価格.com

保険

カカクコム・インシュアランス

犬の耳がくさい原因とは?考えられる病気と対処法

「価格.com 保険」は、株式会社 カカクコム・インシュアランスが保険契約締結の代理・媒介を行います。

耳がくさい | 耳の症状

犬の耳がくさい

犬の耳がくさい原因にはどのようなものがあるのでしょうか?
また、耳がくさい原因として考えられる病気や対処法について見てみましょう。

耳の中は蒸れることがあるため、犬独特のにおいがすることがあります。しかし、感染や炎症がなければ、それほど臭くなることはありません。
今まで嗅いだことがないにおいがしたり、耳をかくような仕草をする場合は、外耳炎を起こしている可能性が高いでしょう。

犬の耳がくさい

犬の耳がくさい原因はなに?

体臭や不十分な耳掃除が原因の耳のにおいは、それほど臭くなることはありません。 定期的に耳掃除をして清潔に保つことが大切です。しかし、やり過ぎると逆に耳を傷つけることもあるので、適度に行うようにしましょう。

犬の耳がくさい原因として考えられる病気ってあるの?

以下の病気などにより、耳が臭くなることがあります。

外耳炎
外耳に炎症が起こるのが外耳炎です。
耳道(耳の穴から鼓膜までのあいだ)に炎症が起こります。細菌や真菌などの繁殖、耳ダニなどの寄生虫によるもの、アトピーやアレルギーなどによる過敏症など、異物混入や腫瘍が原因となるケースがあります。

中耳炎
中耳に炎症が起こるのが中耳炎です。
中耳とは、鼓膜とその奥の空間(鼓室)からなる場所のことです。細菌感染が原因になることが多く、外耳炎から鼓膜を通って中耳炎になることが多いです。
難治性の外耳炎や、外耳炎の治療を十分にしていなかった場合などに発症するリスクが高まります。

内耳炎
内耳に炎症が起こるのが内耳炎です。
内耳は、中耳からさらに奥にある場所でバランスをつかさどる三半規管などがあります。慢性化した中耳炎から内耳炎になるのが一般的です。
顔面の神経がマヒしたり、耳が聞こえづらくなったりします。また、瞳孔の大きさが左右で異なる、通常は目頭にしまわれている第三眼瞼(だいさんがんけん)が出てくる、などの目の症状がみられることもあります。重症かつ重度の感染がみられる場合は、入院治療が必要となります。

どう対処すればいいの?

耳が臭くなる原因の多くは、感染や炎症となります。
通常は、外耳炎から中耳炎へ、中耳炎から内耳炎へと波及していくので、耳垢の量が増える、耳をかゆがる、頭を振る、耳を床にこすりつけるなどの外耳炎の症状が確認できることが多いでしょう。

外耳炎の一般的な特徴は以下になります。

細菌感染による外耳炎:黄色い耳垢やドロッとした耳垢で膿んだにおいがする
真菌感染による外耳炎:茶色い耳垢で独特の臭いにおいがする
耳ダニによる外耳炎 :大量の黒い耳垢で激しいかゆみが生じる

そのほかにも、アトピーやアレルギー、腫瘍、植物の種などが耳に入ってしまう、などが原因となります。
外耳炎になった場合、耳掃除だけではよくなりません。耳がくさいと感じ、同時に外耳炎の症状や特徴がみられたら、病院に行き耳の検査をしてもらい、必要な治療をスタートしましょう。

執筆者プロフィール
三宅 亜希(みやけ あき)
三宅 亜希(みやけ あき) 獣医師 獣医師/電話どうぶつ病院Anicli24 院長
ペット保険の商品を探す

このページの先頭へ

  • 保険
  • ペット保険
  • 犬の病気
  • 犬の耳がくさい原因とは?考えられる病気と対処法について獣医師が解説価格.com

© Kakaku.com insurance, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止