大学の学費・教育費 - 学資保険の選び方 -

ホーム > 保険 > 学資保険 比較 > 学資保険 選び方 > 大学の学費・教育費

「価格.com 保険」は、株式会社 カカクコム・インシュアランスが保険契約締結の代理・媒介を行います。

子どもの学費は平均いくらかかるのでしょうか?
大学の学費・教育費について、解説します。

  • Twitterにツイートする

子どもの学費はいくらかかる?

入学時にかかる費用

学資保険を検討する上で最も考慮しなくてはならない金額が入学(初年度)にかかる費用です。なぜならば初年度納付金は入学金と授業料を合わせた額になります。
初年度納付金は、同じ学問系統で比較した場合は国公立大の方が私立大より安価なことが多いようです。しかし国公立大も、法人化によって大学や学部・学科ごとに金額の差が出てきています。また、施設設備費や実習費などが授業料と別にかかる場合もあります。また、下記以外にもの大学の受験料(交通費・宿泊費)などもかかりますので併せてご検討ください。

初年度納付金のめやす(国公立大学、私立大学昼間部の平均額)

大学分類 授業料 入学金 施設整備費 初年度合計
国立※1 53万5,800円 28万2,000円 ※4 81万7,800円
公立※2 53万7,857円 39万7,721円 ※4 93万5,578円
私立文系※3 74万6,123円 24万2,579円 15万8,118円 114万6,820円
私立理系※3 104万8,763円 26万2,436円 19万0,034円 150万1,233円
私立医歯系※3 273万7,037円 103万8,128円 83万1,722円 460万6,887円
  • ※1:文部科学省令による標準額
  • ※2:文部科学省「平成27年度学生納付金調査」による。公立大学昼間部の平均額。入学料は地域外からの入学者の平均を使用
  • ※3:文部科学省「平成26年度私立大学入学者に係る初年度学生納付金平均額調査」による。いずれも私立昼間部の平均を使用
  • ※4:施設費、実習費、諸会費などを徴収される場合がある

在学中にかかる費用

在学中の授業料は、年度ごとに前期と後期に分けて支払うのが一般的です。それ以外に、施設費や実習費などが必要になることも多いようです。ここでは目安となる金額を挙げていますが、実際には大学や学問系統ごとに大きく異なります。

在学中にかかる授業料・施設設備費納付額のめやす

大学分類 入学金 授業料 施設整備費 初年度合計
国立※1 28万2,000円 53万5,800円/年 ※4 242万5,200円※5
公立※2 39万7,721円 53万7,857円/年 ※4 254万9,149円※5
私立文系※3 24万2,579円 74万6,123円/年 15万8,118円/年 385万9,543円※5
私立理系※3 26万2,436円 104万8,763円/年 19万0,034円/年 521万7,624円※5
私立医歯系※3 103万8,128円 273万7,037円/年 83万1,722円/年 2,078万7,238円※6
  • ※1:文部科学省令による標準額
  • ※2:文部科学省「平成27年度学生納付金調査」による。公立大学昼間部の平均額。入学料は地域外からの入学者の平均を使用
  • ※3:文部科学省「平成26年度私立大学入学者に係る初年度学生納付金平均額調査」による。いずれも私立昼間部の平均を使用
  • ※4:施設費、実習費、諸会費などを徴収される場合がある
  • ※5:4年間通った場合の合計( ここでは単純に4倍としているが、大学・学部によっては学年が上がるにつれて授業料・施設設備費などが上がる場合もある。)
  • ※6:6年間通った場合の合計(医学部・歯学部系統は6年制と4年制の場合がある。ここでは6年間として算出。)

学校以外にかかる費用

大学に納める授業料以外にも、下宿した場合などの仕送りなども考慮する必要があります。

自宅外通学する場合の新生活準備金

項目 金額
家賃 6万1,200円
敷金・礼金 20万3,500円
生活用品費 31万3,500円
合計 57万8,200円
  • 東京私大教連「私立大学新入生の家計負担調査(2015年度)」より引用

@自宅外通学する場合の初期費用

右図は東京私大教連「私立大学新入生の家計負担調査(2015年度)」の自宅外通学する場合の新生活準備金の抜粋になります。自宅外から通学となると在学中の住まい(家賃、敷金・礼金)と生活用品を揃えなくてはなりません。その平均値が約58万円と高額な出費になっています。

毎月の生活費

  自宅 学寮 下宿・アパート・
その他
食費 8,125円 2万0,433円 2万1,975円
住居・光熱費 - 2万4,058円 3万7,325円
保健衛生費 3,050円 2,967円 3,042円
娯楽・し好費 1万0,808円 9,875円 1万1,767円
その他の日常費 1万1,183円 1万1,108円 1万2,475円
合計 3万3,166円 6万8,441円 8万6,584円
  • 日本学生支援機構「平成26年度学生生活調査」より、大学昼間部の年間平均データを12で割った額(小数点第一位を四捨五入)。

A在学中の生活費

毎月の生活費は自宅なら約3万3,000円、学寮なら約6万8,000円、下宿・アパートなら約8万7,000円となっています。  家賃や食費を合わせた毎月の生活費も、自宅生と自宅外生ではかなり差がみられます。特に自宅外でも学生寮以外のアパートなどに住む場合は、水道光熱費などもかかるため、毎月まとまった金額が必要になります。一方、自宅生の場合は、家賃などが不要なため毎月の生活費は自宅外生に比べて低いケースが圧倒的です。ただ、自宅から遠距離通学する場合は、交通費がかかることもあります。

いざという時に備え、「安心」を探す

保険の提案をしてもらう

保険ご加入に関する
ご相談を、専門家が
アドバイスいたします。

カカクコム・インシュアランス受付窓口

保険を比較する

このページの先頭へ