がん保険の選び方 - 上皮内がん -

「価格.com 保険」は、株式会社 カカクコム・インシュアランスが保険契約締結の代理・媒介を行います。

「上皮内がん」とは何でしょうか?
上皮内がんは保険会社によって取り扱いが異なります。

  • Twitterにツイートする

「上皮内がん」とは

上皮内がんは、「上皮内新生物」「上皮内腫瘍」とも呼ばれています。これは、上皮内にとどまって、浸潤(しんじゅん、がん細胞が浸み込んで他細胞に広がっていくこと)していない病変を指します。

「上皮内がん」とはの図
  • ※参考:厚生労働大臣官房統計情報部編「疾病、傷害および死因統計分類提要」

上皮内がんは、上皮内に血管・リンパ管が通っていないため、転移を起こすことが理論的にありえません。そのまま、進行しなかったり、消退するものもあります。

「上皮内がん」は、がん(癌)ではない?!

上皮内がんは、がん(悪性新生物・悪性腫瘍)の特徴を満たしていないため、がん(悪性新生物・悪性腫瘍)とは区別されています。

そのため、保険会社によっては、上皮内がんの場合のガン診断給付金を、悪性がんの場合に比べて少なくしていることもあります。転移や大きな手術不要なのであれば、理に適った給付額と考えられます。

比較項目 悪性新生物(がん) 上皮内新生物
診断面から見た違い 「浸潤」がある 「浸潤」がない
治療面から見た違い 「浸潤」があるため、転移している可能性があり。転移している可能性の部分も含めて取りきることが必要。
※転移している病巣も含め、取りきれなかった場合は、再発の可能性がある。
「浸潤」がないため、「転移」の可能性はない。病変を完全に取りきってしまえば、100%治癒するといってもよく、再発の可能性はない。この点は良性新生物と同じ。
保険会社の取り扱い 悪性がんの給付金が支払われる。 会社によっては、悪性がんとは区別した給付金が支払われる場合がある。

カカクコム・インシュアランスの専門家に相談する

あなたに最適な保険選びのサポートや保険に関する疑問・質問にプロがアドバイス!メールや電話で全国どこでも、無料でお応えします! 保険相談

無料相談

いざという時に備え、「安心」を探す

保険の提案をしてもらう

保険ご加入に関する
ご相談を、専門家が
アドバイスいたします。

カカクコム・インシュアランス受付窓口

保険を比較する

このページの先頭へ