火災保険 比較・見積もり

ホーム > 保険 > 火災保険 比較・見積もり

火災保険とは、火災だけの補償ではなく、落雷、風災、水災など自然災害のほか、水濡れ、爆発、盗難など屋内の事故も補償できます。 また、火災保険は、「建物」や「家財」など対象ごとに保険にご加入いただく必要があり、それぞれに地震保険を付帯できます。

火災保険 一括見積もり(無料)

  • 1.保険料が安い

    割引の適用や、余分な補償を外したり、保険料を長期一括払いにすることで火災保険の保険料を抑える事ができます。

  • 2.対応スピードが速い

    火災保険の見積もり書が届くまでのスピードを90%以上が満足と回答しています。最短当日〜3営業日以内でメールにて送付します。

  • 3.担当者の対応が良い

    ご要望にあわせて、再見積もりが可能です。見積もりは全てカカクコムの100%子会社であるカカクコム・インシュアランスが行います。

お急ぎの場合

お急ぎの場合、本日より7日以内にご契約をご希望の場合は、申込フォームからお申し込みいただいた後、早急に弊社の下記電話番号までご連絡下さい。

電話:0120-057-521(平日10:30〜19:30、土日祝日10:30〜18:30)窓口カカクコム・インシュアランス

下記の火災保険商品を今すぐネットで試算

最短1分!インターネットで試算して、見積もり・資料請求ができる火災保険です。
今すぐ見積もり金額を知りたい、火災保険の相場感をつかみたいという方はチェック!

じぶんでえらべる火災保険

じぶんでえらべる火災保険 - (セゾン自動車火災保険株式会社)

保険の見直しはなにも生命保険に限ったことではありません。 火災保険においても、あなたのご自宅にピッタリな火災保険に見直すことで家計の節約が可能です。

試算・資料請求

「火災保険 一括見積もり」利用者の声

  • 複数社の火災保険見積もりが一括できるのが良かった。類似サービスは他にもあるが「価格com」ブランドが信用できるイメージがあった。

  • 火災保険はいろいろあって難しくて、メールでも電話でもいつでも相談にのってもらえてよかったです。ありがとうございました。

  • 何度もプランを直してもらってメールでやりとりでき、納得できる内容、金額にできました。メール、電話で丁寧に対応してもらって、ありがとうございました!

  • 銀行から提示された火災保険の金額が80万円で補償内容が選べないタイプでした。そんな中AIU保険会社の火災保険は補償内容も選べてその分価格も安いのが決め手となりました。

  • 再見積もりにも迅速に対応してくださって、感謝です。(最初にこちらから「なるべく低い額での保険料」という要望を強く言うべきでした。)とても好印象でしたので株主になろうかな・・・と思いました。(公開してない?)

  • 保険料が以前入っていたものに比べて安かったのとその内容をご担当の方が詳しくきちんと説明して下さったので安心できました。

火災保険 成約者アンケート結果

火災保険 一括見積もりの特長

  • 最短で登録の翌日中に見積もりをご案内
  • カカクコム・インシュアランスからメールと宅配便で見積もりを送付
  • 火災保険の知識が豊富なコンサルタントがお見積もり
  • 必要最小限の補償で適正にお見積もり
  • 住宅ローンも対応可能
  • 日本全国、土日祝日も対応可能
  • 分割やカード払いにも対応

一括見積もりの流れ

  • @ネットか電話で申込み

    火災保険一括見積もりフォームまたはお電話でご相談ください。

  • A複数の見積もりが届きます

    見積もりは、メールやFAX、郵送でお送りします。
    ■Eメール:3営業日以内
    ■郵送:約1週間以内

  • B比較して検討

    主要12社から、ご要望の内容で見積もり可能な会社のプランを比較できます。

  • Cお申し込み

    決定したプランをカカクコム・インシュアランスまでご連絡ください。

見積もりのお申し込みの際には、以下の資料がお手元にあるとスムーズです

電話:0120-057-521(平日10:30〜19:30、土日祝日10:30〜18:30)窓口カカクコム・インシュアランス

本日より7日以内にご契約をご希望の場合は、申込フォームからお申し込みいただいた後、早急に弊社の上記電話番号までご連絡下さい。お申し込みからご契約の開始までには時間を要しますため、火災保険専門のコンサルタントが迅速にご対応いたします。

火災保険 関連特集・記事

  • 火山が噴火!保険でどこまで補償?

    火山が噴火!保険でどこまで補償?
    現在でも年間1,000回以上噴火を続けている桜島。噴火によって火山灰が降り注ぎ、鹿児島の街が真っ白になった様子をテレビなどで見たことがある方も多いことでしょう。わが国最大の活火山である富士山も、火山活動が活発化しつつあり、近い将来噴火する可能性が高いと多くの専門家も指摘しています。では、火山の噴火による住宅の被害には、どのように備えればいいのでしょうか?(2014年3月掲載)

  • 雪崩の被害に保険は適用される?

    雪崩の被害に保険は適用される?
    国土の半分以上が「豪雪地帯」に指定されている日本。この事実を意外に思う人も多いかもしれませんが、豪雪地帯を中心に、雪崩による災害は毎年のように発生しています。では、雪崩の被害に対して、どのように備えるとよいのでしょうか。(2014年2月掲載)

火災保険 特集・記事 一覧

このページの先頭へ