TSマーク付帯保険 −自転車保険の選び方−

  1. ホーム
  2. 保険
  3. 自転車保険 比較
  4. 自転車保険の選び方
  5. TSマーク付帯保険

「価格.com 保険」は、株式会社 カカクコム・インシュアランスが保険契約締結の代理・媒介を行います。

自転車保険を学ぶ

TSマーク付帯保険

TSマークとは自転車安全整備店で点検・整備をした
普通自転車に貼る保険が付いたシールです。

TSマークとは

TSマークイメージ図TSマークとは自転車安全整備店で点検・整備をした普通自転車に貼る保険が付いたシールです。
なお普通自転車とは道路交通法令にその基準が定められており、この基準は、自転車が歩道を通行する際、歩行者の通行を妨げない大きさ、構造等になっています。 通常使用されている多くの自転車は普通自転車です。

  • 車体の大きさは、長さ190cm、幅60cm以下であること。
  • 車輪は、2輪または3輪であること。 など

TSマーク制度は、自転車の定期的な点検整備を促進して、自転車の安全な利用と、自転車事故の防止に寄与するとともに、万が一事故に遭った場合の被害者救済に資するために設けられたものです。TSマーク有効期間は点検の日から1年となっています。1年に1回は、自転車の定期点検を行うことが推奨されています。

TSマーク付帯保険とは

TSマーク貼り付けイメージ図点検年月日と自転車安全整備士番号が記載された保険有効期間中のTSマーク貼付自転車に搭乗中の人を対象とした保険です。
保険契約は、公益財団法人日本交通管理技術協会と三井住友海上火災保険(株)を幹事会社とする損保会社との間で締結しています。なお保険の有効期間は、TSマークに記載されている点検日から1年間です。
なお、TSマークを貼る料金は自転車の点検整備を受ける料金となります。詳しくはTSマークの取扱店まで直接問い合わせる必要があります。

補償内容

平成26年10月1日以降に貼付したTSマーク付帯保険の補償内容となります。
補償内容は青色TSマークと赤色TSマークとで異なります。

青色TSマーク
青色TSマークイメージ図 傷害補償
  • ・入院15日以上
  • ・死亡、重度後遺障害(1〜4級)
  • ・(一律)1万円
  • ・(一律)30万円
賠償責任補償
  • ・死亡、重度後遺障害(1〜7級)
  • ・(限度額)1,000万円
赤色TSマーク
赤色TSマークイメージ図 傷害補償
  • ・入院15日以上
  • ・死亡、重度後遺障害(1〜4級)
  • ・(一律)10万円
  • ・(一律)100万円
賠償責任補償
  • ・死亡、重度後遺障害(1〜7級)
  • ・(限度額)5,000万円
被害者見舞金
  • ・入院15日以上
  • ・(一律)10万円

自転車安全整備店とは

TSマーク取扱店ステッカーイメージ図自転車安全整備店は、TSマークを取り扱うことができる自転車店のことで、自転車安全整備士が勤務しています。自転車安全整備店になるには、公益財団法人 日本交通管理技術協会に登録申請をして、審査を受けなければなりません。登録されると、自転車安全整備店の章(店章)が貸与されるので事業所のみやすい場所への掲出や、3年毎の登録の更新が義務付けられています。

自転車安全整備店の要件

  • 自転車の点検整備をするための作業場が5平方メートル以上確保されていること。
  • 作業場は、自転車が道路から容易に持ち込める形態にあること。
  • 作業場には、自転車の点検整備のために必要な工具及び検査器具等備付けていること。

自転車安全整備士とは

自転車安全整備士イメージ図自転車安全整備士は、公益財団法人日本交通管理技術協会が実施する「自転車安全整備技能検定」に合格した者で、自転車の点検整備と安全利用の指導について専門的な技能をもっており、自転車安全整備制度推進の中心的な役割を果たす人です。 なお、自転車安全整備技能検定の合格者には、自転車安全整備士番号が入った「自転車安全整備士之証」が交付されます。
試験は、学科・実技・面接の3科目があり、「学科試験」では、自転車の構造及び性能に関する知識、自転車の点検整備に関する知識、自転車の安全利用の指導に関する知識が問われます。 「実技試験」では、自転車の点検及び整備の技術が問われ、また「面接試験」では、自転車の安全利用に関する指導の能力が問われます。

関連リンク

このページの先頭へ