ワーキングホリデー(ワーホリ)とは

  1. ホーム
  2. 保険
  3. ワーホリ保険 比較
  4. ワーキングホリデーとは

「価格.com 保険」は、株式会社 カカクコム・インシュアランスが保険契約締結の代理・媒介を行います。

ワーホリ保険を学ぶ

ワーキングホリデーとは

ワーキングホリデーとは、一定期間の休暇を過ごす活動、とその間の滞在費を補うための就労ができる制度です。

ワーキングホリデーの魅力は、異国の文化に直接ふれられることです。語学を身につけるだけではなく、一生涯の友人を見つけることもできる魅力的な制度としてとても人気があります。

ワーキングホリデー(ワーホリ)の特長

ワーホリ制度とはどのような制度でしょうか?また、この制度を利用する条件はどのようなものがあるのでしょうか?

  • ワーホリは渡航できる国が限定されている!

    ワーホリ制度とは二つの国・地域間の取り決め等に基づいて認められる制度です。
    日本では1980年にオーストラリアとの間で開始されたことに始まり、1985年にニュージーランド、1986年にカナダとの間で開始されました。 その後、1999年4月から韓国、1999年12月からフランス、2000年12月からドイツ、2001年4月からイギリス、2007年1月からアイルラン ド、2007年10月からデンマーク、2009年6月から台湾、2010年1月から香港との間で開始されました。最近では2013年2月からノルウェーと の間で開始されています。

    ワーホリの制度が利用できる国は12カ国

    ワーホリの制度が利用できる国は12カ国の国旗と国名

ワーキングホリデー(ワーホリ)ビザ取得条件は?

ワーホリ制度を利用するには、一定の条件を満たす必要があります。

  • ワーホリは基本的に1年間を期限として1カ国1回のみ!

    ワーホリの期限イメージ図 ワーホリは基本的には1年間が期限となります。ただし、国によっては、一定の条件を満たしたときのみ、セカンドワーキングホリデーとして最大1年間の延長が認められ最長2年までの滞在が可能となります。また、イギリスは2年間の申請が可能となります。

  • 年齢条件に例外はなし!?

    年齢条件をチェックするイメージ図 ビザ申請時の年齢が18歳以上30歳以下であることが条件となります。また、韓国及びアイルランドの場合は18歳以上25歳以下となります。ただし、各々の政府当局が認める場合は30歳まで申請可能です。
    そして現在の制度で31歳以上はワーホリの制度を利用することができません。

  • 意外と狭き門??年間の定員制限あり

    それぞれの国・地域ごとに年間の定員が決まっており、オーストラリアは38,500人、 ニュージーランドは9,500人、カナダは6,500人、韓国は10,000人、フランスは1,500人、イギリスは1,000人、アイルランドは400人、台湾は2,000人、香港は250人と定められています(平成25年時点)。

    各国・地域ごとの年間の定員人数例

    オーストラリア 38,500人
    ニュージーランド 9,500人
    カナダ 6,500人
    韓国 10,000人
    フランス 1,500人
    イギリス 1,000人
    アイルランド 400人
    台湾 2,000人
    香港 250人

    応募人数を超過した場合は抽選となり、たとえばフランスでは倍率が3倍、イギリスでは10倍という年もあり、希望してもワーホリ制度を利用できない場合があります。

さらに広まるワーホリ協定国

ワーホリ協定国は少しずつ増えており、今後はイタリア、ポーランド、スペイン、ハンガリー、ポルトガル、ベルギー、イスラエルはワーホリ制度導入にむけた準備をしています。

世界中のさまざまな文化にふれることができるでしょう。

比較・一括見積もりがすぐできる!

  • 寮・ホームステイプランの場合
  • 賃貸物件・ルームシェアの場合

このページの先頭へ