医療保険 比較

「価格.com 保険」は、株式会社 カカクコム・インシュアランスが保険契約締結の代理・媒介を行います。

更新日:2016年9月1日

医療保険比較一括見積もり

医療保険の種類
対象者(被保険者)の年齢・性別
商品プランを比較・見積もり(月払い保険料安い順に一覧表示)
わずか5秒

保険の相談

カカクコム・インシュアランスの保険の専門家が対応!

0120-057-521

平 日…10:30〜19:30
土日祝…10:30〜18:30

医療保険ランキング

価格.comに掲載されている保険商品を対象とした、価格.com内の人気の医療保険ランキングです。医療保険 商品一覧の中で人気の保険をランキングしています。

チェックがついた保険を

まとめて資料請求する

売れ筋ランキング

契約申込みが多い順のランキング

注目ランキング

毎日更新!過去2週間で問合わせが多いのはコレ!

医療保険ランキング 売れ筋の一覧 医療保険ランキング 注目の一覧

医療保険とは

よく耳にする医療保険ですが、主に病気・ケガによる医療費の支出に備えて加入する保険で、正確には公的医療保険民間医療保険の2つに分けられます(表1-1)。 私たちは病院で診察を受けた場合に健康保険証を提示しています。これは公的医療保険にあたり、小学校入学前であれば医療費2割負担、小学生以上69歳以下であれば医療費3割負担で診察や治療が受けられます。
これに対し、民間医療保険は、入院・手術など医療費が高額になりやすい治療に備えて公的医療保険の補てんを目的として加入する保険となります(図1-1)。

(表1-1)医療保険の種類

大分類 小分類 被保険者 保険者 給付事由
民間医療保険 終身医療保険 保険会社の加入条件を満たせば、誰でも契約可能 保険会社 保険会社の規定によるが、治療を目的として病気・ケガで入院・手術した場合
定期医療保険
女性保険
引受基準緩和型保険
公的医療保険 1.健康保険 健康保険組合 常時700人(同業を集めた場合は3,000人)以上の加入者となる企業の従業員 健康保険組合 業務以外の病気・ケガ、出産、死亡
全国健康保険協会
(協会けんぽ)
健康保険組合に加入していない企業の従業員 全国健康保険協会
2.船員保険 船員 全国健康保険協会
3.共済組合 公務員、私学教職員 各種共済組合 病気・ケガ、出産、死亡
4.国民健康保険 自営業、退職者など
(1〜3の未加入者)
市区町村 病気・ケガ、出産、死亡
(退職者は、病気・ケガ)

保険用語の解説

用語 読み方 解説
被保険者 ひほけんしゃ

保険の対象となる人のこと。民間の医療保険では、被保険者が病気・ケガで入院した場合に給付金が支払われる。

※用語解説は一般的な説明であり、保険会社よっては解釈や呼名が異なる場合があります。

保険用語の解説

用語 読み方 解説
保険者 ほけんしゃ

保険契約の当事者として、保険事故が発生した場合に保険金や給付金を支払う者

※用語解説は一般的な説明であり、保険会社よっては解釈や呼名が異なる場合があります。

保険用語の解説

用語 読み方 解説
給付事由 きゅうふじゆう

給付金を支払う原因となる事象のこと。

※用語解説は一般的な説明であり、保険会社よっては解釈や呼名が異なる場合があります。

入院と手術が主な保障になる!

民間の医療保険は、「入院」と「手術」が主な保障になります(図1-1)。入院した場合には、1日につき5千円や1万円という形で入院給付金を受け取れます。ただし、入院初日から受け取れる場合と「入院○日目から給付」となっている場合があるのでご注意ください。また手術をした場合には、「1回○万円」という形で、手術給付金を受け取ることができます。この金額は「入院給付金の○倍」という形で決められている場合や、手術の種類によって「1回○万円」と決められている場合があります。

(図1-1)医療機関における民間医療保険の保障範囲

民間医療保険は、一般的には入院と手術が保障されるが、診断や退院・通院を保障するかは保険商品やプランによって異なる

特約をつけることで保障を手厚くできる!

