ図

    子供や家族が自転車を利用している

    子供が遊ぶときによく自転車を利用している。子供のケガも心配だけど、他人にケガをさせてしまうことが心配。

  • 休日に趣味で自転車を利用しているイメージ図

    休日に趣味で自転車を利用している

    ロードバイクを乗っているので、車との交通事故が心配。マウンテンバイクで山を走っているので、自分のケガが心配。

自転車の利用シーンは様々ですが、「補償内容を選ぶ」の項で挙げた

  • 被害者への補償
  • 自分自身への補償
  • 自転車本体の補償

これらの危険性は自転車に乗る以上は少なからず発生する可能性があります。 ご自身で必要と思う補償を検討し、自転車保険を選びましょう

自転車保険を選ぶ時に、注意が必要なポイント

「個人賠償責任保険(特約)」は補償の対象外となるケースがあります。 例えば、業務に起因する自転車事故による賠償、同居する親族に対しての 賠償などは対象外となります。 当然ながら故意によるものも対象外となります。

また、「示談交渉」は保険や法律の専門家でない人が交渉をするのはとても難しいので、自動車保険や火災保険の特約として「個人賠償責任補償(特約)」に 加入している場合は「示談交渉」をしてくれるかを確認しておきましょう。

いわゆる自転車保険は、自分自身のケガの補償については、自転車利用中以外の交通事故によるケガも補償するなど、補償の対象となる範囲が異なるケースがあります。希望する商品の補償範囲を確認して加入することが重要です。

関連リンク

このページの先頭へ