がん保険の選び方 - がん保険とは -

「価格.com 保険」は、株式会社 カカクコム・インシュアランスが保険契約締結の代理・媒介を行います。

がん保険の特徴とは?がん保険ではどんなことを
保障できるか解説します。

  • Twitterにツイートする

がん保険とは

がん保険とは、原則として「がん(癌)」のみを対象として保障する保険です。一般的には、以下の4つが主な保障となっており、闘病資金をまかなうことができる保険です。

  • @がんと診断されたときに給付される診断給付金
  • Aがん治療のために入院されたときに給付される入院給付金
  • Bがんで所定の手術をされたときに給付される手術給付金
  • C抗がん剤などで通院のされたときに通院給付金

平成18年6月に成立された「がん対策基本法」において、がん患者さんの意向が治療方針に反映されるようになりました。その結果、がんの治療は患者さんそれぞれの環境や価値観などが盛り込まれるようになり、治療法も多岐にわたるようになり、がん保険も多様化してきています。

どんな時に給付金がもらえるの?

そのほか、がん保険で保障される内容には、下記のようなものがあります。保険商品によって、保障内容が異なるため、ご自身の希望するがん保険を選ぶには、まず「どの保障が必要なのか」を明確にしましょう。

どんな時に 何が支払われるか
がんと診断(確定)されたとき (例)診断給付金
がん治療を目的として入院されたとき (例)入院給付金
がんで入院した後、退院されたとき (例)退院給付金
抗がん剤治療のため通院されたとき (例)通院給付金
がんで所定の手術を受けたとき (例)手術給付金
がんの緩和ケア(末期医療)受けたとき (例)緩和ケア給付金
がんの先進医療を受けたとき (例)先進医療給付金
がんで後遺障害になられたき (例)後遺障害給付金
がんで自由診療を受けられたとき (例)かかった費用分の保険金

入院給付金に制限がない?!

医療保険では、入院した場合でも「1回の入院限度日数」と「通算限度日数」により入院給付金の支払日数に制限があります。そのため、同じ病気で入退院を繰り返した場合、退院から所定の日数(180日など)が経過していないと「1回の入院」とみなされてしまい、入院給付金が出ない場合がありました。

ですが、がんは入退院を繰り返すことが多い病気ですので、がん保険では入院給付金の支払限度日数に制限がありません。

加入して一定期間は保障されない?!

一般的にがん保険は、契約後、3ヶ月(保険会社によって異なる)は、がんになっても保障が受けられません。これは、具合が悪くなった人や自身でしこりを発見した人が、病院に行く前に「これは癌かもしれない!」と考え、駆け込み加入することを防ぐためです。

カカクコム・インシュアランスの専門家に相談する

あなたに最適な保険選びのサポートや保険に関する疑問・質問にプロがアドバイス!メールや電話で全国どこでも、無料でお応えします! 保険相談

無料相談

いざという時に備え、「安心」を探す

保険の提案をしてもらう

保険ご加入に関する
ご相談を、専門家が
アドバイスいたします。

カカクコム・インシュアランス受付窓口

保険を比較する

このページの先頭へ