民間の医療保険は、主契約(しゅけいやく)と特約(とくやく)の2つの構成でできています。 主契約は、保険加入の基礎(ベース)となる契約です。特約は、主契約に上乗せするオプション部分です。特約にはざまざまな種類(表1-2)がありますが、特約をつける場合には、「特約の保険料がいくらなのか」「特約の保険期間はいつまでなのか」の2点に注意する必要があります。

保険は、基本保障となる「主契約」とオプションとなる「特約」から構成される

(表1-2)医療保険の主な特約の種類

  • 通院特約
    退院後にその病気の治療を目的として通院をした場合に、通院給付金が受け取れます。
  • 先進医療特約
    厚生労働大臣が定める先進医療(一般の医療水準を超えた技術)の治療を受けたとき、自己負担した先進医療技術料を保障します。
  • 女性疾病入院特約
    乳がん・子宮筋腫など、女性特有の病気で入院した場合に、入院給付金や入院限度日数が上乗せされたりします。
  • 生活習慣病特約
    糖尿病、高血圧、脳卒中など所定の生活習慣病で入院した場合に、入院給付金や入院限度日数が上乗せされたりします。

(図1-2)民間の医療保険の保障範囲イメージ

民間の医療保険は、主に入院や手術を保障するため、通院や先進医療を保障するには特約をつける必要がある

医療保険で押さえておくべき6つのポイント

初心者が民間の医療保険を選ぶ場合に、押さえておくべき6つのポイントがあります。
まず、保障内容として「①いつまで(保険期間)」「②いくらの入院保障(入院給付金)」をかけ、「③何日まで保障(1入院限度日数・通算入院限度日数)」されるのか、「④入院以外にどんな保障」をつけるのかです(図1-3a)。
つぎに、保険料として「⑤いくらの保険料」を「⑥いつまで払う(保険料払込期間)」のかというポイントです。長期間の払い込みにすれば、毎月の保険料負担を抑える事ができますが、老後の負担は増加します(図1-3b)。

(図1-3a)入院給付金の保障イメージ

同じ病気での1回の入院(1入院)が限度日数を超えると保障なし。契約後の累計の入院日数が限度日数を超えても保障なし。

(図1-3b)保険料の払い込みイメージ

保険料払込期間を伸ばすと毎月の負担は減るが、老後の負担は増加する

医療保険とがん保険の違い

医療保険は、がんの治療で入院・手術した場合も保障しますが、がん保険は、治療の原因を「がん」のみに絞りんでいます(図1-4)。がんの治療は、他の病気と比較して費用が高くなりがちですし、長期の通院になる場合があります。そこで、がんの治療費を手厚く保障するために、がん保険が存在します。

(図1-4)医療保険とがん保険の保障範囲の違い

がん保険は、がんのみの保障に特化し、医療保険は病気やケガを幅広く保障します

また、保障内容の違いとして、医療保険は入院給付金を給付できる日数に限度が設けられていますが、がん保険では、入院限度日数はありません(表1-3)。ただし、がん保険では、申込みをして初回の保険料を振り込んでも、すぐに保障開始(責任開始という)にはなりません。通常は90日間の猶予期間(ゆうよきかん)が設けれており、この期間を過ぎなければ保障が開始されません。

(表1-3)医療保険とがん保険の保障内容の違い

比較項目 医療保険 がん保険
入院日数 限度日数あり 限度なし
保障開始 猶予期間(待機期間)なし 通常、90日間の猶予期間あり

民間の医療保険の種類と特徴を比較

終身型は、一生涯を保障するため、病気になりがちな老後の医療費に備える保険と言えます。これに対し、定期型は、預貯金の少ない一定期間をカバーしたり、定期的に保険の見直しを考えている方向けの医療保険と言えます。
引受基準緩和型(ひきうけきじゅん・かんわがた)は、引受条件(保険に加入する条件)を緩和しているため、持病や健康上の理由で保険加入をあきらめていた方でも加入しやすい医療保険で、無選択型(むせんたくがた)は、医師の診査や告知書による告知なしで入れる医療保険となっています。

