火災保険の対象を決める - 火災保険の選び方 -

  1. ホーム
  2. 保険
  3. 火災保険 比較・見積もり
  4. 火災保険 選び方
  5. 火災保険の対象を決める

「価格.com 保険」は、株式会社 カカクコム・インシュアランスが保険契約締結の代理・媒介を行います。

何を対象に火災保険を契約するのか?何に補償が必要なのか?
まずは保険の対象を検討しましょう。

保険の対象とは

何を対象に保険を契約するのかを「保険の対象」と言います。住宅の火災保険は建物、または家財、その両方を保険の対象として保険に加入します。ただし、賃貸住宅や店舗兼住宅に関しては異なります。下の表1にて確認してください。

表1−用途別の「保険の対象」

保険の対象 持ち家 借家
住宅 空き家 別荘 店舗兼住宅 住宅 店舗
建物  × ×
家財  ×
什器(じゅうき)・設備  × × × ×
  • ○・・・保険の必要性あり、×・・・保険不要

建物ってなに?家財ってなに?

保険の対象である「建物」や「家財」とは具体的には何でしょうか?建物なのか家財なのか迷う場合は、建物に付随していて動かせない部分は「建物」、動かせるものは「家財」という点が1つの判断基準(保険会社によって解釈の違いはあります)になります。

図1−建物、家財の分類例

建物、家財の分類例

営業用什器とは

店舗兼住宅における什器(じゅうき)とは、商品ではなく、一般に職業上の必要性から使用または所持されている物品であり、このうち機械および建物付属設備を除くものをいいます。例えば、店舗や事務所で使用する設備道具(椅子、テーブル、グラスなど)となります。

保険の対象を決められない場合は?

住宅の場合、火災保険の対象を決める際に建物だけを契約するか、それとも家財も契約するかを決める必要があります。保険の検討を始めた段階でまだ判断ができない場合は建物・家財のそれぞれを保険の対象とする見積書(設計書)をもらいましょう。

見積書(設計書)には建物・家財のそれぞれの保険料が記載されているので、保険料を考慮して検討することができます。

火災保険の一括見積もりへ

お電話でのお見積もり・ご相談はカカクコム・インシュアランスへ

フリーコール:受付時間・・・10:30〜19:30(平日) 10:30〜18:30(土・日・祝日)

いざという時に備え、「安心」を探す

保険を探す

火災保険 比較・見積もり

所有物件の火災保険

家財保険

賃貸物件の火災保険

地震保険

事故によるケガの補償

保険を探す

保険のご加入に関するご相談を、専門家がアドバイスいたします!

・自分にピッタリの保険が知りたい!
・今の保険料の負担を軽くしたい!
・持病があるけど保険に入りたい!
・希望の保障内容で見積もりが欲しい!
保険相談

このページの先頭へ