高額療養費の自己負担限度額

ホーム > 保険 > 医療保険 比較 > 医療保険 選び方 > 高額療養費制度 > 高額療養費の自己負担限度額

高額療養費制度における自己負担限度額の計算方法。

  • Twitterにツイートする
  • はてなブックマークに登録

    Yahoo!ブックマークに登録

    googleブックマークに登録

自己負担限度額(1か月あたり)の計算

国民健康保険の加入者が、1人1か月、同じ医療機関にかかり、以下の自己負担限度額を超えた場合、その超えた額が支給されます。

1件の自己負担額が、高額療養費の自己負担限度額に達しない場合であっても、同一月に同一世帯で21,000 円以上超えるものが2件以上生じたときは、これらを合算して自己負担限度額を超えた金額が支給されます。同一人が同一月に2つ以上の医療機関にかかり、それぞれ21,000 円以上になった場合も同様です。(70〜74歳の方がいる世帯では算定方法が異なります。)

簡易シミュレーター(70歳未満の方のみ)

以下の項目をご入力いただき、「上記の条件で計算する」ボタンを押してください。

1ヶ月間に支払った額

差額ベッド代、食事療養費、先進医療の先進技術などは、対象となりません。除外した金額を入力してください。
医療費の負担割合 通常、小学生以上70歳未満の方は、かかった医療費の3割を、0歳〜小学校就学前の乳幼児は2割を選択してください。
所得区分 上位所得は、標準報酬月額53万円以上。低所得は、住民税非課税世帯。上位所得と低所得に該当しない世帯は、一般所得を選択してください。
上記の条件で計算する

高額療養費(給付額):-

自己負担限度額:-

  • ※2011年5月時点での制度から算出しています。あくまで目安の金額ですので、正確な金額は、各申請機関にお問い合わせ下さい。

計算式(70歳未満の方)

区分 自己負担限度額
上位所得世帯
(標準報酬月額53万円以上)
150,000 円+(総医療費−500,000 円)×1%
〈83,400 円※1〉
一般 80,100 円+(総医療費−267,000 円)×1%
〈44,400 円※1〉
低所得者
(住民税非課税世帯)
35,400 円
〈24,600 円※1〉
  • 参考:社会保険庁HP「保険給付(被保険者に関する給付)」(2011年5月時点)
  • ※1  同一世帯で直近12か月間に3回以上高額療養費の支給を受けている場合、4回目以降の自己負担限度額

計算式(70〜74歳の方)

区分 外来(個人ごと) 自己負担限度額 外来+入院(世帯ごと)
現役並み所得者 ※2 44,400円 80,100 円+(総医療費−267,000 円)×1%
〈44,400 円※1〉
一般 24,600円 62,100円
〈44,400 円※1〉
低所得者U
(住民税非課税)
8,000円 24,600円
低所得者T
(年金収入80万円以下等)
8,000円 15,000円
  • 参考:社会保険庁HP「保険給付(被保険者に関する給付)」(2011年5月時点)
  • ※1  同一世帯で直近12か月間に3回以上高額療養費の支給を受けている場合、4回目以降の自己負担限度額
  • ※2  標準報酬月額が28万円以上、かつ夫婦世帯年収520万円以上、単身世帯で383万円以上の世帯

医療保険についてのご相談やお客様に合った保険のご提案は、保険コンサルタントが無料で承ります。詳細は「保険相談」をご覧ください。

いざという時に備え、「安心」を探す

専門家に相談する

保険のことが分からなくても、専門家に無料で相談できます!

保険の相談(無料)

保険を比較する

このページの先頭へ