(表1-4)医療保険の特徴比較

医療保険の
種類
通常の医療保険 女性特有の病気に
手厚い保険
持病があっても入り易い保険
終身医療保険 定期医療保険 女性保険 引受基準緩和型・
無選択型保険
保険期間 加入から一生涯 加入から契約時に決めた日(満期)まで。つまり、一定期間。ただし、満了日に更新可能な場合もある 終身型と定期型がある。 終身型と定期型があるが、終身型が多い。
入院給付金 日帰り入院から給付」される場合と、「○日目の入院から給付」される場合がある。 女性特有の病気で入院した場合に、入院給付金が上乗せされる場合がある。 加入後、一定期間は支払削減期間と呼ばれる保障を削減する期間が設けられている場合がある。
入院限度日数 商品ごとに異なるため、医療保険の種類ごとの特徴はない。
月払い
保険料
一生涯、変わらない。同じ保障内容の定期型と比較すると割高になる。 保険期間中は変わらない。ただし、更新した場合は変わる。同じ保障内容の終身型と比較すると割安になる。 保険期間中は変わらない。同じ保障内容であれば定期型と比較すると終身型は割高になる。

保険用語の解説

用語 読み方 解説
保険期間 ほけんきかん

保険会社が保険金や給付金などの支払い責任を負う期間のこと。保障期間と呼ぶ場合もある。

※用語解説は一般的な説明であり、保険会社よっては解釈や呼名が異なる場合があります。

保険用語の解説

用語 読み方 解説
入院給付金 にゅういんきゅうふきん

病気や不慮の事故を原因として、保険の対象者(被保険者)が治療を目的に入院した場合に、保険会社から支払われる契約上の金額のこと。

※用語解説は一般的な説明であり、保険会社よっては解釈や呼名が異なる場合があります。

みんなは、どんな医療保険に加入しているの?

結局のところ、他のユーザーは、どんな医療保険に加入しているのでしょうか?そこで、実際の契約者の割合を集計し、医療保険における相場を年齢別・保障内容別に分析しました。

(調査概要:カカクコム・インシュアランスにおける契約申込者、調査期間:2013/5/1〜2015/6/30)

  • どんな種類の医療保険に加入しているの?

    医療保険の加入状況を種類別でみると、終身医療保険が圧倒的な割合を占めています。病気やケガによってかかる入院や手術などの費用に対して、一生涯の保障を備えたいと考えている方が多いことが要因だと考えられます。
    既往症がある方は、引受基準緩和型・無選択型保険で保障を備えることができる可能性があるので検討してみてはいかがでしょうか。

  • 保険料は、いくらで契約しているの?

    上記のデータを年代・性別ごとの平均保険料に分けると、10代未満〜20代までは女性が2,349.6円、男性が2,171.5円であるのに対し、50代以上では女性が6,388.0円、男性が7,819.3円となっており、若年層は女性の方男性よりもが月額換算の平均保険料が高く、高齢層になると男性の月額換算の平均保険料が高くなる傾向がみてとれます。

  • 保険期間は、いつまでの契約にしているの?

    保険期間を終身にして契約する方が大半となっており、医療保障は一生涯必要と考えている方が多い傾向が見受けられます。
    一方で10〜14年での契約が11.90%あるのは、一定の期間だけ医療保障を厚くしたいという考えがあるためだと考えられます。

  • 1日あたりの入院給付金は、いくらで契約しているの?

    多くの方は5,000〜7,999円での入院給付金日額で契約、次いで10,000〜14,999円での契約をされています。これは病気の種類にもよりますが、1日の入院費用が1日で15,000円を超えるケースが少ないためと考えられます。(参考:入院費用・相場シミュレーション
    また、差額別途代までの保障を考えているかどうかによっても契約する保険金の差が出ているものと考えられます。(参考:差額ベッド代

  • 1入院の限度日数は、何日で契約してるの?

    入院限度日数が60〜89日のプランを検討している方が83.9%となっています。病気の種類にもよりますが、1回の入院で90日以上になることがそれほど多くないためだと考えられます。(参考:入院日数の平均
    また、入院限度日数が60日のプランでも、特定の病気になった場合は、120日までの入院や、無制限に保障されるプランもあることから、89日までの入院限度日数を選択されている方が多いと考えられます。

医療保険に加入するメリット・デメリット

医療保険の必要性を判断するためには、メリット・デメリットを理解しておく必要があります。必要かどうかを検討するうえで、入院時の自己負担費用を貯金でカバーできるかどうかが1つの判断基準になります。

メリット
入院時の自己負担費用の
保障ができる
手術や通院など保障範囲を
広げられる
所得税と住民税を減税できる
デメリット
保障される入院日数には
限度がある
治療を目的にした
入院・手術でないと保障されない
保険料を支払う必要がある

