価格.com

保険

カカクコム・インシュアランス

犬パルボウイルス感染症の症状・原因と治療法

「価格.com 保険」は、株式会社 カカクコム・インシュアランスが保険契約締結の代理・媒介を行います。

犬の感染症

犬パルボウイルス

犬パルボウイルスとは、どのような傷病なのでしょうか?
症状や原因、治療法について見てみましょう。

犬パルボウイルス感染症ってどんな病気?

犬パルボウイルス感染症は、犬パルボウイルスによる伝染性疾患で経口感染します。
母親からの移行抗体がなくなる時期の子犬で感染の危険性が一番高まります。口から侵入したウイルスは、その後、リンパ組織で増え、とくに消化管に炎症を起こします。潜伏期間は1〜2週間ほどで、その後、元気消失、食欲不振、嘔吐・下痢などの消化器症状がみられます。

さらに、全身性疾患を起こし、重度な場合では、敗血症(はいけつしょう)による多臓器不全や亡くなることもあるため、早期に治療ができるかどうかが重要になります。多くは生後1か月前後〜6か月齢の子犬で見られ、若齢なほど重症化する傾向にあります。ワクチンが普及したことにより感染数はかなり減りましたが、子犬がたくさん集まるような場所では、いまだ発生が問題になっています。

犬パルボウイルス

どんな症状なの?

・元気消失
・食欲不振
・嘔吐
・下痢 など

子犬は食べもの以外をあやまって食べる、寄生虫感染、環境の変化によるストレスがあるなど、下痢を起こすことも少なくないため、犬パルボウイルス感染症との見極めが重要になります。

食事が取れず下痢・嘔吐をすることから、脱水や低血糖になり、昏睡状態になることもあります。腹 部を触ると嫌がったり痛がったりすることもあり、まれに、腸管の激しい運動により腸重積(腸の一部が同じ腸の内側に入り込む状態)を起こすこともあります。
熱は、高熱が出ることもあれば、逆に低体温を起こすこともあります。重症例では、敗血症を起こし死亡することもあります。

原因はなに?

犬パルボウイルスに感染した犬と接触をすることにより感染し発症します。

かかりやすい犬種はいるの?

どの犬種でもかかる可能性がありますが、予防接種が済んでいない子犬がかかりやすいです。

犬パルボウイルス感染症の治療法には、どんなものがあるの?

対症療法
腸炎により重度の脱水や電解質バランスの異常を起こします。
点滴を行い、症状を軽減し入院治療を行います。

投薬
腸内細菌による感染を抑えるための薬、炎症を抑える薬、吐き気を抑える薬などが使用されます。
また、パルボウイルス用の抗ウイルス薬は存在しませんが、別のウイルスに有効な薬がパルボウイルスでも効果があったという報告もあります。 腸重積を起こした場合は、外科的な治療が必要になります。

犬パルボウイルス感染症の治療費例

犬パルボウイルス感染症にかかってしまった場合、どのくらいの治療費がかかるのでしょうか? 保険会社の保険金支払いデータを元にした治療費の例を見てみましょう。

犬種:ポメラニアン(0歳)
内容:入院4日
診療明細例
診療項目(内容) 金額(円)
診察 1,500
血液検査 8,000
糞便検査 1,000
ウイルス検査 4,000
入院(4日) 12,000
点滴 16,000
注射 16,000
入院食 1,000
合計 59,500円
  • アニコム損害保険株式会社へご請求いただいた際の一例です。
  • 金額はあくまで一例であり、平均・水準を示すものではありません。
  • 各診療項目の金額は動物病院によって異なりますのでご了承ください。

犬パルボウイルス感染症にならないための予防法はあるの?

ワクチン接種
生後6〜12週程で母親からの移行抗体が失われ感染しやすい状態になるためこの時期に複数回のワクチン接種を行い、犬パルボウイルスに対する抗体をしっかりと作っておくことが大切です。また、ワクチンを接種していない子犬を、多くの子犬が集まるところに連れて行かないことも重要です。

執筆者プロフィール
三宅 亜希(みやけ あき)
三宅 亜希(みやけ あき) 獣医師 獣医師/電話どうぶつ病院Anicli24 院長
ペット保険の商品を探す

このページの先頭へ

  • 保険
  • ペット保険
  • 犬の病気
  • 犬の感染症
  • 犬パルボウイルス感染症の症状・原因と治療法について獣医師が解説価格.com

© Kakaku.com insurance, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止