価格.com

保険

カカクコム・インシュアランス

犬の耳血腫の症状・原因と治療法

「価格.com 保険」は、株式会社 カカクコム・インシュアランスが保険契約締結の代理・媒介を行います。

犬の耳の病気

犬の耳血腫

犬の耳血腫とは、どのような傷病なのでしょうか?
症状や原因、治療法について見てみましょう。

犬の耳血腫ってどんな病気?

耳介(じかい:一般的に耳と呼ばれている部位)にある軟骨内に血液が溜まる病気です。
なんらかの原因により耳介の軟骨内で出血し、血液が溜まります。突然、耳がぷっくりと腫れるのでびっくりされる飼い主さんも多いです。

基本的に、軟骨の出血は、耳介に強い衝撃が加わることで起きます。
多くは、外耳炎などの病気を患っている犬が、かゆみや不快感から耳を掻いたり頭を振ったりするために起こることが多いです。
とくに垂れ耳の犬は、頭を振る際に耳介が頭部に打ち付けられるため、強い衝撃が加わりやすいです。

耳血腫(じけっしゅ)の初期段階では、耳介の軟骨内に溜まった血液を何度か抜くことでよくなります。しかし、全身麻酔下での外科的な処置が必要になることも少なくありません。

犬の耳血腫

どんな症状なの?

・耳が腫れる

耳血腫の症状は、耳介がぷっくりと腫れるものです。耳が腫れる前には、耳を掻いたり頭を振ったりする仕草をしていたと考えられます。
また、痛みによりイライラして攻撃性が増したり、耳のそばを触られることを拒むようになる犬もいます。
腫れたまま放置をすると耳が変形してしまうこともあります。

原因はなに?

外耳炎(細菌感染、真菌(カビ)感染、寄生虫感染、アレルギー性など)や中耳炎などによる耳のかゆみや違和感から、耳を掻いたり頭を振ったりすることにより、耳介の軟骨内で出血が起こると考えられます。

かかりやすい犬種はいるの?

耳が垂れている犬種(ビーグル、ゴールデン・レトリーバー、トイプードルなど)や、外耳炎を患っている犬がかかりやすいです。

犬の耳血腫の治療法には、どんなものがあるの?

耳介部にたまった血液を抜く
初期段階であれば、患部に針を刺し、貯留した血液を抜くことでよくなります。ただ、抜いても再度溜まるため、血液を抜く治療は、日を置いて数回行う必要があります。

この方法が効かない場合や、耳血腫になってからかなり日数が経過している場合などは、耳介部から常に血液が排出できるよう小さな穴を開けることがあります。

耳介部に血液が溜まりにくくする
血液が溜まりにくくするため、耳介の皮膚と軟骨を糸で数箇所、縫う処置が行われることもあります。
もちろん全身麻酔下での処置であり、数日間の入院が必要なことが多いです。

外耳炎を起こしているようであれば、点耳薬や耳道洗浄などによる外耳炎の治療も同時に行います。

犬の耳血腫の治療費例

耳血腫にかかってしまった場合、どのくらいの治療費がかかるのでしょうか?
保険会社の保険金支払いデータをもとにした治療費の例を見てみましょう。

犬種:ゴールデン・レトリーバー(4歳)
内容:通院1日
診療明細例
診療項目(内容) 金額
診察 500
処置 2,000
処方 3,500
合計 6,000円
  • アニコム損害保険株式会社へご請求いただいた際の一例です。
  • 金額はあくまで一例であり、平均・水準を示すものではありません。
  • 各診療項目の金額は動物病院によって異なりますのでご了承ください。

耳血腫にならないための予防法はあるの?

耳を掻く、頭を振るなどの仕草が見られたら早めに病院にいくようにしましょう。また、外耳炎などになっている場合は、そちらの治療を早期に行うようにしましょう。外耳炎は、治療を中途半端にやめると再発してしまい、耳血腫のリスクも高まります。最後までしっかりと治療を続けて完治させることが大切です。

執筆者プロフィール
三宅 亜希(みやけ あき)
三宅 亜希(みやけ あき) 獣医師 獣医師/電話どうぶつ病院Anicli24 院長
ペット保険の商品を探す

このページの先頭へ

  • 保険
  • ペット保険
  • 犬の病気
  • 犬の耳の病気
  • 犬の耳血腫の症状・原因と治療法について獣医師が解説価格.com

© Kakaku.com insurance, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止