竜巻被害!保険でどこまで補償?!

ホーム > 保険 > 火災保険 比較・見積もり > 竜巻被害!保険でどこまで補償?!

「価格.com 保険」は、株式会社 カカクコム・インシュアランスが保険契約締結の代理・媒介を行います。

暮らしに役立つ保険の知識

2013年11月6日掲載

竜巻被害!保険でどこまで補償?!

ここ数年、日本国内でも竜巻による大きな被害が発生しています。倒壊した住宅の映像などを目にして、“もしもわが家が遭遇したら?”と心配になった人も多いのではないでしょうか。短時間で大きな被害をもたらす竜巻被害に、どのように備えるか考えていきましょう。

竜巻被害!保険でどこまで補償?!

1ヵ月に10件以上の竜巻が発生

9月2日に発生した竜巻によって、埼玉県から茨城県にかけて住宅1200棟以上の被害が出ました。台風シーズンに多いのが特徴ですが、今年は9月からの約1ヵ月間に、全国で10件以上の竜巻が発生しています。エリアでは北関東や南九州、四国、紀伊半島、北海道などが多いようですが、日本中どこでも発生する可能性があると言われています。竜巻被害で多いのは、屋根瓦の飛散やめくれ、落下などです。竜巻以外でも、ダウンバーストと呼ばれる積乱雲から吹き降ろす気流による風害も少なくありません。

自然災害への公的な支援策

まず、自然災害に見舞われた場合に、どのような公的支援が受けられるのか確認しておきましょう。竜巻や台風、地震などによって、地域で一定以上の被害が発生すると、被災者生活再建支援法が適用され、全壊や大規模半壊の世帯には支援金が支給されます。支援金額は(表1)の通りです。

(表1)被災者生活再建支援法による支給額(単位:円)

区分 基礎支援金 加算支援金
住宅の被害程度 住宅の再建方法
@ A @+A
2人以上の世帯 全壊 100万 建設・購入 200万 300万
補修 100万 200万
賃借 50万 150万
大規模
半壊
50万 建設・購入 200万 250万
補修 100万 150万
賃借 50万 100万
  • ※ 賃貸:公営住宅は対象外
  • ※ 1人世帯の場合は、上記の3/4の金額が支給される。解体や長期避難に対しても、基礎支援金が支給される。

ただし、被災者生活再建支援法は市町村や都道府県の規模(人口)に応じて適応基準が設けられており、9月2日の竜巻では、埼玉県越谷市は支給対象になりましたが、同じ埼玉県内でも他の自治体は対象になりませんでした。

その他の制度として、自治体による見舞金や、税金、公共料金、社会保険料の免除など公的な支援策があるものの、甚大な被害を受けた場合は、十分とは言えないでしょう。

竜巻被害は火災保険で補償される

では、住宅の被害について、自助努力としてどのような保険で備えるとよいのでしょうか。
竜巻の被害は、風災のひとつとして火災保険(すまいの保険)で補償されます。一般的な火災保険では、“風災・ひょう災・雪災”の補償がセットされていますので、被害の大きさに応じて保険金を受けとることが可能です(中には、“風災・ひょう災・雪災”の補償を付けるか、付けないか選択する商品もあります)。

ただし、保険の種類や契約内容によっては、損害すべてが補償されないケースもありますので注意しましょう。たとえば、「風災・ひょう災・雪災は20万円以上の損害に限る」という商品では、損害額が20万円以上なら契約している保険金額まで全額補償されますが、20万円未満なら、一切保険金は受け取れません。

その他、免責金額を自分で設定するタイプもあります。免責金額とは、損害額のうち一定金額まで自己負担することです。仮に免責金額を5万円とした場合は、損害額が20万円であっても5万円は自己負担となり、保険金として15万円を受け取ります。免責をゼロとすることも可能です。ただし当然、免責金額が小さいほど、保険料は高くなりますので、補償と保険料のバランスをみて設定しましょう。

補償対象は商品や契約内容によって異なる

火災保険は、補償される対象が「建物」だけなのか、「家財」も含めてなのかは、契約時に自分で決めます。しかし、補償される範囲や具体的な対象物は商品によって異なりますから、事前によく確認しておきましょう。そして、自分のニーズに合った商品・補償を選ぶことをおすすめします。

また、既に火災保険に加入している人は、この機会に加入中の保険の契約内容や補償範囲を確認しておきましょう。

ファイナンシャル・プランナープロフィール

田辺 南香(たなべ みか)

田辺 南香(たなべ みか)

(株)プラチナ・コンシェルジュ フィナンシャル・プランナー

大学卒業後、情報出版会社で社内のITコンサルティング業務を経験。退職後、FPとして独立し、現在はライフプランから見た保険・住宅・資産運用などのアドバイスや、Webサイト・雑誌・セミナー等で情報発信をしている。

※当記事で提供する情報はあくまでも個人による一般的な意見です。当情報の利用およびその情報に基づく判断は読者の皆様の責任によって行ってください。個別の商品・サービスの詳細はそれぞれの規約・約款等をご確認ください。

火災保険の商品を探す  - ご希望の方法から火災保険を探すことができます

  • 火災保険の商品を一括見積もり

    複数の保険会社の見積もりを取り寄せて、火災保険を比較検討することができます。

    火災保険 比較・見積もり
  • 自分で調べるより専門家に相談

    保険に関する分からないことはなんでも保険のプロに相談することができます。

    保険相談(無料)

この記事の関連リンク

  • 火災保険の選び方 - 火災保険を選びの注意点や選び方を手順を追って解説します。
  • 地震保険 - 地震保険の見積もり、資料請求、申し込みができます!

このページの先頭へ