『がん』も手厚く保障!注目の『がん特約』

ホーム > 保険 > 医療保険 比較 > 『がん』も手厚く保障!注目の『がん特約』

「価格.com 保険」は、株式会社 カカクコム・インシュアランスが保険契約締結の代理・媒介を行います。

暮らしに役立つ保険の知識

2011年11月02日掲載

『がん』も手厚く保障!注目の『がん特約』

がんを保障する場合、医療保険とがん保険の2つに加入するのがいいのか、それとも医療保険にがん特約をつけるのがいいのか? パワーアップしたがん特約も出てきた最近の傾向をFPに聞きました。

『がん』も手厚く保障!注目の『がん特約』

がんを保障する保険の選択肢

がんにかかると、手術や抗がん剤など、治療費が高額になってしまう場合が多く、再発や就業不能のリスクもあります。もはや「不治の病」ではなくなったとも言われますが、がんになった場合の経済的な負担は大きく、通常の医療保険では保障が不足する場合もあります。そこで、がんに対しては、医療保険に加えて、専用の保険で備えるのが有効となります。

その際、大きく二つの選択肢があります。一つは、単体のがん保険に加入する方法。通常の医療保険では入院日数が制限されていますが、がん保険は入院日数無制限であったり、がんと診断されるとまとまった額の一時金が支払われたりといった充実した保障が受けられます。しかし、すでに医療保険に加入している場合、保険料が割高になる傾向があるのがネックです。もう一つの選択肢はすでに加入している医療保険に「特約」の形でがんの保障を上乗せする方法。一般的に、同じような内容の医療保険とがん保険に別々に入る場合に比べて、保険料は割安におさえることができます。では、どのようながん保障を上乗せすればよいのでしょうか。

がんを保障する場合の選択肢

がんを保障する場合の選択肢の図

がん保障に求められるもの

かつては、すでに加入している医療保険の入院日額に、がん入院の場合の入院日額を上乗せする方法でがんの保障をするのが一般的でした。しかし、がんに限らず、最近は入院が短期化していますし、入院を伴わない治療も少なくありません。このような場合、入院日数に関して金額を増やしたり、無制限で支払われたりというだけでは、十分な治療費を確保できないケースがあると考えられます。そこで、がんと診断された場合に支払われる診断一時金を重視したものや、通院の保障を充実させているもの、入院の有無に限らず抗がん剤治療を受ければ決まった額が支払われるものなどが注目されています。また、就業不能になった場合をサポートする特約もあります。最近はこのような特約を「がん特約」としてつけることができる医療保険が登場してきました。

「がん特約」注目の理由は?

公的医療保険と高額療養費制度を使えば、医療費の自己負担は減らせますが、差額ベッド代、入院時の食事代の一部、先進医療の技術料などは公的医療保険の対象外です。また、退院後も抗がん剤や放射線治療で長期的に経済的負担が続くのが一般的です。このようなリスクに割安で備えることができるのが、医療保険の「がん特約」です。ただし、商品によっては、通院給付に対して入院後に限るといった条件が付いているものや入院日数に制限があるもの、抗がん剤治療特約に更新があり、将来の保険料が上がるものもあります。

このような点に注意しながら最適な保障を確保した場合、医療保険と別にがん保険に加入するよりも費用が安くなることもあるのが、医療保険の「がん特約」のメリット。これから「がん」に備える場合は、保障が厚くなった医療保険の「がん特約」を選択肢として検討してみる価値はあるでしょう。

【がん保障を上乗せできる医療保険の例】

  A社 B社
入院給付金(がん以外) 日額5,000円
(1入院60日・通算1,000日)
日額1万円
(1入院60日・通算1,000日)
手術給付金(がん以外) 1回につき5万円(入院中の手術) 種類により1回につき10・20・40万円
がん診断給付金 1回につき100万円(回数無制限)
(2回目以降はがん入院したとき、2年に1回を限度。前回のがん完治の有無は問わない)
1回につき50万円(回数無制限)
(2回目以降は前回の診断から2年経過後に新たにがんと診断された場合)
先進医療保障 先進医療の技術料相当額+一時金5万円をあわせて通算2,000万円まで 先進医療の技術料
(通算1,000万円まで)
がん入院給付金 日額15,000円
(1入院・通算ともに支払日数無制限)
(入院給付金との合計)
日額1万円
(1入院60日・通算1,000日)
(がん以外と同額)
がん手術給付金 1回につき15万円(がん入院中の手術)
(手術給付金との合計)
種類により1回につき10・20・40万円
(がん以外と同額)
その他 ・抗がん剤(腫瘍用薬)治療1か月につき5万円
・放射線治療1回につき10万円
・骨髄移植1回につき10万円
がんで外来治療の場合、1日1万円
(1年間120日限度・通算無制限)
保険料(月額) 4,445円 4,505円
  • ※30歳男性の保険料例。保険期間:終身、払込期間:終身。

ファイナンシャル・プランナープロフィール

福島 佳奈美(ふくしま かなみ)

福島 佳奈美(ふくしま かなみ)

ファイナンシャルプランナー(CFP)

大学卒業後、SE(システムエンジニア)としておもに金融関係のシステムを担当。退職後、子育て中にFP資格を取り、ファイナンシャルプランナーとしての活動を開始。ライフプラン、家計見直し、保険などに関する情報をWebサイト執筆やセミナーを中心に発信している。潟vラチナ・コンシェルジュ所属

※当記事で提供する情報はあくまでも個人による一般的な意見です。当情報の利用およびその情報に基づく判断は読者の皆様の責任によって行ってください。個別の商品・サービスの詳細はそれぞれの規約・約款等をご確認ください。

医療保険の商品を探す  - ご希望の方法から医療保険を探すことができます

  • 医療保険の商品を比較

    医療保険の商品を比較して、パンフレットを一括で取り寄せられます。

    医療保険 商品一覧
  • 自分で調べるより専門家に相談

    保険に関する分からないことはなんでも保険のプロに相談することができます。

    保険相談(無料)

この記事の関連リンク

このページの先頭へ