入院時の自己負担の保障ができる

入院時の主なマイナス要因は、保険診療となる「医療費の自己負担分(図4-1の①)」、保険診療外となる「入院中の差額ベッド代(図4-1の②)」、そして所得の変化にともなう「入院中の収入減少分(図4-1の③)」の3つがあります。これが入院時の自己負担となり、貯金と保険でカバーする必要性がでてきます。
特に、自営業の方は、「傷病手当金」の制度がありません。また有給休暇という概念もないため、医療保険の加入を検討したほうが良いでしょう。

(図4-1)入院時のマイナス3要因

入院時には、医療費の1ヶ月の自己負担額、入院中の差額ベッド代、収入減少分の3つをカバーする必要がある

所得税と住民税を減税できる

生命保険料控除制度(せいめいほけんりょう・こうじょせいど)」と呼ばれ、1年間の払い込み保険料の一定額を所得税と住民税の対象となる所得から控除できる制度があります。つまり、医療保険の加入者は、一定額までは減税されるということです。年末調整の時期(10月ごろ)になると保険会社から控除証明書が送られてきます。

生命保険料控除を利用すると課税所得が減るため、結果的に所得税と住民税が減る事になります

生命保険料控除制度は、2012年(平成24年)1月1日に改正されて、旧制度と新制度に別けれられます(表4-1)。ご自身の契約日が、どちらの制度に当てはまるのかによって最大の控除額が決まります。旧制度では、最大控除は5万円+5万円=合計10万円(所得税)でしたが、新制度では4万円+4万円+4万円=合計12万円(所得税)に拡大されています。

(表4-1)生命保険料控除の最大控除額

制度 保険料控除の種類 対象となる保険 最大控除額
所得税 住民税
旧制度
(〜2011/12/31)
一般生命保険料控除 生命保険・学資保険 5万円 35千円
医療保険
介護保険
個人年金保険料控除 個人年金保険 5万円 35千円
新制度
(2012/1/1〜)
一般生命保険料控除 生命保険・学資保険 4万円 28千円
介護医療保険料控除 医療保険 4万円 28千円
介護保険
個人年金保険料控除 個人年金保険 4万円 28千円

なお、身体の傷害のみを原因として支払われる特約(傷害特約、災害割増特約)などにかかる保険料は生命保険料控除の対象外となります。

医療保険の選び方

民間の医療保険の主な目的は、公的医療保険でカバーしきれない入院・手術時の医療費の補てんです。病気・ケガになった場合に必要になる費用(支出=先進医療費+医療費+入院中の差額ベッド代+入院中の収入減少)と、社会保険制度からどんな保障を受けられるのか(収入=高額療養費制度からの給付+休業補償給付もしくは傷病手当金)を把握しておく必要があります。

(図5-1)入院・手術時に発生する収支イメージ

支出と収入を比較して、不足分を保険と貯金でカバーしましょう
  • (※)先進医療が必要になることは、めったにありませんが、発生した場合は全額自己負担になります。

病気・ケガした場合に必要な医療費はいくら?

まず、入院および入院外(通院)でどのくらいの費用が必要になるのかを確認しましょう(表5-1)。在院日数が長い病気ほど、窓口での支払総額も多くなりますが、健康保険などの公的医療保険の加入者は「高額療養費制度」で保険診療の1ヶ月の自己負担限度額が決められているため、医療費の自己負担総額は(表5-1)に示すような金額になります。

ただし、高額療養費制度が適用されない費用があるという点に注意する必要があります(次節参照)。

(表5-1)主な傷病別の平均医療費

傷病分類 退院患者
平均在院日数
入院外 入院
3割負担の場合 高額療養費制度
適用した場合
1日あたりの費用 めやす窓口
支払総額
めやす自己負担総額※1
(標準報酬月額28万〜50万円の方・70歳未満)
脳梗塞(のうこうそく) 100.3 2,975円 7,703 772,855円 299,806
脳内出血 117.0 2,908円 7,882 922,138円 300,334
骨折 41.6 1,752円 9,556 397,364円 168,105
肺炎 39.3 2,389円 9,017 354,027円 166,660
腎不全 50.6 9,492円 9,529 481,917円 170,923
糖尿病 32.5 3,829円 7,014 227,667円 101,947
胃の悪性新生物 22.6 5,246円 13,042 294,764円 87,255
  • 参考文献:厚生労働省 医療給付実態調査 平成23年度 「第3表 疾病分類別、診療種類別、制度別、件数、日数(回数)、点数(金額)」
  • 参考文献:厚生労働省 患者調査 平成23年 「77 退院患者平均在院日数,性・年齢階級 × 傷病中分類 × 手術の有無別 」
  • ※1 月初(1日)から入院したと仮定し、「区分ウ 標準報酬月額28万〜50万円の方・70歳未満」の条件で計算しています。また、4ヶ月以上入院の場合には、4ヶ月目以降の限度額を44,400円としています。

