価格.com

保険

カカクコム・インシュアランス

犬の僧帽弁閉鎖不全の症状・原因と治療法

「価格.com 保険」は、株式会社 カカクコム・インシュアランスが保険契約締結の代理・媒介を行います。

犬の心臓・血液の病気

犬の僧帽弁閉鎖不全

犬の僧帽弁閉鎖不全とは、どのような傷病なのでしょうか?
症状や原因、治療法について見てみましょう。

犬の僧帽弁閉鎖不全症ってどんな病気?

僧帽弁閉鎖不全症は、心臓が収縮するときに僧帽(そうぼう)弁がきちんと閉鎖しない病気です。
心臓は4つの部屋に分かれており、この中の左心室と左心房という部屋を区切っている2枚の薄い弁が僧帽弁です。
右側の弁は三尖(さんせん)弁といい、働きは僧帽弁と同じです。心臓は拡張するときに心房から心室へと血液を貯め、収縮して貯めた血液を心室から全身へ送ります。

【正常な心臓】と【僧帽弁閉鎖不全】
  • 引用元:アニコム損保

僧帽弁がしっかりと閉鎖しないことで、以下のようなことが起こります。

① 左心房に圧がかかる
収縮のたびに左心室から血液が逆流してくるので、左心房は膨らんでしまいます。
左心房には肺からの血液が流れてくるので、左心房が膨らんでいると、肺からの血液もなかなか左心房内に入っていけず、結果として肺の血管にも圧がかかってしまいます。行き場を失った血液は、血管から少しずつ肺のなかに水分を逃がし始めます。その結果、肺水腫が起きて呼吸器疾患の症状が出てしまいます。

② 全身が血液不足になる
本来は全身へ送られるはずの血液が、一部とはいえ左心房に入ってしまいます。
すると、血圧が少し下がり、全身にも十分に血液が行きわたらなくなります。体はなんとか血圧を維持しようとして、全身の血管を収縮させます。
そして、心臓に「もっと働け!」と指示を出します。指示された心臓は一生懸命働くので、どんどん筋肉がついていきます。

全身の血管もキュッと収縮しているので、血液を送るのに、なおさら力が必要となります。その結果、心室内は筋肉で狭くなり、最終的には送り出せる血液量はさらに少なくなってしまうのです。すると、全身の各臓器も血液不足から正常に働けなくなり、臓器不全も併発してしまいます。

このような経過をたどり、心臓はボロボロになり、呼吸も苦しくなります。
各臓器についても血液不足で元気に働けないという、全身が疲弊した状態になってしまいます。

犬の僧帽弁閉鎖不全

どんな症状なの?

・すぐ息切れをする
・咳をする
・なんとなく元気がない
・手や肢の先が冷たい
・散歩の距離が短くなった
・発作をおこす など

軽度の場合は、疲れやすくなったかな、と感じる程度であることも多く、飼い主さんは年のせいだろうと思い見過ごしてしまうことがあります。
重症化してくると、呼吸困難を起こしたり、チアノーゼを起こして舌が青くなったり、激しい咳で夜も眠れないというような症状がみられることもあります。

原因はなに?

僧帽弁に変性が起こり、正しく閉鎖できなくなることが原因となります。
なぜ変性が起こるかはわかっていませんが、小型犬では遺伝的な素因が考えられます。

かかりやすい犬種はいるの?

小型犬に加齢とともにみられる心臓の病気として有名ですが、どの犬種でも起こる可能性があります。
また、キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルは遺伝的にかかりやすく、若くしてこの病気になることが知られています。

犬の僧帽弁閉鎖不全症の治療法には、どんなものがあるの?

投薬
この病気が確認されると内服薬を処方されます。
内服薬は心臓を治すものではなく、心臓の働きを手助けしたり、身体に起こっている症状を和らげるものなので、基本的に生涯を通して飲むことになります。
近年では、設備の整った大学病院などで外科手術を行う例もあります。

犬の僧帽弁閉鎖不全症の治療費例

僧帽便閉鎖不全症にかかってしまった場合、どのくらいの治療費がかかるのでしょうか?
保険会社の保険金請求データをもとにした治療費の例を見てみましょう。

犬種:トイ・プードル(7歳)
内容:入院3日
診療明細例
診療項目(内容) 金額
診察 1,500
入院(3日) 12,000
検査 14,000
点滴 6,000
駐車 3,000
処方 3,000
合計 39,500円
  • アイペット損害保険株式会社へご請求いただいた際の一例です。
  • 金額はあくまで一例であり、平均・水準を示すものではありません。
  • 各診療項目の金額は動物病院によって異なりますのでご了承ください。
  • 僧帽弁閉鎖不全症と診断された際に、入院治療となることは、ほとんどありません。症状が重症化すると入院が必要となる場合があります。

僧帽弁閉鎖不全症にならないための予防法はあるの?

適正な食事と運動
子犬のときからバランスの良い食事と適度な運動で健康な体を作っておくことや、肥満にさせないことは大切です。
また、定期健診を受け、早期発見・早期治療にのぞみましょう。

執筆者プロフィール
三宅 亜希(みやけ あき)
三宅 亜希(みやけ あき) 獣医師 獣医師/電話どうぶつ病院Anicli24 院長
ペット保険の商品を探す

このページの先頭へ

  • 保険
  • ペット保険
  • 犬の病気
  • 犬の口・歯の病気
  • 犬の僧帽弁閉鎖不全症の症状・原因と治療法について獣医師が解説価格.com

© Kakaku.com insurance, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止