価格.com

保険

カカクコム・インシュアランス

三大疾病保障プラン

「価格.com 保険」は、株式会社 カカクコム・インシュアランスが保険契約締結の代理・媒介を行います。

三大疾病保障プラン

ランキング概要:申込件数が多い順。カカクコム・インシュアランス調べ(調査期間2019/6/1〜2019/8/31)

アフラック

三大疾病保障プラン

保険金額200万円 終身払(個別取扱)

月払保険料:5,124

試算条件

30歳 男性 保険金額:200万円 保険料払込期間:終身

試算条件を変更する

お気に入り

商品概要

日本人の死亡原因の約4割を占める三大疾病。※1
入院中の生活費やリハビリなど思いがけない費用がかかる場合もあります。
年齢を重ねるほどに心配な「三大疾病」のリスクに一時金でしっかり備えます。

※1 厚生労働省「平成28年人口動態統計」

保障内容

三大疾病保障

がん(悪性新生物)と初めて診断確定されたとき

三大疾病保険金

1回限り 200万円

「がん(悪性新生物)」と診断確定されたとき。

・「がん(悪性新生物)」による三大疾病保険金は、保障の開始まで待ち期間(保障されない期間)がありますので、ご注意ください。

急性心筋梗塞で所定の状態に該当したとき

三大疾病保険金

1回限り 200万円

急性心筋梗塞で所定の状態になったとき。

・急性心筋梗塞を発病し、初めて医師の診療をうけた日から、その日を含めて60日以上、労働の制限を必要とする状態(軽い家事等の軽労働や事務等の座業はできるが、それ以上の活動では制限を必要とする状態)が継続したと、医師によって診断されたとき。

脳卒中で所定の状態に該当したとき

三大疾病保険金

1回限り 200万円

脳卒中で所定の状態になったとき。

・脳卒中を発病し、初めて医師の診療をうけた日から、その日を含めて60日以上、言語障害、運動失調、麻痺等の他覚的な神経学的後遺症が継続したと、医師によって診断されたとき。

三大疾病保障の備考

※ 三大疾病保険金または高度障害保険金をお支払いした場合は、そのお支払い事由に該当したときにさかのぼって、ご契約は消滅します。
※ 「がん(悪性新生物)」による三大疾病保険金の保障開始の前日以前に、「がん(悪性新生物)」と診断確定された場合には、「がん(悪性新生物)」による三大疾病保険金のお支払いはできません。
※ 保障の開始より前に発病した病気を原因として「急性心筋梗塞」「脳卒中」を発病した場合は、「三大疾病保険金」のお支払いはできません。
● 三大疾病保険金、死亡保険金、高度障害保険金は、重複してお支払いしません。

死亡・高度障害時の保障

死亡したとき

死亡保険金

200万円

死亡したとき。

高度障害状態になったとき

高度障害保険金

200万円

病気・ケガを原因として、所定の高度障害状態になったとき。

死亡・高度障害時の保障の備考

※ 三大疾病保険金または高度障害保険金をお支払いした場合は、そのお支払い事由に該当したときにさかのぼって、ご契約は消滅します。
※ 保障の開始より前に発病した病気、保障の開始より前に生じたケガにより高度障害状態に該当した場合、「高度障害保険金」のお支払いはできません。
● 三大疾病保険金、死亡保険金、高度障害保険金は、重複してお支払いしません。

その他保障に関する情報

解約払戻金

あり

解約された場合、ご契約の年齢、経過年数などに応じて解約払戻金をお支払いします。ただし、短期間で解約された場合、解約払戻金はないかあってもごくわずかです。

備考

  • ●妊娠8ヶ月(28週)以上の方はお申込みいただけません。
  • ●この保険には満期保険金や配当金はありません。
  • ●上記に表示されている保険料は個別取扱の場合です。

商品情報

引受保険会社 アフラック
商品正式名称 三大疾病保障終身保険
加入年齢 満5歳〜満80歳
保険期間 終身
保険料払込期間 終身
保険料払込方法 口座振替・クレジットカード払い
保険料払込回数 月払・半年払・年払
申込方法 資料請求対面販売
保障概要
  • 死亡保険金あり
  • 高度障害保険金あり
  • 診断給付金あり
サポート
貯蓄性
  • 解約返戻金あり