公的医療保険でカバーできない費用

差額ベット代(差額室料)と呼ばれる入院中の部屋の料金については、健康保険などの公的医療保険は適用できません(高額療養費制度も適用されない)。つまり、全額自己負担となります。通常、6人部屋には差額ベッド代はかかりませんが、1人部屋〜4人部屋を利用すると、「室料差額」として病院から請求されるのが「差額ベッド(特別療養環境室)代」になります。6人部屋に空きがない等の理由で個室を利用せざるを得ないケースもあるためご注意ください。この差額ベッド代が必要になる条件は以下の通りです。

  • (1)病室の病床数は4床以下であること。
  • (2)病室の面積は一人当たり6.4平方メートル以上であること。
  • (3)病床のプライバシーを確保するための設備(仕切りカーテンなど)があること。
  • (4)個人用の「私物の収納」、「照明」、「小机等及び椅子」の設備があること。

差額ベッド代は、病院が自由に設定してもよいことになっています。そのため、一概にいくらとは言えませんが、1日あたり数千円から1万円を超える場合もあります。
また、このほか、「先進医療」の技術料も全額自己負担となります。これは、一般の保険診療で認められている医療の水準を超えた最新の先進技術として厚生労働大臣から承認された医療行為のことです。

入院中の収入の減少

忘れがちですが、入院中の収入減少も考慮しなければいけません。有給休暇を利用できたとしても残業手当は一切つきませんし、長期入院になれば有給休暇すらなくなる恐れがあります。有給休暇がなくなった場合、会社員や公務員(健康保険組合・共済組合の加入者)は、「傷病手当金」という制度を利用することになります。これは、3日連続で会社を休んだうえで、4日目から1日につき、標準報酬日額の3分の2に相当する額が最大で1年6カ月間支給されます。つまり、長期休暇の場合、サラリーマンは約30%の収入減で済みます。しかし、国民健康保険の加入者である自営業者などは、傷病手当金の制度がないためリスクは高まります

(図5-2)傷病手当金のイメージ

傷病手当金の給付イメージ

入院中の自己負担は、いくらになるのか?

具体的にいくらの自己負担が必要になるかはケース・バイ・ケースですが、42歳、標準報酬月収45万円の会社員が有給休暇なしの状態で1ヶ月の入院をした場合(医療費3割負担で15万円、差額ベッド代は1日3000円、先進医療なし)の自己負担と収入減少の総額は約32万円(1日あたり約1万円)となります(図5-3)。

(図5-3)会社員が、1ヶ月間入院した場合の自己負担例

入院時の負担額が1ヶ月で32万2千430円(1日あたり1万円)となる事例

医療保険で保障されない場合とは?

保障されない場合を「免責(めんせき)」と言いますが、一般的には(表5-2)のような項目があげられます。もちろん保険会社各社の商品によって異なるため、加入前に免責事由(めんせきじゆう)は必ずご確認ください。

(表5-2)医療保険で保障されない主なケース

  • 検査入院、自然分娩で入院など
    治療を目的としてない入院は保障されません。
  • 入院を伴わない通院
    通院給付金が付いていても、「所定の入院の後の」という条件がついている場合は保障されません。
  • 加入前からの持病や既往症
    一般的に加入後に発生した病気・ケガを対象としていることがほとんどです。
  • 限度日数を超えた入院の場合
    1入院限度日数(1回の入院限度日数)と通算入院限度日数(保険期間中の累計の入院限度日数)の2つがあり、限度日数を超えた場合は保障されません。
  • 入院に免責日数がある場合
    免責日数とは、「○日以上入院した場合に、○日目から給付」という保障されない日数の条件です。入院1日目から保障される場合もあります。
  • 給付対象でない手術をした場合
    対象となる手術は、商品によって異なりますが、一般的には、88種類(乳房の手術、筋骨の手術、呼吸器・胸部の手術など)に分類されています。

加入するタイミングはいつがベスト?

