70歳以上でも加入できる海外旅行保険

  1. ホーム
  2. 保険
  3. 海外旅行保険 比較
  4. 70歳以上でも加入できる海外旅行保険

「価格.com 保険」は、株式会社 カカクコム・インシュアランスが保険契約締結の代理・媒介を行います。

海外旅行保険を学ぶ

70歳以上でも加入できる
海外旅行保険

70歳以上でもオンラインで申し込みできる
海外旅行保険があることをご存知ですか?

70歳以上でもオンライン加入できる保険会社

カカクコム・インシュアランスで取り扱っている保険会社では、被保険者が70歳以上であってもオンライン契約ができる保険会社もございます。
契約には年齢制限の他、疾病、持病の有無、旅行日数など、注意しなければならない点もございますので、詳細は各保険会社へお問い合わせください。

70歳以上の方が海外旅行保険に加入する場合の注意点は?

70歳以上の方が海外旅行保険に加入する場合の注意点は? 海外旅行保険の年齢条件は、加入時の年齢ではなく出発時の年齢が基準となります。70歳以上の場合は、69歳以下と比べ保険料が異なる会社があるので注意が必要です。
また、病気の治療中の方やお薬を飲まれている方などは加入できない保険会社や、加入できても既応症が補償の対象とならない保険会社があります。
ただし、以下のケースは病気(持病)にあたらない会社もありますので、これらを参考に詳しくは保険会社に確認してから加入することをおすすめいたします。

<健康上の異常にあたらないケース>

  • ・かぜ、感冒またはインフルエンザ
  • ・食中毒(O-157を含みます。)
  • ・すり傷、切り傷、やけど等で軽症かつ定期的な医師の治療を要しないもの
  • ・あせも・アトピー・イボ・じんましん(蕁麻疹)
  • ・入院または入院予定のない花粉症・水虫(白癬症)・痔
  • ・虫歯
  • ・避妊のためのピル服用
  • ・疾病の治療等ではなく健康増進のための行為(市販のビタミン薬の服用等)
  • ・医師に指示されていない薬(市販のかぜ薬・胃腸薬等)の服用

※病気・持病等の基準は保険会社によって異なります。詳しくは保険会社に直接お問い合わせください。

治療・救援費用の支払い金額はシニア層に多い?!

2013年度のジェイアイ傷害火災の海外旅行保険事故データによると、シニア層(65歳以上)が「治療・救援費用」の支払金額の5割を占めています。特に転倒による骨折や脳疾患・肺炎等が原因となっているようです。

2013年度ジェイアイ傷害火災 シニア(65歳以上) 高額医療事故事例

国名 事故内容 支払保険金
ギリシャ クルーズ中に咳が止まらなくなったため下船し受診。肺炎と診断され 28日間入院。家族が駆けつける。 3,056万円
ハワイ 往路機内で呼吸困難となり到着後に受診。心筋梗塞と診断され11日間入院。家族が駆けつける。 1,500万円
イタリア 山道を歩行中にバランスを崩し転倒。リュックの重さで背中から20m滑り落ち岩に頭を強打しヘリコプターで搬送。全身打撲・脊髄損傷と診断され10 日間入院。家族が駆けつける。 医師・看護師が付き添い医療搬送 3,056万円

(ジェイアイ傷害火災調べ)

海外での高額医療事故事例を考慮して、万一の際に困らないように加入する保険金額については十分に検討することが必要です。

年齢制限の他、日数制限にもご注意!

70歳以上の場合は保険会社によっても異なりますが、最長でも3ヶ月までの加入となります(2014年7月15日現在)。3ヶ月以上の海外旅行に行く場合はインターネットでご契約をすることができませんので、お電話にてお問い合わせいただく必要があります。

  • このページは、保険の概要についてご紹介したものです。取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なりますので、ご契約にあたっては、必ず「重要事項説明書」をよくご確認ください。ご不明な点等がある場合には、代理店までお問い合わせください。

関連リンク

このページの先頭へ