価格.com

保険

カカクコム・インシュアランス

がんの治療費

「価格.com 保険」は、株式会社 カカクコム・インシュアランスが保険契約締結の代理・媒介を行います。

がん保険を学ぶ

がんの治療費

がんの治療費は、実際どのぐらいかかるのでしょうか? 治療法の変化とともに長期入院が中心ではなくなり、費用も変化しているようです。
このページでは、がんの治療中どんなことにお金がかかるのか、治療費負担軽減のために利用できる公的な制度などについて解説します。

がんの治療にかかるお金

がんの治療は、がんになった場所や病気の進み具合などによって多様化しています。加えて、がん治療を含む病気治療が、これまで中心だった長期入院から、短期の入院と通院を組み合わせた治療に変わってきているため、かかる治療費もさまざまです。

がんの治療費と聞くと、高額なイメージがあるかもしれません。しかし、70歳になるまでは健康保険によって治療費は3割負担なので、仮に100万円かかったとしても30万円の支払いになります。ほかにも公的な医療保険制度があるため、実際に支払う治療費はもっと減らせる可能性があります。では、がんの治療をするときにどんな制度が利用でき、どのぐらいの治療費がかかるのかを見ていきましょう。

実際に支払うお金

がんの治療費(入院費) 平成29年度

傷病分類 退院患者平均在院日数 入院
3割負担の場合 高額療養費制度
適用後のめやす自己負担額
(※1)
1日あたり費用 めやす窓口支払総額
胃の悪性新生物(胃がん) 19.3日 15,100円 290,700円 87,100円
結腸の悪性新生物(大腸がん) 16.1日 16,200円 261,300円 86,100円
直腸の悪性新生物(直腸がん) 16.9日 17,300円 291,500円 87,100円
肝の悪性新生物(肝がん) 17.4日 15,300円 265,700円 86,300円
気管・気管支、肺の悪性新生物(肺がん、気管がん) 17.6日 15,800円 278,300円 86,700円
乳房の悪性新生物(乳がん) 12.1日 17,700円 213,800円 84,600円
その他悪性新生物(卵巣がん/食道がん) 17.6日 15,000円 264,000円 86,200円
その他の新生物(子宮筋腫/上皮内がん) 13.9日 18,800円 261,500円 86,100円

一般的な収入ならば、ひと月の治療費の自己負担額の上限は9万円くらいです

  • 参考:厚生労働省「医療給付実態調査 平成28年度」「患者調査 平成29年」
  • 「退院患者平均在院日数」は、手術ありと手術なしの単純平均。厚生労働省 患者調査 平成29年 「閲覧第76表 退院患者平均在院日数,性・年齢階級×傷病中分類×手術の有無別」より
  • 「1日あたりの費用」は、試算期間における1日あたり3割負担の場合の入院費用。医療給付実態調査 報告書 平成28年度「第3表 疾病分類別、診療種類別、制度別 件数・日数(回数)・点数(金額)」より
  • 「めやす窓口支払総額」は、試算期間における入院時の総医療費を3割負担した場合の費用。医療給付実態調査 報告書 平成28年度「第3表 疾病分類別、診療種類別、制度別 件数・日数(回数)・点数(金額)」より
  • 1 高額療養費制度を適用した場合の金額は、退院患者平均在院日数と入院3割負担の場合のめやす窓口支払総額を元に、月初(1日)から入院したと仮定し、「区分ウ 標準報酬月額28万〜50万円の方・70歳未満」の条件で計算しています。また、4ヶ月以上入院の場合には、4ヶ月目以降の限度額を44,400円としています。差額ベッド代や食事代、先進医療の費用など健康保険の対象にならない費用は含まれません。詳細は、高額療養費計算を参照ください
  • 上記「がんの治療費(入院費) 平成29年度」表内の各金額は、算出された値を10円単位で四捨五入した金額です。あくまでめやすとしてご覧ください