入院患者数は、30歳を過ぎたあたりから緩やかに増え始め、50歳を過ぎると急激に増え始めます(図5-4)。つまり、医療保険は、老後に備える保険ともいえます。では、40〜50歳になったら入れば良いのかと言うと必ずしもそうとは言えません。理由は3つあります。

1つ目の理由は、契約する年齢が上がれば、契約後に支払う月払い保険料も上がるからです。保険は契約者の平均余命や入院確率に基づいて保険料が決まります。余命が短く、入院しやすい人は保険料も上がってしまう訳です。
2つ目の理由は、告知義務があるからです。「過去XX年以内の検査・治療・入院・手術の有無」等について告知する必要があります。この告知内容によっては、契約ができなくなります。つまり、いずれ加入するなら健康なうちに加入しておいたほうがいい訳です。
3つ目の理由は、若い時ほど医療費に対応する貯蓄がないからです。新社会人や貯蓄がない家庭では、骨折などのケガで数万円の医療費を支払っただけでも、家計には痛手になります。

(図5-4)年齢階級別の入院・外来患者数

年齢階級別の入院・外来患者数の表
  • 出典元:厚生労働省「平成23年患者調査  11 推計患者数,入院−外来 × 性・年齢階級 × 病院−一般診療所別」

以上が基本的な医療保険の選び方です。健康に自身がない場合や、希望の医療保険が見つからない場合は、保険のプロに相談してみるのも1つの方法です。

医療保険でよくある質問

  • 入院給付金など医療保険の給付金に税金はかかりますか?

    いいえ。ケガや病気で本人が受け取る給付金は、非課税です。所得税法施行令第30条第1号に掲げる「身体の傷害に基因して支払われる」保険金に該当するものであれば、非課税として扱えます。ただし、給付金の受取人が本人や配偶者、直系血族等の場合となります。

  • 海外で入院などした場合も保障の対象になりますか?

    一般的には、海外で入院した場合も保障対象となります。ただし、国内の病院・診療所と同等であると保険会社が認めた医療施設の証明書が必要になりますので、保険会社にご確認ください。
    なお、海外の医療費は国内よりも高額になる傾向があるため、海外旅行保険も合わせてご検討ください。

  • 契約期間の途中で保障額の減額はできますか?

    はい。原則可能です。入院給付金などを減額することで、それ以降の保険料の負担を軽くすることができます。ただし、減額した部分は解約として扱われるため、元に戻すことはできない場合がほとんどです。また、各種特約の保障額について同時に減額される場合もありますのでご注意ください。

  • 帝王切開をした場合、給付金は支払われますか?

    はい。帝王切開手術など、異常分娩に伴う入院・手術は、原則、保障の対象となります。なお、自然分娩は保障の対象になりません。

  • 妊娠中でも医療保険に加入できますか?

    一般的に妊娠中でも加入はできますが、帝王切開などの「異常妊娠・異常分娩による入院や手術は一定期間保障の対象としない」という特別条件がつく場合がほとんどです。また、妊娠の状況により、ご契約いただけない場合があります。妊娠前に加入されることをお勧めします

  • 歯の治療費をカバーできる保険はありますか?

    はい、あります。「歯の保険」をご確認ください。

  • レーシック手術は手術給付金の対象となりますか?

    いいえ。レーシック手術を含む屈折矯正手術および調節異常矯正手術は、健康保険が適用にならない自由診療のため、原則、給付対象とはなりません。

  • 保障が開始されるのはいつからですか?

    申込日や契約日、始期日とは別に、「責任開始日」というものが定められています。保険会社が保険金を支払う責任が発生するのが「責任開始日」以降となります。一般的に責任開始日は、「申込み」「告知・引受の審査」「初回の保険料の払い込み」の3つを完了した日となります。注意点として、”完了した日”というのは”保険会社が確認できた日”のことです。つまり、ご自身が申込み書を送付した日や振り込み予約をおこなった日とは異なります。
    なお、保険会社の承諾が、告知・引受の審査や保険料の払込の後になったとしても、「申込み」、または「告知・引受の審査」のいずれか遅い日のほうを責任開始日とします。

    (図7-1a)振り込みの場合

    申込み後に「告知・引受の審査」「初回の保険料の払い込み」のいずれか遅いほうが完了した日から責任開始となります

    (図7-1b)クレジットカード払いの場合(月中決済)

    クレジットカードの有効性が確認されたら責任開始となります

    ただし最近では、申込み日から責任開始するなど責任開始日の取扱が保険会社によって異なる場合があるため、必ずご確認ください。

  • 健康上問題があると、医療保険には加入できないのですか?

