終身医療保険 比較

ホーム > 保険 > 医療保険 > 終身医療保険

「価格.com 保険」は、株式会社 カカクコム・インシュアランスが保険契約締結の代理・媒介を行います。

終身医療保険とは、その名の通り一生涯保障が継続する医療保険です。

一生涯の医療保障であるため老後の医療費が心配な方に向いている医療保険です。また、加入時の保険料が変わらないので、若いうちに加入しておくと毎月の保険料負担を抑えることができます。

医療保険を一括見積もり

医療保険ご加入に関するご相談や、
ご意向に沿った医療保険のご提案も致します。
保険探しは保険のプロに直接聞いてみよう!

電話でのご相談:0120-057-521(平日10:30〜19:30、土日祝日10:30〜18:30)相談窓口カカクコム・インシュアランス

保険相談

(例)保険料払込期間:60歳満了の終身医療保険

保険料払込期間:60歳満了の終身医療保険のイメージ図

終身医療保険の保険料は、一生払い続ける「終身払い」と、上記例のように所定の期間や年齢までに払い終える「短期払い」があります。

(例)1入院限度日数60日、通算限度入院日数1000日の医療保険

1入院限度日数60日、通算限度入院日数1000日の医療保険の図

Aの通算限度日数を超えない範囲で、また、1回に60日以上入院した場合は図@の1入院の限度日数を超えない範囲で保障されます。

終身医療保険ランキング

「価格.com保険」に掲載されている保険商品を対象とした終身医療保険ランキングです。

チェックがついた保険を

まとめて資料請求する

売れ筋ランキング

定番で人気の保険がわかる

注目ランキング

毎日更新!「今」話題の保険、新商品がわかる

終身医療保険ランキング(売れ筋) 終身医療保険ランキング(注目)

医療保険の商品一覧を見る

終身医療保険に関する調査データ

他の人がどんな終身医療保険に興味をもっているのか見てみよう!加入した年代によって保険料がどのくらい違うのかなどをチェック!

月間換算した平均保険料(終身医療保険)

年齢が上がるにつれて病気やケガのリスクが高まることから、月々の支払保険料が上がっている傾向がわかります。
特に、10代〜30代と比べて40代・50代の月々の支払保険料の上がり幅が顕著となっています。これは、働いている間に保険料の払い込みを完了させたいと考えている方が一定数いることが要因で、10代〜30代が加入しているプランと同じ保障内容でも保険料払込完了までの期間が短い分、月々の支払保険料が高くなるためです。

調査概要:カカクコム・インシュアランスにおける契約申込者 調査期間:2014/7/1〜2016/6/30

人気の入院給付金日額(終身医療保険)

入院給付金日額5,000円〜7,999円を選択されている方が全体の約70%となっています。これは、病気やケガのリスクに対して月々の支払保険料を抑えながら備えたいと考えている方が多いことが要因だと考えられます。一方で、入院給付金日額10,000円以上を選択されている方が約25%いますが、病気やケガのリスクに対して手厚く備えておきたいと考えている方が一定数いることが要因だと考えられます。

調査概要:カカクコム・インシュアランスにおける契約申込者 調査期間:2014/7/1〜2016/6/30

人気の1入院限度日数(終身医療保険)

1入院の限度日数60日〜89日で加入されている方が大半を占めていることがわかりますが、直近の傾向として入院日数が短くなっており、長期入院する可能性があまり高くないことや、特定の病気の場合は、入院限度日数が延長される商品が増えてきていることも、1入院の限度日数60日〜89日を選択されている方が多い要因だと考えられます。一方で、長期入院リスクに備え1入院の限度日数120日以上を選択されている方が約10%いるようです。(参考:入院日数の平均

調査概要:カカクコム・インシュアランスにおける契約申込者 調査期間:2014/7/1〜2016/6/30

人気の保険料払込期間(終身医療保険)

終身払いを選択されている方が全体の約70%となっています。これは、月々の支払保険料をなるべく抑えたいと考えている方が多いことが要因だと考えられます。一方で、60歳〜69歳で保険料の支払いを完了するプランを選択されている方が約25%います。これは、働いている間に保険料の払込みを完了し、保障は一生涯備えておきたいと考えている方が一定数いることが要因だと考えられます。

調査概要:カカクコム・インシュアランスにおける契約申込者 調査期間:2014/7/1〜2016/6/30

通院保障の有無(終身医療保険)

通院保障なしのプランを選択されている方が大半を占めています。これは、入院や手術などの費用については保険で備えておきたいが、通院でかかる費用については自己資金で備えられると考えている方が多いことや、月々の支払保険料とのバランスを見て、通院に対する保障は付加しないと考えている方がいることが要因だと考えられます。(参考:医療保険の通院保障

調査概要:カカクコム・インシュアランスにおける契約申込者 調査期間:2014/7/1〜2016/6/30

先進医療保障の有無(終身医療保険)

先進医療保障ありのプランを選択されている方が大半を占めています。
先進医療は健康保険適用外の治療で、費用については自己負担となります。月々数百円の保険料を支払うことで先進医療費用の自己負担分をカバーできることから、万一の場合に備えて先進医療保障ありのプランを選択されている方が多いことが要因だと考えられます。(参考:先進医療の費用と種類

調査概要:カカクコム・インシュアランスにおける契約申込者 調査期間:2014/7/1〜2016/6/30

入院給付金日額:〜10,000円/入院限度日数:〜99日で終身医療保険を探す

このページの先頭へ