住宅ローン対応の火災保険とは

「価格.com 保険」は、株式会社 カカクコム・インシュアランスが保険契約締結の代理・媒介を行います。

火災保険を学ぶ

住宅ローン対応の火災保険とは

住宅ローン対応の火災保険とは何でしょうか。
住宅ローン借入時の火災保険の注意点について解説します。

住宅ローン対応の火災保険とは

住宅ローンを融資する際に銀行が「所定の条件を満たす火災保険へ加入すること」を義務づけている場合があります。住宅ローン対応の火災保険とは、この銀行が指定する条件を満たした火災保険のことを示します。 なぜなら銀行が住宅ローンを融資する場合、銀行はその建物と土地を担保に融資をします。住宅ローンを完済する前に、火災事故などが発生すると、銀行は担保を失ってしまいます。そのため、住宅ローンの返済期間中は、所定の火災保険に加入することを条件としている金融機関が多くあります。

住宅ローン対応の火災保険の条件は、各金融機関で異なりますので、住宅ローン借入時にご確認ください。 たとえば、以下のような条件があります

  • 保険期間が住宅ローン支払い期間相当であること
  • 金融機関による建物の評価額以上の補償があること

では、金融機関が指定している火災保険に加入しないといけないのでしょうか。
銀行などの金融機関で住宅ローンの手続きをする際に、一緒に手続きをすることが多いのが火災保険です。流れ作業のようにたくさんの書類に署名・捺印をして、「火災保険もすすめられるままに契約してしまった」ということがよくあります。
とはいえ、今後、数十年間は加入することになる火災保険ですので、保険料や補償内容をじっくり比較し、納得のうえでご加入されることをおすすめします。決して、銀行がすすめる火災保険に加入しなかったからといって、住宅ローンの取引が不利になることは一切ありません。金融庁は保険業法にて「抱き合わせ販売その他の影響力を行使した販売の禁止(保険業法施行規則第234条第6号)」にてこのような行為を禁止しています。
既に、その場の流れで加入した場合でも、保険期間の途中で解約が可能で、火災保険の解約返戻金がある場合があります。

火災保険の質権設定とは

住宅ローンの借入金の担保として、火災保険の保険金を請求する権利(保険金請求権)に対して質権を設定することをいいます。質権設定した場合、火災事故などが発生した際に支払われる保険金は、質権者となる金融機関が受け取ることになります。火災保険に質権を設定すると、質権者(金融機関)の同意なしに火災保険を解約することはできませんのでご注意ください。
最近は質権設定を求めない金融機関も増えてきているため、質権設定が必要かどうかは、住宅ローン借入時にご確認ください。

火災保険の質権設定

火災保険の質権設定図

借入金と火災保険の保険金額の関係

住宅ローンの借入金と火災保険で設定する保険金額は、同額にするべきでしょうか。
基本的に保険金額は、住宅の評価額と同額で設定することになっています。住宅ローンを利用するときに頭金を入れている場合などでは、必ずしも借入金と評価額が同じになるとは限らないからです。
もし火災が起こって住宅が全焼してしまった場合、保険金額で同等の建物が建てられなければ火災保険の本来の意味をなさないため、住宅の評価額(同等の建物を建てられる金額)で保険金額を設定するように注意しましょう。(関連ページ:建物の保険金額を決める

保険期間の条件はある?

ほとんどの金融機関では、返済期間と同等の保険期間を火災保険の加入条件としている場合があります。しかし、現在、火災保険の長期契約は最長でも10年となっていて、返済期間と同期間の保険に加入できません。それでは、火災保険の条件を満たすにはどうすればいいのでしょう。

保険会社では、自動継続という特約を用意していて住宅ローンの返済期間に対応できるようにしています。1年ごとや10年ごとに自動継続する方式などがありますが、契約内容や保険会社によって選択ができる期間や方式が異なりますので、取扱代理店や保険会社に確認しましょう。
また、地震保険に関しては最長でも5年となっていますので、火災保険の保険期間とは異なる場合があります。自動継続の時期には、保険料の負担がかかりますので、無理のない範囲で年数の設定をするといいでしょう。

火災保険の自動継続イメージ

火災保険の自動継続イメージ図

住宅ローン対応の火災保険は「建物」が対象

住宅ローン対応の火災保険では、ほとんどの金融機関が示している条件に「建物の評価額以上の補償があること」となっており、対象が「建物」であることがわかります。その補償の内容は自分で選ぶことができるため、免責金額の設定や補償範囲を検討するなどで保険料負担を軽くすることができます。「建物」の立地条件や構造なども考えて、必要な補償を確認し、保険の設定をしていくといいでしょう。(関連ページ:火災保険の免責とは補償範囲を選ぶ

また、住宅ローン対応の条件として「家財」は対象となっていませんが、災害に遭った場合は生活に必要なものを購入することもあるでしょう。住宅ローン返済だけでなく、万が一のことを考えた場合に何が必要か確認し、「家財」を対象とした火災保険の加入も検討しましょう。(関連ページ:家財の保険金額を決める)

まとめ
住宅ローン対応の火災保険とは、住宅ローンを融資する金融機関が設けている条件を満たした火災保険です。金融機関で加入することもできますが、ご自身で納得ができる保険に加入することもできるため、条件と補償などを比較・検討して納得の火災保険を選びましょう。

火災保険について学んだら、実際に商品を見てみましょう

お急ぎ(本日より7日以内にご契約をご希望)の場合は、一括見積もり後、早急にカカクコム・インシュアランス 相談窓口までご連絡ください。

建物がご自身の所有物ではないため、家財のみの補償をご検討ください。

やっぱり保険は難しい、分からないという方は、保険なんでも無料相談

事業用物件、マンション一棟の火災保険加入のご相談も、お気軽に相談窓口までご連絡ください!

相談は何度でも無料!

カカクコム・インシュアランス 相談受付
0120-057-521(無料)
平日10:30〜19:30 / 土日祝10:30〜18:30
火災保険の一括見積もり・相談

このページの先頭へ

  • 保険
  • 火災保険
  • 火災保険の選び方
  • 住宅ローン対応の火災保険とは価格.com

Copyright © Kakaku.com insurance, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止