定期保険 比較

定期保険とは、期間限定のいわゆる掛け捨ての生命保険が定期保険です。

定期保険は、同額の保障を用意した場合に終身保険などに比べ加入時点では保険料の負担を抑えられるというメリットがあります(ただし、保険期間満了時に更新した場合、保険料も加齢された年齢にて更新されます)。ある期間だけ保障が必要な場合に活用されることが多い生命保険です。

生命保険比較一括見積もり

生命保険の種類
対象者(被保険者)の年齢・性別
商品プランを比較・見積もり(月払い保険料安い順に一覧表示)
わずか5秒

保険の相談

カカクコム・インシュアランスの保険の専門家が対応!

0120-057-521

平 日…10:30〜19:30
土日祝…10:30〜18:30

定期保険ランキング

「価格.com保険」に掲載されている保険商品を対象とした定期保険ランキングです。

チェックがついた保険を

まとめて資料請求する

売れ筋ランキング

定番で人気の保険がわかる

注目ランキング

毎日更新!「今」話題の保険、新商品がわかる

定期保険ランキング(売れ筋) 定期保険ランキング(注目)

定期保険の基礎知識

定期保険とは、契約時に定めた期間中に死亡もしくは高度障害状態になった場合に保険金が支払われる商品です。
掛け捨て型の保険とも呼ばれており、満期まで生存した場合の満期保険金の支払いはありません。また貯蓄機能もないため、途中で解約した場合の解約返戻金の支払いも原則ありません
そのため、終身保険や養老保険で同じ保険金額に設定した場合と比べると、保険料は割安に設定されており、お手頃な保険料で万一の場合大きな保障を受け取ることができる保険といえます。
満期をむかえると保険契約は終了しますが、更新することで保障を継続することができる商品もあります。

定期保険の仕組み

終身保険の仕組み

定期保険の保険期間

定期保険は契約時に保険期間を定める必要があります。

年満了と歳満了

年満了は、10年、20年、30年などの年数で保険期間を定めます。歳満了は、60歳満了、99歳満了などの年齢で保険期間を定めます。

更新型と全期型

更新型は、契約から10年などの比較的短い保険期間を設定し、満期になると自動更新となり保障を継続することができます。保険料は更新を迎えるたびに年齢に応じて再設定されます。
全期型は、契約者が「この時期までは保障が必要」と決めた全ての期間を保険期間に設定するため、更新がなく満期になると保険契約は終了します。保険料は全期間を通じて一定です。
契約時の保険料は更新型の方が割安ですが、更新を継続すると保険料が上がるため、同じ条件であれば、総払込保険料は全期型の方が少なくなることが一般的です。

ライフサイクルに合わせて更新時に保障金額の見直しをする場合は更新型、長い期間定期保険の保障が必要な場合は全期型を選択するとよいでしょう。

関連ページ

終身保険の仕組み図

定期保険を特約として付加する

終身保険だけでは遺族保障が足りないと感じるときは、終身保険を主契約、定期保険を特約として死亡保障を上乗せすることができます。これを「定期付終身保険」といいます。終身保険は保険料が割高のため大きな保障を準備することは難しいですが、定期保険特約を付加することで必要な一定期間の保障を確保できます。また、主契約の終身保険部分は一生涯保障であるため、死後整理金も合わせて備えられます
うまく活用すると効果的な保険ですが、定期保険特約の更新時の保険料や保障金額の変化をしっかり理解して加入する必要があります。

終身保険の仕組み図

主な定期保険の種類

定期保険にも色々な種類があります。定期保険の種類を把握しましょう。

1.定期保険[平準型]

定期保険の中で最も基本的な形です。契約時に設定した保険期間中に万一のことがあった場合に保険金を受け取れます。保険金額は一定となっており、保険期間中に変動することはありません。
満期を迎えると更新できる場合があります。

定期保険[平準型]の仕組み図

定期保険[平準型]の仕組み図

2.逓減定期保険

契約直後に万一のことがあった場合に受け取れる保険金額が最大で、年数経過とともに保険金額が減少していく定期保険です。万一の場合の保険金の受け取り方法は一括で、請求時点での保険金額を受け取ります
保険期間中の保険料は一定で、保障が減っていく分平準型定期保険に比べて保険料は割安になる傾向にあります。逓減率(減少していく割合)は保険会社ごとに異なり、自分で選べる場合もあります。
子どもの成長などにより必要保障額が少なくなっていく場合には合理的な保険といえます。

逓減定期保険の仕組み図

逓減定期保険の仕組み図

3.収入保障保険

逓減定期保険と同じく、年数経過とともに保険金額が減少していく定期保険です。逓減定期保険との違いは、万一のことがあった場合に保険金を分割で受け取るというところです。定期保険の中では保険料を最も割安に抑えることができます。遺族の生活費の確保を目的とする場合に適しているといえるでしょう。
詳しくは、「収入保障保険」ページをご覧ください。