治療費の負担を軽くするための公的医療保険制度に「高額療養費」があります。ひと月の治療費の支払いが一定額(自己負担限度額)より多くなると、超えた分の費用が払い戻される制度です。その人の収入(標準報酬月額)によってひと月の限度額は変わりますが、表のデータにあるように、一般的な収入ならば、実際に支払う毎月の治療費の上限は9万円弱で済みます。

高額療養費は、月の初めから終わりまでの1か月間でかかった治療費をベースに計算されます。そのため、月をまたいで治療費がかかった場合は、それぞれの月で計算されることになります。入院や治療の時期は自分でコントロールできませんが、タイミングによっては金額的に高額療養費の対象にならないことがあるということも把握しておくとよいでしょう。

月をまたぐと高額療養費に差が・・・

例)ひと月の自己負担上限額が9万円で、入院して30万円(窓口での自己負担医療費)かかった場合

月をまたぐと高額療養費に差が・・・

なお、高額療養費の対象となる費用には、個室などに入院すると必要な差額ベッド代、食事代、先進医療の技術料などは含まれません。

先進医療の治療費

先進医療とは、高度な医療技術を用いた健康保険適用外の治療法のことで、先進医療にかかる技術料は全額自己負担となります。がんの治療でいうと、放射線治療である「陽子線治療」や「重粒子線治療」(放射線治療で一般的なX線治療に比べて、健康な細胞に当たる放射線の量を減らし、よりピンポイントにがんを死滅させる効果がある治療法)などが先進医療に指定されています。

  • 先進医療を受けた場合でも、通常の治療と共通する部分(診察、検査、投薬、入院料)は、公的医療保険の対象となります。自己負担が一定額を超えた場合は高額療養費制度が利用できます

先進医療にかかる費用は医療機関によって異なりますが、「陽子線治療」や「重粒子線治療」を受けると約200万〜300万円の費用が必要といわれています。最近では民間の保険会社で加入する医療保険がん保険などには、先進医療による治療費をカバーする特約が付けられるようになっています。

先進医療への備えがほしいときは、医療保険やがん保険に特約などで付加できます

がんの治療費と公的制度(高額療養費、傷病手当金、障害年金)

がんの治療費の負担を軽くする公的制度には、前述した高額療養費制度のほかに、傷病手当金障害年金があります。

傷病手当金

会社員や公務員などの給与所得者は、病気やケガで働けない期間に、1日あたりの給与額の2/3程度の傷病手当金を受給できます(最長1年6か月)。ただし、傷病手当金は会社員や公務員などが加入している健康保険から支給されるものなので、国民健康保険に加入している自営業の人などは対象になりません。

障害年金

意外と知られていませんが、がんでも障害状態と認定されると、障害年金が受給できます。障害と認定されるかどうかは病気の状態によって変わってくるので、がんになったすべての人が受給できるわけではありませんが、いざというときに検討できるよう、覚えておくとよいでしょう。

がんの治療費負担を軽くするには、
@高額療養費 A傷病手当金 B障害年金
が使える可能性があります

がんと診断されると、治療法の選択や家族のことなど、考えなければならないことがたくさん出てきます。がんの治療の際にはどんな公的制度が使えるのか事前に理解しておき、少しでも治療費の心配を軽減させましょう。

治療費以外にかかるお金

がん治療の技術が進歩し、抗がん剤の治療も通院で対応できるようになりました。これまでのように入院治療が中心でなくなったことで、治療費以外にかかるお金について考える必要が出てきたのが、近年のがん治療の特徴でもあります。具体的にいくつかの例を見ていきましょう。

交通費

入院期間が短くなり通院が増えると、病院への交通費が案外かかるものです。電車やバス代だけでなく、移動がつらいときにタクシー代を出す余裕があると、体への負担が軽くなります。また、通院治療をしながら仕事をする人も、調子の悪い日はタクシーで通勤することができれば、無理せず仕事が続けられるのではないでしょうか。

