生命保険 比較

ホーム > 保険 > 生命保険

生命保険とは、死亡時に「遺族の生活費」や「葬儀費用」を残すことを目的とした保険です。

死亡保障のある生命保険は、@保障が一定期間継続する「定期保険」、A保障が一生涯の「終身保険」、B死亡保険金を年金形式で毎月一定額受け取る「収入保障保険」、C満期保険金(保険契約が満了する場合の払い戻し金)を受け取れる「養老保険」などに分けられます。

生命保険の種類 定期保険 終身保険 収入保障保険 養老保険
保障のカタチの例 定期保険の保障のカタチ 終身保険の保障のカタチ 収入保障保険の保障のカタチ 養老保険の保障のカタチ
月払い保険料 満了まで変わらない 一生涯、変わらない 満了まで変わらない 満期まで変わらない
保障期間 加入から満了まで 加入から一生涯 加入から満了まで 加入から満期まで
満期金 なし なし なし あり
解約返戻金 なし、もしくは
あってもごくわずか
あり なし あり
特徴説明 いわゆる掛け捨ての生命保険が定期保険です。ある期間だけ保障が必要な場合に活用されることが多い生命保険です。 一生涯の保障を特長とする生命保険です。保険の性格上、解約返戻金があるのが一般的です。一生涯の保障であるためお葬式代として活用されることが多い生命保険です。 定期保険の一種です。万一の場合の死亡保険金を、一時金ではなく分割で受け取るタイプの生命保険です。受け取れる保険金額の総額は年齢とともに減少します。 保険期間は一定期間で終了しますが、満期時に保険金が受け取れる貯蓄性のある生命保険です。同じ保障の定期保険と比べると、保険料は割高となります。
加入者の割合 各生命保険の加入者の割合
定期保険 終身保険 収入保障保険 養老保険

生命保険に関する調査データ

ご自身がケガや病気で万一お亡くなりになった場合に、遺族の生活資金の備えとして、いくらぐらいの死亡保険金が望ましいとお考えですか。 また、現在支払っている生命保険、生命共済や個人年金保険の保険料(掛金)を、1ヶ月分になおすといくらになりますか。

死亡保険金の希望額

死亡保険金の希望額の図(30歳代・60最代)

月々の生命保険料
[生命保険・個人年金保険加入者]

月々の生命保険料の図(生命保険・個人年金保険加入者)

※出典元:生命保険文化センター 平成25年度「生活保障に関する調査」

もっと見る

生命保険を一括見積もり

生命保険のことがわからなくても、
生命保険の専門家に無料で相談できます。

電話でのご相談:0120-057-521(平日10:30〜19:30、土日祝日10:30〜18:30)相談窓口カカクコム・インシュアランス

ピックアップ特集

アクサダイレクト生命『カチッと終身保険』 新登場!!

保険レポート

アクサダイレクト生命『カチッと終身保険』 新登場!!
『カチッと終身保険』の商品の特徴を徹底レポート!
(2013年11月掲載)

障害年金とは?

編集・記事

障害年金とは?
一般的に「年金」と聞くと、若い方は老齢年金を思い浮かべ、「まだまだ先のはなし」と考えがち…
(2013年9月掲載)

生命保険ランキング

価格.comに掲載されている保険商品を対象とした、価格.com内の人気の生命保険ランキングです。

チェックがついた保険を

まとめて資料請求する

売れ筋ランキング

定番で人気の保険がわかる

注目ランキング

毎日更新!「今」話題の保険、新商品がわかる

生命保険ランキング(売れ筋) 生命保険ランキング(注目)

生命保険の商品一覧を見る

他H1404-0016(-1503)_4/13●23815

生命保険 関連特集・記事

  • 遺族年金制度とは!?

    編集・記事 遺族年金制度とは!?生命保険
    配偶者に万一のことがあったら、もしくは自分が死んだら…遺された家族は公的年金からいくらお金がもらえるのでしょうか?受給資格や条件などはあるのでしょうか?(2013年7月掲載)

  • 老齢年金制度とは!?

    編集・記事 老齢年金制度とは!?生命保険
    「私たちの世代は何歳からもらえるのかな」と疑問に思う方は多いのでは?今回は老齢年金の最近の制度改正を踏まえながら、将来の年金がどのようになるかご紹介します。(2013年6月掲載)

  • 公的年金のしくみ

    編集・記事 公的年金のしくみ生命保険
    給与明細の厚生年金保険料の控除額や国民年金の保険料納付書の金額を見て、どのように感じますか?「こんなに払うのはもったいない」あるいは「これだけ払っているのだから老後は安心」など、思いも様々なのではないでしょうか。公的年金は老後の生活を支える基盤ですから、制度について正しく理解し、将来設計に活かすことが必要です。(2013年6月掲載)

  • 来春から生命保険料値上げ?! 〜標準利率12年ぶり引き下げへ〜

    編集・記事 来春から生命保険料値上げ?! 〜標準利率12年ぶり引き下げへ〜生命保険
    この秋、金融庁は、生命保険各社が保険料を決める際の目安としている「標準利率」を、現在の年1.5%から1.0%へ、12年ぶりに引き下げる見通しです。これにより、来年4月以降、新しい契約に関する生命保険料が値上げされる可能性が高まっています。今回は、標準利率と保険料との関係、そして契約者への影響についてご紹介します。(2012年8月掲載)

  • 更新型の生命保険の積極的な活用法

    編集・記事 更新型の生命保険の積極的な活用法生命保険
    更新型の定期保険はメリット・デメリットが存在します。主流の更新型の生命保険に注目して、更新時の注意点や活用法をみていきましょう。(2012年7月掲載)

生命保険 記事一覧 保険レポート一覧

このページの先頭へ