価格.com

保険

カカクコム・インシュアランス

犬の中耳炎の症状・原因と治療法

「価格.com 保険」は、株式会社 カカクコム・インシュアランスが保険契約締結の代理・媒介を行います。

犬の耳の病気

犬の中耳炎

犬の中耳炎とは、どのような傷病なのでしょうか?
症状や原因、治療法について見てみましょう。

犬の中耳炎ってどんな病気?

中耳(ちゅうじ)の炎症を中耳炎といいます。中耳とは鼓膜とその奥の空間(鼓室)をさします。
細菌感染が原因になることが多く、外耳炎から鼓膜を通って中耳炎に波及することが多いです。
難治性の外耳炎や、外耳炎の治療を十分にしていなかった場合などリスクが高まります。

※内耳炎
内耳(ないじ)の炎症を内耳炎といいます。内耳は、中耳からさらに奥にある場所でバランスを司る三半規管などがあります。一般的に慢性化した中耳炎から内耳炎に波及します。顔面の神経が麻痺したり、耳が聞こえづらくなったりします。

また、瞳孔の大きさが左右で異なる、通常は目頭にしまわれている第三眼瞼(がんけん)が出てくるなど、目の症状がみられることもあります。重症かつ重度の感染がみられる場合は、入院治療が必要となります。

犬の中耳炎

どんな症状なの?

[外耳炎の症状]
・耳垢の量が増える
・耳をかゆがる
・頭を振る
・耳を床にこすりつける

くさいにおいがしたり、耳が赤く腫れたり湿疹ができることもあります。軽度では、耳を気にする回数が増える、といった症状しかみられないこともあります。

重度になると、強い炎症による痛みから耳の付近を触られることを嫌がるようになったり、耳道が腫れ、耳の穴が塞がってしまったり、耳の中から膿(うみ)が垂れてきたりすることもあります。

通常は、外耳炎の症状のあとに、下記の症状がみられるようになります。
・頭を振る
・耳を痛がる
・顔が傾いている など

顔面神経の麻痺などがみられる場合もあります。

原因はなに?

主な原因は外耳炎の症状の悪化で、細菌感染による外耳炎が中耳まで波及したケースが多いです。この細菌感染のほかにも、真菌(カビ)の繁殖、耳ダニなどの寄生虫感染、アトピーやアレルギー、腫瘍、植物の種などが耳に入ってしまう、などがあります。ほかには、中耳内の腫瘍などがあることが原因となることもあります。

かかりやすい犬種はいるの?

スパニエル種など、垂れ耳で耳の長い品種がかかりやすいです。

犬の中耳炎の治療法には、どんなものがあるの?

投薬
細菌に効果のある薬や、炎症を抑える薬を内服します。

外科手術/患部の洗浄
投薬などの内科的な治療でなかなか効果がでない場合は、外科的に鼓室を切開し洗浄することもあります。

犬の中耳炎の治療費例

中耳炎にかかってしまった場合、どのくらいの治療費がかかるのでしょうか?
保険会社の保険金支払いデータをもとにした治療費の例を見てみましょう。

犬種:キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル(4歳)
内容:通院1日
診療明細例
診療項目(内容) 金額
診察 1,000
耳鏡検査 1,000
処方 3,500
合計 5,500円
  • アニコム損害保険株式会社へご請求いただいた際の一例です。
  • 金額はあくまで一例であり、平均・水準を示すものではありません。
  • 各診療項目の金額は動物病院によって異なりますのでご了承ください。

中耳炎にならないための予防法はあるの?

こまめな観察
中耳炎の主な原因は、外耳炎の悪化であるため、外耳炎を患っているときは、早い段階でしっかりと完治することが大切です。
外耳炎は再発することも多いため、梅雨の時期などはこまめに観察し発症しないように気をつけましょう。

耳を清潔に保つ
耳を清潔に保つために耳掃除は必要ですが、やり過ぎると逆に耳を傷つけてしまうこともあるので、適度に行うようにしましょう。

気になる症状が見られたら、早めに病院で検査するようにしましょう。

執筆者プロフィール
三宅 亜希(みやけ あき)
三宅 亜希(みやけ あき) 獣医師 獣医師/電話どうぶつ病院Anicli24 院長
ペット保険の商品を探す

このページの先頭へ

  • 保険
  • ペット保険
  • 犬の病気
  • 犬の耳の病気
  • 犬の中耳炎の症状・原因と治療法について獣医師が解説価格.com

© Kakaku.com insurance, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止