家事代行・ウイッグなど

医療や介護の分野で近年大切にされているものが、QOL(Quality of Life、生活の質)です。病気でも、いつもどおりの自分らしい生活を維持するためにお金が使えれば、治療中のQOLも保たれます。たとえば、抗がん剤治療中で髪が抜けてしまっているときには、友人と会うのもお見舞いに来てもらうのもおっくうになるでしょう。しかしウイッグをつけていれば、これまでどおりに友人と過ごせるかもしれません。小さな子どもがいる家庭では、治療と子育てで手いっぱいで満足に家事ができないときも、家事代行をお願いするお金があれば、家族全員のQOLが維持できるでしょう。

治療中の生活費

治療中でも、生活費はかかり続けます。給料など毎月の収入が変わらなければ、ある程度の治療費がかかっても生活していけますが、通院治療のための休みが取りづらい職場や職種だと、同じ条件では働けなくなる可能性もあります。病状によっては、これまでどおりに働くこと自体が体力的に難しく、収入がなくなってしまうこともあるでしょう。ほかに稼ぎ手のいる家庭ならまだしも、1人で家計を支えている場合や、個人事業主の場合は、突然収入が途絶えることになります。最も切実なお金の問題になるかもしれませんので、いざというときでも生活費は確保できるようにしておくと安心でしょう。

参考:1世帯あたりのひと月の生活費=315,314円 参考:1世帯あたりのひと月の生活費
=315,314円
  • 2018年 総務省「家計調査」 2人以上の勤労者世帯の消費支出より

近年のがん治療では、医療費以外のお金も考えておく必要があります。治療しながら働くことや、自分らしい生活を維持することを目指しましょう

これらの治療費以外のお金は、入院治療が前提で、がんが死に直結する病気だったときにはあまり注目されてこなかったものです。がん治療の変化とともに民間の保険では、通院給付金や働けなくなったときの収入をサポートする就業不能給付金が受け取れるものなど、入院していない期間の生活にも備える商品が増えています。

がんの治療費と医療費控除

その年の1/1〜12/31にかかった治療費は、確定申告をすることで医療費控除(自分や家族のために支払った治療費の一部を税金から差し引く制度)の対象になります。医療費控除は年末調整では手続きできないので、通常確定申告をしないサラリーマンの方も確定申告する必要があります。がんの治療費も医療費控除の対象になるので、忘れずに確定申告するようにしましょう。

まとめ

がんの治療には、たくさんのお金がかかると思っていたかもしれませんが、公的な制度を利用すれば治療費を抑えることができます。健康なうちにさまざまな制度の内容を理解しておき、いざというときに自己負担を減らせるようにしましょう。自分や家族ががんになったとき、どんな治療を選び、どんな生活を送りたいのかによって、備えるべき費用は違います。先進医療や自分らしい生活を維持しながら治療を受けたいと思うのであれば、民間の保険の保障なども含めて検討しておきましょう。

AFH234-2019-5763 10月3日(211003)

がん保険について学んだら、実際に商品を見てみましょう

がん保険を
一括比較

対象者(被保険者)の年齢・性別

年齢 

性別 

やっぱり保険は難しい、分からないという方は、保険なんでも無料相談

保険に関することはなんでもお気軽に
ご相談ください!

  • 保険をはじめて検討するけど、どう選べばいいのか分からない
  • 持病があるけど、保険に入れるかどうか調べてほしい
  • いま契約している保障で安心していいか、チェックしてほしい

相談は何度でも無料!

カカクコム・インシュアランス 相談受付
0120-057-521(無料)
平日10:30〜19:30 / 土日祝10:30〜18:30
保険の無料相談を申し込む

このページの先頭へ

  • 保険
  • がん保険
  • がん保険の選び方
  • がんの治療費価格.com

© Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止