がん保険の選び方 - がんの治療法 -

「価格.com 保険」は、株式会社 カカクコム・インシュアランスが保険契約締結の代理・媒介を行います。

がん(癌)にはどんな治療法があるのでしょうか。
がん治療技術の特徴について解説します。

  • Twitterにツイートする

がんの治療法

がんの治療法は、大きく分けると、手術療法(外科治療)、放射線療法、化学療法(抗がん剤治療など)の3つがあげられます。

医師はがん患者と相談しながら最善の治療法を探し出します。手術療法が多く選択されるがん治療ですが、手術以外の選択肢も増えています。また、病気の進行度やがん患者の体の状態によっても、様々な治療法が選択されることやそれぞれの治療法が併用されることがあります。

治療法 説明・特徴
手術療法 メスなどを用いてがんを取り除きます。胸部や腹部を切り開いて行うのが一般的ですが、病状によっては、内視鏡や腹腔鏡を用いた体への負担が小さい手術も行われるようになりました。
放射線療法 がんに放射線を照射する治療法です。がん細胞内の遺伝子にダメージを与え、がんを死滅させたり小さくしたりします。照射部位の皮膚や消火器に副作用が出ることがありますが、一般的には手術と比較して体への負担が小さい治療法です。
化学療法
(抗がん剤療法)
注射や点滴、または飲み薬で治療します。化学物質(抗がん剤)を用いて行う治療法です。薬剤が血液から全身に回るため、全身に対して効果が期待できます。化学療法は強い副作用が出ることもありますが、最近では、副作用の少ない薬剤の開発が進んでいます。
免疫療法 免疫療法とは、免疫担当細胞(サイトカイン)、抗体等を活性化する物質を用いて免疫機能を目的の方向に導く治療法です。がんの治療では、現在広く行われている外科療法、化学療法、放射線療法に続き、免疫療法が第4の治療法として期待されています。
温熱療法 温熱療法は、がん細胞が正常細胞と比べて熱に弱いという性質を利用した、がんの治療法です。この治療法の対象となるのは、通常の治療法では治すことが難しい局所進行がんや再発がんです。
代替療法
(健康食品やサプリメント)
健康食品やサプリメントをはじめとした、がんの代替療法(民間療法)の有効性や安全性を科学的な方法で評価しようという気運が世界的に高まっています。
造血幹細胞移植 放射線治療や抗がん剤の投与は投与量や占領を増加させていくと、許容範囲を超えた時点でなんらかの毒性のために、それ以上の増量が出来なくなります。造血幹細胞移植とは大量の抗がん剤、全身放射線照射を用いる強力な治療を移植前処置を行い、患者の骨髄とともにがんの壊滅を行った後で、象兼官細胞を移植することで、造血能を補うという治療法です。
  • ※参考:独立行政法人国立がん研究センターがん対策情報センターがん情報サービス

カカクコム・インシュアランスの専門家に相談する

あなたに最適な保険選びのサポートや保険に関する疑問・質問にプロがアドバイス!メールや電話で全国どこでも、無料でお応えします! 保険相談

無料相談

いざという時に備え、「安心」を探す

保険の提案をしてもらう

保険ご加入に関する
ご相談を、専門家が
アドバイスいたします。

カカクコム・インシュアランス受付窓口

保険を比較する

このページの先頭へ