ワーホリ保険(ワーキングホリデー保険)の選び方

  1. ホーム
  2. 保険
  3. ワーホリ保険 比較
  4. ワーキングホリデーとは
  5. ワーホリ保険の選び方

「価格.com 保険」は、株式会社 カカクコム・インシュアランスが保険契約締結の代理・媒介を行います。

ワーホリ保険を学ぶ

ワーホリ保険の選び方

ワーホリ保険の選び方は補償内容・保険料だけではなく、ビザ取得条件も考慮することが重要なポイントです!

ワーホリ保険の選び方のポイントは「留学保険」と同じく、補償内容・保険料だけではなく、現地でトラブルが発生した際にしっかり対応できるかなども考慮して選ぶ必要があります。また、ビザ取得条件も考慮する必要があります。価格.com保険では、価格.com保険限定のプランや、カスタマイズプランを用意しています。一括資料請求をして賢く比較しましょう!

ワーホリ保険 選び方のポイント

留学保険とワーホリ保険も基本的な選び方は同じです。「自宅や学校の近くにキャッシュレス対応病院があるか?」、「サポートデスク等は24時間電話がつながるか?」などは必ず確認しましょう。
また、ワーホリ保険ならではの選び方の特長も理解しましょう。

  • ビザ取得条件を満たしているか?

    ワーホリの期限イメージ図 ドイツ、フランス、ノルウェー、アイルランドなどの国はビザ取得の条件にワーキングホリデー期間をすべてカバーするワーホリ保険(海外旅行保険)への加入が義務化されており、今後はそういった国が増えてくる可能性があります。その場合は最低限加入しなくてはいけない補償内容や補償金額が設定されている場合がありますので、保険に加入する場合は事前に確認をしておきましょう。

  • 留学との違いは「仕事」ができること

    ワーホリは「現地で働く事ができる」イメージ図 ワーホリが留学と大きく異なるのは「現地で働くことができる」ということです。仕事の内容によっては留学と比べ、ケガ等のリスクが高くなる可能性があります。そのため「治療費用」は十分な補償額にしておいたほうがよいでしょう。
    また、就労中に他人に損害賠償を与えてしまった場合には『賠償責任保険金』は対象外となりますので、注意が必要です。

  • 補償内容・補償金額はもちろんオーダーメイドで

    補償内容・補償金額はオーダーメイドのイメージ図 留学保険と同様に補償内容や補償金額はワーホリに行く国などを考慮したオーダーメイドの内容にすることがポイントです。
    たとえば「死亡補償」ですが、生命保険に加入していれば海外でもカバーできるケースがほとんどです。その際には「死亡補償」の補償金額を少し減らしたり、補償対象外とすることもひとつの考え方といえます。

    価格.com保険ではオーダーメイド型の商品を多く扱っており、セット型の商品でも価格.com限定プランを扱っております。ワーホリ保険の選び方で迷った際には一度ご相談いただくことをおすすめいたします。

オンライン契約もできるワーホリ保険

ワーホリ保険にはオンラインで契約できる商品もございます。
お急ぎの方はオンラインで今すぐ契約できます!

比較・一括見積もりがすぐできる!

  • 寮・ホームステイプランの場合
  • 賃貸物件・ルームシェアの場合

このページの先頭へ