がん保険の選び方 - がん保険と医療保険の違い -

ホーム > 保険 > がん保険 比較 > がん保険 選び方 > がん保険と医療保険の違い

「価格.com 保険」は、株式会社 カカクコム・インシュアランスが保険契約締結の代理・媒介を行います。

がん保険と医療保険の違いは何でしょうか。
がん保険の特徴や保障範囲を比較してみましょう。

  • Twitterにツイートする

医療保険でも、がんは保障される?

「医療保険に加入しているからがん保険は検討してない」という声を耳にします。おっしゃるとおり、医療保険に加入していれば、がんも給付対象になります。しかし医療保険だけで十分ながんの保障となりうるのでしょうか?ここではがん保険と医療保険の違いについて比較してみましょう。

がんは入退院を繰り返すことが多い病気ですので、がん保険では「入院給付金の支払限度日数に制限がない」ところが医療保険と大きく異なります。以下は主な特徴の比較表になります。

がん保険と医療保険の違い

  がん保険 医療保険
支払対象 がんのみ 疾病およびケガ
支払限度日数
(入通院)
なし(無制限) あり(商品により異なります)
保障内容 ・入院・手術だけでなく診断、通院なども付帯
・先進医療、抗がん剤、放射線治療など治療
・技術の進歩とともに保障内容も幅広く
・入院・手術がメインの保障
・その他の保障は特約で選択可
加入制限 ・職業、加入状況によって加入制限あり
・既往症があっても、がんまたはがんに起因する病気でなければ比較的加入が容易な傾向
・職業、加入状況によって加入制限あり
・既往症があると加入が難しくなる傾向

がん保険は、がんの保障に特化

がん保険はがんを治療するため特化した保障内容になっています。再発などで治療期間が長期化したり、入院を最小限にとどめて通院にて抗がん剤治療や放射線治療を施すようながん治療には、医療保険では対応しきれなくなってきていることは否めません。「がん」がどうしても心配という方は、医療保険だけではなく、がん保険も併せて検討してみてはいかがでしょうか。

がん保険と医療保険の保障範囲

がん保険と医療保険の保障範囲の図

カカクコム・インシュアランスの専門家に相談する

あなたに最適な保険選びのサポートや保険に関する疑問・質問にプロがアドバイス!メールや電話で全国どこでも、無料でお応えします! 保険相談

無料相談

いざという時に備え、「安心」を探す

保険の提案をしてもらう

保険ご加入に関する
ご相談を、専門家が
アドバイスいたします。

カカクコム・インシュアランス受付窓口

保険を比較する

このページの先頭へ