収入保障保険の仕組み図

収入保障保険の仕組み図

定期保険には、他にも法人保険に向いている「長期平準定期保険」「逓増定期保険」などがあります。

定期保険のメリット・デメリット

メリット
貯蓄型(終身・養老)保険に比べて
保険料が割安
大きな保障を確保できる
見直しがしやすい
所得税と住民税を減税できる
デメリット
保険料が掛け捨て(貯蓄性がない)
満期になると保障がなくなる
更新時に保険料があがる

メリットについて

定期保険のメリットとしてまず挙げられるのが、保険料のお手頃さです。掛け捨ての保険になるので、同じ保険金額を設定するときの終身保険や養老保険に比べて保険料を割安に抑えることができます。家族の生活費などの必要保障額が上がり大きな保障を確保したい場合は、保険料負担も考えて定期保険を選択するのが無難でしょう。
また、掛け捨てタイプで保険期間が限定されているため、必要保障額が減少した場合や、保険料負担が厳しくなった場合でも見直しがしやすいといえます。

保険料メリット(イメージ図)

保険料メリット(イメージ図)

さらに定期保険に加入することで、毎年生命保険料控除を受けることができます。これは1年間の払込保険料の一定額を所得税と住民税の対象となる所得から控除できる制度です。
定期保険の場合は、一般生命保険料控除が対象となります。

生命保険料控除の最大控除額

保険料控除の種類 対象となる保険 最大控除額
所得税 住民税
一般生命保険料控除 生命保険・学資保険 4万円 28千円

生命保険料控除についての具体例をみたい、控除額のシミュレーションを行いたい方は「生命保険料控除」ページをご覧ください。

デメリットについて

定期保険のデメリットは、期間限定の保険であるため、満期を迎えると保障がなくなることです。また、保険料が掛け捨てのため、満期まで生存していた場合の満期保険金や、保険期間中に途中解約した場合の解約返戻金は原則ありません。(商品によって解約返戻金が多少ある場合があります。)あくまで契約時に定めた期間内のみの保障というシンプルな保険といえます。
満期日になり定期保険を更新する場合は、年齢や保障期間によっては倍くらい保険料が上がることもあり、注意する必要がありそうです。

定期保険の主な加入目的

定期保険の主な加入目的について解説します。
定期保険を検討するときは、いつからいつまで保障が必要かを明確にして、適切な加入タイミングをみつけることが重要です。

1.万一のときの遺族の生活資金を準備する

被保険者が一家の大黒柱である場合、その人に万一のことがあると残された家族にとっては収入が途絶えるため、生活を維持するためにもある程度大きな資金が必要となります。

  • 月々の生活資金はどれくらいかかるか
  • 賃貸に住む人の場合は家賃をどうするか
  • どのくらいの収入を得られるか

これらのポイントを押さえたうえで、必要保障額を見積もり、不足分を定期保険で補います。詳しくは「必要保障額の計算」ページをご覧ください。

万一のことがあった場合、残された家族に対して遺族年金が支給されます。そのほかに勤務先によっては死亡退職金が支払われる場合もあります。配偶者の収入や預貯金等も考慮した上で必要保障額を求めましょう。賃貸に住んでいる場合は住宅資金(家賃)も今後の支出の中に含める必要があります。

関連ページ

保険料メリット(イメージ図)

生活を続けるにあたって、合計の必要保障額は減少していく傾向があります。定期保険の一種である「収入保障保険」は、お給料のように分割して受け取るため、残された家族に対して継続的に資金を用意することができます。

2.万一のときの子どもの教育資金を準備する

子どもが生まれてから独立するまで、教育資金が必要になります。万一の場合でも学費などを備えておくと安心です。

  • 教育費にかかる費用を見積もる
  • 対策が必要な時期を押さえる

生命保険のほかの種別である、「学資保険」や「終身保険」で備えることもできます。

定期保険で教育資金を備える場合の特徴は、貯蓄ではないという点です。万一の場合に限っての子どもの教育資金の確保をします。子どもが生まれてから20〜25年後くらい(学費がかかるまでの年齢)をめどに定期保険の満期を設定して保障します。
学資保険などのように、大学進学時に合わせて満期保険金を受け取れるわけではないため、別途進学費用を用意する必要があります。
学費について詳しくは「高校の学費・教育費」「大学の学費・教育費」ページをご覧ください。

保険料メリット(イメージ図)

子どもに対する学費を考える場合、子どもの人数とそれぞれの年齢で分けて考えましょう。保険もそれぞれ分割して加入することもできますが、合わせて1つの保険に加入する場合は、必要な時期を絞って保険の内容を決定していきましょう。
子どもが成長するにつれ、必要な教育資金の合計額も減少するタイミングが想定できる場合は、「逓減定期保険」に加入し保険料を抑えることもできます。

詳しくは「こどもの教育費」ページをご覧ください。

定期保険の見直しのタイミング

定期保険の見直しは、ご自分のライフスタイルの変化に沿って検討します。一生涯同じ保障額が必要なわけではありません。変化のタイミングごとに必要保障額を算出し、不足分に見合った保障に調整しましょう。

