海外旅行保険は出発当日でも加入できますか?

「価格.com 保険」は、株式会社 カカクコム・インシュアランスが保険契約締結の代理・媒介を行います。

保険 関連特集・記事

海外旅行保険は出発当日でも加入できますか?

海外旅行の出発日に保険に入るのを忘れていたことに気付いた場合、当日でも加入できる海外旅行保険はあるのでしょうか?当日加入するときの注意点は?

2017年3月23日掲載

このページの要点をまとめると・・・

海外旅行保険は出発当日でも加入できる!

カウンターや自動契約機の場所や稼働時間をチェック!

クレジットカード付帯の保険で補償されるかチェック!

以下、記事の詳細

海外旅行保険は出発当日でも加入できる!

海外旅行当日に、海外旅行保険を契約していないことに気付いた場合でも、あきらめることはありません。当日でも保険に加入ができる、または万が一の時に補償が受けられる、以下のような方法があります。

当日契約できる保険

①空港のカウンターで契約する
国際線が発着する大きな空港では保険の専用カウンターが設置されていて、海外旅行保険を契約することができます。担当者から説明を聞きながらプランを決められるので、海外旅行や保険契約に慣れていない方には安心感があるでしょう。また複数の取り扱い保険会社から選べるケースもあります。
中・小規模の空港では専用カウンターではなく総合案内や売店などで契約するケースもあります。取り扱い保険会社は1社や数社程度と少ない場合もあり、丁寧な説明や自分に合った保険を選択するといった要望には応えにくい可能性があります。
利用する空港が中・小規模で「海外旅行保険は空港で契約しよう」と考えておられる方は、あらかじめ空港での契約が可能か、ネットや電話で確認しておきましょう。

②空港の自動契約機で契約する
保険の専用カウンターがない空港でも、自動契約機はある場合があります。担当者から説明してもらうことはできませんが、海外旅行保険を契約することができます。時間に余裕がないなど、急いでいる場合は自動契約機を利用しましょう。ただし、出発当日セットプランなど、選択できる補償内容が限定されていることがあります。
空港のカウンターや自動契約機で契約する場合は、事前に以下の2つのポイントを確認しておきましょう。

[場所]…カウンターや自動契約機が出国手続き前の一般エリアにしかない場合、出国手続き後だと契約できない場合があります。空港のどの場所にあるかチェックしましょう。
[時間]…カウンターと自動契約機で営業時間が異なる場合があります。また、空港内に複数設置されている場合、場所によっても時間が異なるケースがあります。利用する航空会社やゲート近辺の契約スポットの時間を調べておくと良いでしょう。

空港での契約

③スマホなどを利用してインターネット経由で契約する
最近はスマートフォンからのインターネット接続があたりまえになり、空港の自動契約機を探さなくても手元のスマホで契約できるので手軽です。スマホなどから契約するメリットは、空港に着く前の電車移動中などでも契約ができたり、店頭で契約するよりも割安なことがある場合などでしょう。デメリットは、商品内容を紙面のパンフレットで確認したり、パソコンの広い画面で確認することができない点かもしれません。小さい画面で内容を理解しながら契約手続きを進めるのは一苦労でしょうし、時間もかかると思われます。(関連ページ:海外旅行保険 比較

④クレジットカード付帯の海外旅行保険を確認する
クレジットカードに付いている海外旅行保険もチェックしましょう。ただし、高額になりやすい海外での医療費に備える「治療費用補償」の限度額が少額だったり、そもそもその補償が無かったり、その他の補償も不足する可能性があります。しかも「旅行費用をそのカードで決済している」といった要件を満たしていないと、万が一、事故があっても給付を受け取れないケースもあります。クレジットカードに保険が付帯されているか、付帯されている場合は補償が足りるか、またクレジットカードのどのような利用状況で保険が付帯されるのか、といった要件をしっかり確認しましょう。(関連ページ:クレジットカード付帯海外旅行保険の注意点

慌ただしい出発当日に海外旅行保険の契約をしたいときは、上記の方法を参考に契約までこぎつけるしかありません。いずれにしても空港やスマホでの当日契約では、不要な補償を外したり、クレジットカードに付いている保険で不足する項目の補償額を高める、といったカスタマイズができる商品は少ないと考えておきましょう。また航空機遅延費用は、2日前までに契約しなければセットできない商品もあるなど、ギリギリに契約をするデメリットもあるため、注意が必要です。

海外旅行保険の補償期間は、家を出てから帰宅するまで

旅行保険の良いところは、自宅を出てから自宅に帰り着くまでの間の事故で補償を受けられることです。しかし、空港で海外旅行保険に加入しようとした場合、空港までの移動については無保険となります。空港に着く前に事故が起こる可能性もありますので、移動間の補償についても考えておきましょう。事故は、心や準備のスキをついて「そんな時に限って」起こったりするかもしれません。仮にフライトが深夜、日付が変わってからだったとしても、家を出る日を契約初日として、家に到着する日を最終日とするのが鉄則です。

保険を契約した時期による補償期間の違い 保険を契約した時期による補償期間の違い

海外旅行保険は、補償内容をしっかり選んで事前に加入しておく方が良いですが、保険の加入を忘れても出発当日に契約ができるのは嬉しいですね。

執筆者プロフィール
中村 薫(なかむら かおる)
中村 薫(なかむら かおる) ファイナンシャルプランナー(CFP)、社会保険労務士、終活カウンセラー 10代で「老後のお金」が心配になり、20代前半でFPを学び、それまで4年勤めた大手保険会社営業職を辞めて1997年にFPとして独立。企業でのライフプラン研修や、おひとりさま女性の「将来のお金」の相談などを行っている。潟vラチナ・コンシェルジュ所属

当記事で提供する情報はあくまでも個人による一般的な意見です。当情報の利用およびその情報に基づく判断は読者の皆様の責任によって行ってください。個別の商品・サービスの詳細はそれぞれの規約・約款等をご確認ください。

この記事の関連リンク
海外旅行保険 比較あなたにピッタリの海外旅行保険が見つかる!
海外旅行保険の選び方海外旅行の選び方をステップごとにご紹介。せっかくの海外旅行を、不安なく楽しみましょう。
海外旅行保険の商品を探す

このページの先頭へ

  • 保険
  • 海外旅行保険
  • 海外旅行保険は出発当日でも加入できますか?価格.com

Copyright © Kakaku.com insurance, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止