    現在の健康状態や過去の傷病歴などによっては、加入できない場合があります。また、加入できたとしても、「特別条件付き」と呼ばれ、身体の特定の部位については保障の対象外とするケースもあります。
    医療保険の純保険料は、「大数の法則」に基づいて入院率や手術率など統計データから計算されています。つまり極端に健康状態の良くない人が、健康状態の良い人と同じ条件で契約できてしまうのは、公正性を欠いてしまうということになります。そこで契約する際には、保険会社が申し込みを引き受けるかどうか判断できるよう健康状態や過去の傷病歴、職業などの事実をありのまま告知する義務があります。

  • 告知した内容に漏れや虚偽があった場合はどうなりますか?

    故意または重大な過失で告知義務(こくちぎむ)を怠ったり、事実に反する告知をした場合には、告知義務違反となり、保険会社は約款(やっかん:契約条項のこと)に定めた期間内で保険契約を解除できます。また、 保険金や給付金の支払が発生した後に告知義務違反が発覚した場合であっても、同様に契約解除することができます。
    保険金の請求があった場合に、保険会社の支払査定部門が、必要に応じて調査をする場合があります。告知漏れがあった場合には速やかに保険会社へ連絡をおこないましょう。

  • 申込みしたのですが、謝絶(加入の断り)されてしまいました。理由を知る方法はありますか?

    保険会社によっては、問い合わせに対応してくれる場合がありますが、一般的に開示はされていないようです。理由は、引受基準(加入の審査基準)が開示されてしまうと、その基準の隙間を狙って加入する人が殺到するという「逆選択」と呼ばれる現象が起きてしまうからです。

  • 告知や医師の診査なしで契約できる医療保険はありますか?

    無選択型(むせんたくがた)と呼ばれる医療保険であれば、告知も医師の診査もなしで契約できます。また、医師の診査は不要で簡単な告知をすれば契約できる引受基準緩和型(ひきうけきじゅんかんわがた)の医療保険もあります。ただし、一般的には契約後の一定期間内(削減期間と呼ぶ)は、保障内容が削減されることが一般的です。また、診査・告知を必要とする同じ保障内容の医療保険よりも保険料が割高になります。

  • 保険会社が倒産した場合、契約はどうなりますか?

    生命保険会社の経営が破綻・倒産した場合でも、契約がなくなるわけではありません。「生命保険契約者保護機構」と呼ばれる生命保険契約者の保護を目的とした機構があり、資金援助や保険契約の引き継ぎを行います(図7-2a、図7-2b)。
    ただし、保護機構により補償される責任準備金(保険会社が支払に備えて積み立ててるお金)は、破綻時点の責任準備金の90%までです。継承する会社次第ですが、保険金が減ったり、保険料が値上げになるリスクはあります。

    (図7-2a)救済保険会社が現れた場合

    救済保険会社が、保険契約の移転・合併・株式取得を行い、保護機構は資金援助します

    (図7-2b)救済保険会社が現れない場合

    保護機構が継承会社を設立し、保険契約を継承します

    (図7-2c)破綻後の保険金の支払イメージ

    破綻後しても責任準備金の90%は保護されます
  • 医療保険の給付金を請求する方法を教えてください。

    入院や手術など給付金の請求方法は、まず、保険会社へ電話等で請求が必要な旨を連絡します。すると、保険会社より、請求に必要な書類や請求方法が記載された書類一式が送られてくるので、必要事項を記入し、診療証明書(医師の診断書など保険会社によって異なる)など指定の書類を集めます。必要書類と診療証明書を保険会社に返送すると、保険会社の支払査定部門にて、給付金を支払うかどうかを調査・判断します。問題がなければ、後日、指定口座に振り込みされます。

    保険会社へ連絡→請求書類の取得→診療証明書の取得→保険会社へ返送→保険会社の判断→給付金の受け取り

    保険金や給付金の請求には、3年間の時効があり、それを過ぎると請求権がなくなってしまいます。速やかに手続きを行いましょう。

このページの先頭へ

  • 保険
  • 医療保険価格.com

Copyright © Kakaku.com insurance, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止