生命保険の選び方 - 自動更新の見直し -

「価格.com 保険」は、株式会社 カカクコム・インシュアランスが保険契約締結の代理・媒介を行います。

定期保険や定期保険特約に見られる自動更新。
場合によっては、更新型から全期型へ見直しが必要です。

  • Twitterにツイートする

収入保障保険で見直し

定期保険や特約の自動更新により保険料が上がる場合があることは、既に述べました。ですが、終身保険だけでは、遺族の生活費をカバーできるほどの保障がないと思っている方に、自動更新をやめて、必要最低限の保障にするにはどうすれば良いか見てみましょう。

例) 終身保険(30歳加入、保険金300万円)と定期保険(30歳加入、10年満期、保険金3000万円)の組み合わせ

収入保障保険で見直し図1

上図の場合のように、「30歳から60歳までは、住宅ローンの返済と子供の教育費のため手厚く保障したい」と考えていたとします。しかし、貯蓄も増えて、必要な子供の教育費も、年々減っていくはずです。そのような場合には、定期保険から収入保障保険へ見直すことなど考えてみても良いでしょう。

例) 終身保険(30歳加入、保険金300万円)と収入保障保険(30歳加入、60歳満期、月額給付金10万円)の組み合わせ

収入保障保険で見直し図2

生命保険についてのご相談やお客様に合った保険のご提案は、保険コンサルタントが無料で承ります。詳細は「保険相談」をご覧ください。

いざという時に備え、「安心」を探す

保険の提案をしてもらう

保険ご加入に関する
ご相談を、専門家が
アドバイスいたします。

カカクコム・インシュアランス受付窓口

保険を比較する

このページの先頭へ