がん保険の選び方 - がん保険の必要性 -

ホーム > 保険 > がん保険 比較 > がん保険 選び方 > がん保険の必要性

「価格.com 保険」は、株式会社 カカクコム・インシュアランスが保険契約締結の代理・媒介を行います。

がん保険は本当に必要なのでしょうか。
がん保険の必要性について解説します。

  • Twitterにツイートする
  • はてなブックマークに登録

    Yahoo!ブックマークに登録

    googleブックマークに登録

どんな理由で加入しているの?

ご参考までに、カカクコム・インシュアランスで、がん保険をご加入されたお客様の最終的な決め手になったユーザーの声は、下記の通りです。

@がんの罹患率(発病率)が非常に高い

親族ががんに罹患(もしくはがんで他界)している【がん家系】。

A公的医療制度で保障されない治療法がある

先進医療や自由診療など公的医療制度が適用されず治療費の実費を支払わなければならない。

B再発などを繰り返し、治療が長期化する恐れがある

医療保険では1入院の支払い限度日数が存在するが、がん保険では限度日数がない。

Cがんは死にいたる病ではなくなっている

がんの治療技術が日々進歩しており、副作用が少ない抗がん剤や疼痛治療(緩和ケア)など最新のがん治療では日常生活に支障がでないような選択を患者ができる。

このようにがんに対する考え方や治療方法が多様化している現在、がん保険が改めて見直されています。

がんの長期療養に対応

下表に保険診療の場合のがん入院費用の平均を記載します。高額療養費制度を事前に申請すれば、窓口での自己負担を抑えることができますが、差額ベット代や保険外診療(先進医療、自由診療)の費用、そして、がん発症による給与収入の減少をリスクとして考慮しておきましょう。また、一般的にがんは、入退院を繰り返し、退院後も長期の通院が必要となる場合があります。そのため、医療保険だけでは長期の通院や、同じ病気での短期間の入退院に対応できない場合があります。

そこで、がん保険では入院給付金の支払限度日数に制限を設けておらず、また通院も保障しています。つまり、がんでの長期療養にも対応できるのが、がん保険となります。

がんの治療費(入院費) 平成26年度

傷病分類 総患者数 退院患者
平均在院日数
入院
3割負担の場合 高額療養費制度
適用後のめやす自己負担額
(※1)
1日あたり
費用
めやす窓口
支払総額
胃の悪性新生物(胃がん) 185,000人 19.4日 14,400円 279,400円 86,700円
結腸の悪性新生物(大腸がん) 179,000人 17.2日 15,700円 269,300円 86,400円
直腸の悪性新生物(直腸がん) 82,000人 21.1日 17,100円 360,800円 89,500円
肝の悪性新生物(肝がん) 47,000人 19.5日 14,900円 289,600円 87,100円
気管・気管支、肺の悪性新生物(肺がん、気管がん) 146,000人 20.0日 14,400円 288,600円 87,100円
乳房の悪性新生物(乳がん) 208,000人 12.7日 16,900円 214,900円 84,600円
子宮の悪性新生物(子宮がん) 61,000人 14.2日 16,000円 226,600円 85,000円
その他悪性新生物(卵巣がん/食道がん) 627,000人 20.6日 14,300円 294,200円 87,200円
その他の新生物(子宮筋腫/上皮内がん) 474,000人 14.6日 17,900円 260,600円 86,100円
  • 参考文献 : 厚生労働省 医療給付実態調査 平成26年度 「第3表 疾病分類別、診療種類別、制度別、件数、日数(回数)、点数(金額)」
  • 参考文献 : 厚生労働省 患者調査 平成26年度 「閲覧第 95表 総患者数,性・年齢階級×傷病中分類別」
  • 参考文献 : 厚生労働省 患者調査 平成26年度 「閲覧第 77表 退院患者平均在院日数,性・年齢階級×傷病中分類×手術の有無別」
  • (※1)・・・高額療養費制度を適用した場合の金額は、退院患者平均在院日数と入院 3割負担の場合 めやす窓口支払総額を元に、月初(1日)から入院したと仮定し、「区分ウ 標準報酬月額28万〜50万円の方・70歳未満」の条件で計算しています。また、4ヶ月以上入院の場合には、4ヶ月目以降の限度額を44,400円としています。差額ベッド代や食事代、先進医療の費用など健康保険の対象にならない費用は含まれません。詳細は、高額療養費計算を参照ください
  • 上記「がんの治療費(入院費) 平成26年度」表内の各金額は、算出された値を10円単位で四捨五入した金額です。あくまでめやすとしてご覧ください

がんは、日本人の死因第1位

平成26年の死因順位(第10位まで)別の死亡数・構成割合を見てみると、がんが最も多くなっています。がんは、1980年初頭から30年以上にわたって死因1位を維持し続けているのです。

死因順位(第10位まで)別 死亡数・構成割合 平成26年

死因 死亡数 死亡総数に
占める割合(%)
悪性新生物(がん) 368,103 28.9
心疾患(高血圧性を除く) 196,925 15.5
肺炎 119,650 9.4
脳血管疾患 114,207 9.0
老衰 75,389 5.9
不慮の事故 39,029 3.1
腎不全 24,776 1.9
自殺 24,417 1.9
大動脈瘤及び解離 16,423 1.3
慢性閉塞性肺疾患 16,184 1.3
全死因の総数 1,273,004 100
  • 参考文献:厚生労働省 平成26年 人口動態統計(確定数)「第6表 性別にみた死因順位(第10位まで)別 死亡数・死亡率(人口10万対)・構成割合」

AFH243-2016-0300 11月24日(181124)

カカクコム・インシュアランスの専門家に相談する

あなたに最適な保険選びのサポートや保険に関する疑問・質問にプロがアドバイス!メールや電話で全国どこでも、無料でお応えします! 保険相談

無料相談

いざという時に備え、「安心」を探す

保険の提案をしてもらう

保険ご加入に関する
ご相談を、専門家が
アドバイスいたします。

カカクコム・インシュアランス受付窓口

保険を比較する

このページの先頭へ