火災保険の水災とは - 火災保険の選び方 -

  1. ホーム
  2. 保険
  3. 火災保険 比較・見積もり
  4. 火災保険 選び方
  5. 水災

「価格.com 保険」は、株式会社 カカクコム・インシュアランスが保険契約締結の代理・媒介を行います。

火災保険に水災補償は必要?そもそもどんな補償をするの?
といった方のために解説します。

水災とは

水災とは、台風や暴風雨などが原因で起こる洪水・高潮・土砂崩れなどにより、建物や家財が所定の損害を受けた場合の補償です。

洪水

台風や暴風雨、豪雨等により発生した洪水、あるいは融雪による洪水などです。河川の氾濫(はんらん)だけでなく、ゲリラ豪雨によりマンホールから水があふれ出したため発生する損害も対象になります。

高潮(たかしお)

高潮とは、台風などの気圧の低下に伴い、海水面が普段より著しく高くなる現象です。津波とは異なりますので、ご注意ください。地震が原因で発生する津波は、地震保険で補償する必要があります。

土砂崩れ

集中豪雨・ゲリラ豪雨などで急傾斜地にある土砂が急に崩れ落ちる現象です。地滑り、がけ崩れ、土石流などがこれにあたります。なお、地盤沈下や地震を原因とする土砂崩れは補償の対象となりません。

漏水・水濡れとは違うの?

水災は自然災害による被害の補償となるので、洗濯機が故障して漏水(ろうすい)した場合や、建物内外で給排水設備の事故による水濡れ、マンションなどで上の部屋からの水漏れなどの被害があっても補償されません。これらは、水災とは別に「水濡れ(漏水)」の補償が必要になります。

水災の支払い条件を確認

火災保険における水災の保険金は、被害にあったら必ず支払われるわけではありません。例えば、以下のような条件があり、その条件は保険会社ごとに異なります。支払い条件については、加入する前に確認しておきましょう。

  • (1)保険の対象(建物・家財)に保険価額の30%以上の損害があった場合
  • (2)床上浸水または地盤面から45cm超える浸水による損害があった場合

水災は必要か?

地域や建物の構造によっては、水災の被害を受けるリスクは低くなります。市区町村のハザードマップで過去の水害情報を確認してみましょう。例えば、近くに河川もなく高台(※1)の住宅や、マンションの上層階では、水災のリスクは低くなります。

  • ※1・・・土砂崩れのリスクはあるため地盤についても確認しましょう。
火災保険の一括見積もりへ

お電話でのお見積もり・ご相談はカカクコム・インシュアランスへ

フリーコール:受付時間・・・10:30〜19:30(平日) 10:30〜18:30(土・日・祝日)

いざという時に備え、「安心」を探す

保険を探す

火災保険 比較・見積もり

所有物件の火災保険

家財保険

賃貸物件の火災保険

地震保険

事故によるケガの補償

保険を探す

保険のご加入に関するご相談を、専門家がアドバイスいたします!

・自分にピッタリの保険が知りたい!
・今の保険料の負担を軽くしたい!
・持病があるけど保険に入りたい!
・希望の保障内容で見積もりが欲しい!
保険相談

このページの先頭へ