@結婚したとき

結婚により夫婦の生活費を気にすることになります。配偶者の収入にもよりますが、生活費や住宅費の保障が必要になる場合があります。

A子どもが生まれたとき

家族が増えるため、その分生活費や子どもの教育資金を備えるために、必要保障額は増加することになります。必要保障額は一般的に子どもが生まれたあとがピークとなり、その後だんだん減少していく傾向にあります。子どもの人数が増えれば追加で保障を上乗せする必要があります。

B住宅を購入したとき

住宅を購入し団信に加入した場合は、住宅ローン分を別途まかなうことができるため、住宅費を必要保障額から減らすことができます。

C子どもが独立したとき

今まで子どものために備えてきた保障を減らすことができます。

見直しのタイミングのイメージ図

見直しのタイミングのイメージ図

定期保険の更新時の注意点

定期保険の更新型の契約は通常、自動更新されるしくみとなっています。自動更新されると、同じ保障内容が継続となりますが、保険料は更新時の年齢で再計算されるため上がります

例)10年満期の定期保険の自動更新がある場合

見直しのタイミングのイメージ図

詳しくは「定期保険の自動更新」ページをご覧ください。

定期保険が向かない人

1.確実に遺族に保険金を残したい人

死後整理金(葬儀費用など)や相続税対策など、確実に遺族に保険金を残したい人は、期間が決められている定期保険より、終身保険などが適切といえます。
終身保険は定期保険より保険料は割高ですが、生活資金などを考慮せずに一生涯必要な金額に絞って加入することが基本となります。(お葬式代のために数百万円など)

関連ページ

2.保険で貯蓄を兼ねたい人

定期保険は、シンプルに保障だけを備えた保険であるため、解約返戻金や満期保険金といった貯蓄機能をもっていません
死亡と老後の保障がどちらも心配な人や保険で強制的に貯蓄をしたい人については、定期保険以外の保険で備えるとよいでしょう。同時に、大きな保障が必要でない独身の人や子どもが独立したシニア世代は定期保険が本当に必要かをよく考慮する必要があります。

定期保険以外にも終身保険養老保険などと呼ばれる商品があります。
生命保険の分類でお悩みの方は、生命保険の選び方ページより、ご自身に最適な分類を探してみましょう。

定期保険 みんなの統計データ

他の人がどんな定期保険に興味をもっているのか見てみよう!加入した年代によって保険料がどのくらい違うのかなどをチェック!

月間換算した平均保険料(定期保険)

調査概要:カカクコム・インシュアランスにおける契約申込者、調査期間:2014/7/1〜2016/3/31

被保険者の年齢が上がるにつれて、保険料は高くなる傾向となっています。定期保険は一般的に、同じ保障内容であれば契約時の年齢が高くなるにつれ、保険料も高くなる傾向に沿った結果だと考えられます。ライフサイクルに合わせて必要な保障額は変わってくるため、定期保険に加入した際には定期的に保障の見直しをすることが大切です。

人気の死亡保険金(定期保険)

調査概要:カカクコム・インシュアランスにおける契約申込者、調査期間:2014/7/1〜2016/3/31

定期保険は、一定期間の死亡・後遺障害に対するリスクに備えるという考え方が一般的です。契約する保険金が1,000万円以上で契約する方が約7割という結果になっているのは、万一のときに残された遺族の生活費ために契約している方が多いためと考えられます。一方、500〜700万円で契約している方は、ご自身に万一のことがあった際のお葬式代や、子どもの教育費をまかなうことを目的として加入しているものと考えられます。

関連ページ

人気の保険期間(定期保険)

調査概要:カカクコム・インシュアランスにおける契約申込者、調査期間:2014/7/1〜2016/3/31

一定期間の保障をする定期保険ですので、保険期間は14年以下で契約する方が5割を超えています。 また、年数ではなく60歳以上の一定期間までの契約としている方も3割を超えています。 これは子どもが成人になるまで、もしくはご自身に万一のことがあったら困るであろう定年までの保障を考えている方が多いためと考えられます。

定期保険について学んだら、実際に商品を見てみましょう

生命保険を
一括比較

生命保険の種類
対象者(被保険者)の年齢・性別

年齢 

性別 

やっぱり保険は難しい、分からないという方は、保険なんでも無料相談

保険に関することはなんでもお気軽に
ご相談ください!

  • 保険をはじめて検討するけど、どう選べばいいのか分からない
  • 持病があるけど、保険に入れるかどうか調べてほしい
  • いま契約している保障で安心していいか、チェックしてほしい

相談は何度でも無料!

カカクコム・インシュアランス 相談受付
0120-057-521(無料)
平日10:30〜19:30 / 土日祝10:30〜18:30
保険の無料相談を申し込む

このページの先頭へ

  • 保険
  • 生命保険
  • 定期保険が一括比較・見積もりできるサイト価格.com

Copyright © Kakaku.com insurance, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止