上記項目の説明・注意事項

専門家レビュー

  • 中村 宏

    がん、急性心筋梗塞、脳卒中の三大疾病にかかったときに一時金が払われる保険

    中村 宏(CFP(R)/1級ファイナンシャル・プランニング技能士/FPオフィス ワーク・ワークス代表)

    執筆日:2017年05月02日

    この保険は、所定のがん(悪性新生物)、急性心筋梗塞、脳卒中の三大疾病にかかった場合に、一時金が支払われる終身保険です。これらの疾病は入院が長期化して費用がかかる場合があるため、受け取ったお金を治療や入院に必要な費用に充当することができます。
    なお、保険金が1度払われると契約は消滅します。また、三大疾病にかからず死亡した場合や高度障害状態になった場合も保険金は支払われます。

    契約前の注意点としては、一時金が払われる要件を事前に確認すること。
    例えば、がん(悪性新生物)は、当初3ヶ月は診断が確定しても、待ち期間として保険金が払われません。急性心筋梗塞は「発病して60日以上労働の制限を必要とする状態が継続したとき」、脳卒中は「発病して60日以上他覚的な神経学的後遺症が継続したとき」などが要件となっています。

    なお、この保険は掛け捨ての保険ではありません。そのため解約すると「解約払戻金」を受け取ることができます。ただし、契約後短期間に解約すると解約払戻金がまったくないか、あってもごくわずかです。

    ※この記載内容は、ファイナンシャル・プランナーの見解です。詳細は「契約概要」等をご覧ください。

  • 川上 壮太

    解約返戻金がある三大疾病保障保険

    川上 壮太(CFP(R)/1級ファイナンシャル・プランニング技能士/サニーサイド・ファイナンシャルプラニング)

    執筆日:2017年05月31日

    アフラックの「三大疾病保障プラン」は、
    @初めてがんと診断確定された時
    A急性心筋梗塞・脳卒中で所定の状態に該当した時
    B死亡・高度障害状態になった時
    上記の場合に保険金が一回だけ支払われる保険です。

    三大疾病の保障は、特約として医療保険などに付加できる形態のものもありますが、この保険では三大疾病への保障が主契約となっています。

    保険料の支払い方法が終身払いのみになっているため、長期間、保険料を支払い続けると、保険料の累計が保険金を上回ってしまうことがあります。

    保険金額200万円の場合、50歳男性の保険料は、月額8,878円ですので、約19年で保険料累計が保険金額同等になってしまいます。

    また、この保険には解約すると解約返戻金があります。

    以上の条件を良く検討し、単に貯蓄で三大疾病に備えるか、三大疾病を保障する保険を活用するか、良く検討した上で、選択をされると良いでしょう。

    ※この記載内容は、ファイナンシャル・プランナーの見解です。詳細は「契約概要」等をご覧ください。

備考

  • 保険金額によっては面談が必要になります。

AFH234-2018-5389 7月3日(200703)
記載している保険料および保障内容などは2019年04月01日現在のものです。

表示の保険料・金額は一例ですので、前提条件(被保険者の年齢や性別等)によって保険料・金額が変わります。保険商品を選択される際には、保険料だけでなく、保障の内容等他の要素も含め総合的に比較・検討くださいますようお願いいたします。各商品の詳細については、資料をお取り寄せのうえ必ず「パンフレット」、「契約概要」、「注意喚起情報」、「ご契約のしおり・約款」等をお読みいただき、保険料についてはパンフレット等でご確認ください。

アフラックの取扱商品

アフラック

保険の無料相談

保険に関することはなんでもお気軽に
ご相談ください!

こんな方は、ぜひご相談ください。

  • どの保険を選んだらいいか分からない
  • 現在加入している保険を見直したい
  • 今の自分にあった最適な保険を知りたい

■電話でのご相談

カカクコム・インシュアランス 相談受付
0120-057-521(無料)
平日10:30〜19:30 / 土日祝10:30〜18:30

■メールでのご相談

保険の無料相談を申し込む

関連リンク

このページの先頭へ

  • 保険
  • 生命保険 比較
  • 終身保険 比較
  • アフラック 終身保険
  • 三大疾病保障プラン を比較できるサイト価格.com

© Kakaku.com insurance, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止