スキー保険 比較

  1. ホーム
  2. 保険
  3. スキー保険 比較

「価格.com 保険」は、株式会社 カカクコム・インシュアランスが保険契約締結の代理・媒介を行います。

スキー保険とは、ウィンタースポーツ中に発生した損害を補償する保険です。

ただし、現在はスキーのみを補償する個人向け「スキー保険」は販売されていないため、日常の事故からスキーやスノーボード中の事故まで補償される「スキー向け保険(傷害保険・レジャー保険)」にご加入いただく必要があります。

スキー向け保険の補償範囲

スキー向け保険の種類 契約期間 スキー中の事故 スキー以外のレジャー中の事故 日常の補償 仕事中の補償
傷害保険 1年 ※1
傷害保険
(レジャー専用プラン)
1年 -
国内旅行保険 1日〜1ヶ月 - ※2

※1.仕事中の補償は、業務に起因する賠償事故は対象外となります。

※2.出張中のみ補償の対象となります。

1年加入のスキー向け保険 商品一覧

1日単位でスキー向け保険に加入希望の方は、短期契約可能な国内旅行保険がおすすめです。

当サイトでは、全ての保険会社の商品・プランを掲載しているわけではありません。株式会社カカクコム・インシュアランスにて取扱可能な保険会社のうち、保険会社からサイト掲載の許可が得られた商品を掲載、比較しております。

スキー向け傷害保険

保険料 保険期間 死亡・後遺障害 入院保険金
日額
通院保険金
日額
賠償責任
携行品の補償
レンタル品の
補償
救援者
費用等
その他補償
4,300
(一時払)
1年 100万円 2,000円 × 1億円 × × × 手術保険金1万円または2万円
9,940
(一時払)
1年 200万円 4,000円 500円 1億円 10万円 × 100万円 手術保険金2万円または4万円
16,300
(一時払)
1年 300万円 6,000円 1,000円 1億円 30万円 × 100万円 入院一時金2万円、手術保険金3万円または6万円

備考

  • ・スキー・スノーボード中はもちろん、毎日の生活でのあなたのケガや他人への賠償事故を補償します。
  • ・賠償事故はすべてのコースで最大1億円を補償!万一加害事故を起こしてしまった場合でも示談代行サービス(賠償事故解決特約)で安心!
  • ・シルバーコース以上ならスキー板やゴーグルなど大切な持ち物の損害の補償や遭難して家族が現場に駆け付けた場合の費用も補償!
  • ※携行品損害の額は、携行品1個、1組または1対あたり10万円(乗車券等は5万円)が限度となります。

B15D390691(1512)

スキー向け傷害保険(レジャー専用プラン)

保険料 保険期間 死亡・後遺障害 入院保険金
日額
通院保険金
日額
賠償責任
携行品の補償
レンタル品の
補償
救援者
費用等
その他補償
4,390 1年 200万円 3,000円 × 1億円 × × × ×
8,840 1年 350万円 5,000円 × 1億円 × × × 傷害医療費用保険金
100万円
12,190 1年 500万円 7,500円 × 1億円 × × × 傷害医療費用保険金
150万円

備考

ネットでみんなの傷害保険(レジャー・スポーツコース)(傷害総合保険)

休暇中にスキー・スノーボード・テニス・サイクリングなどのスポーツやキャンピングなどのレジャーを楽しまれる方にオススメのコースです。

*このコースでは、仕事中のケガは補償の対象となりません。(お仕事でスポーツをされている場合のケガなども補償の対象となりません。)

2015.10 28904 16-269S 使用期限:2016年10月末日

  • このページは補償内容の概要を説明したものであり、あくまで参考情報としてご利用ください。
  • ご契約にあたっては、必ず『パンフレット』、『約款』、『注意喚起事項』、『重要事項説明書』をよくお読みください。詳細につきましては各社ホームページにてご確認ください。

スキー保険関連 特集・記事

  • スキー・スノーボード保険

    編集・記事 スキー・スノーボード保険スキー・スノーボード保険
    ウインタースポーツの季節になりました。スキー、スノーボード好きの人は、ゲレンデの雪の様子が気になることでしょう。もう1つ気にしてほしいのが、万一のこと。スキー、スノーボードはアクティブなスポーツだけに、転倒してケガをしたり、他人にぶつかってケガをさせたりすることも少なくありません。そんな場合に備える保険について見てみましょう。 (2012年12月掲載)

スキー保険を学ぶ

関連リンク

関連カテゴリ

このページの先頭へ