国民健康保険の出産一時金

ホーム > 保険 > 社会保障制度 > 社会保険 > 公的医療保険 > 国民健康保険の出産一時金

「価格.com 保険」は、株式会社 カカクコム・インシュアランスが保険契約締結の代理・媒介を行います。

国民健康保険の出産一時金とはどういった制度でしょうか?

出産一時金は申請することで、給付ができます。

国民健康保険に加入している方が出産されたとき、申請することで、出産育児一時金42万円が支給されます。
ではどのように申請するのでしょうか?

国民健康保険に加入している方が出産されたとき、申請することで、出産育児一時金42万円が支給されます。

出産一時金の申請方法は?

出産育児一時金の支給には、出産された医療機関等に対し国民健康保険から直接支払うことができる直接支払制度と役所に申請する方法があります。

直接支払制度では、出産をされる医療機関等とあらかじめ支給申請・受け取りに関する代理契約を結ぶことにより、出産育児一時金が国民健康保険から医療機関等へ直接支払いされるため、退院時の支払いは出産費用が出産育児一時金の額を超えた額のみで済みます。

出産費用が、支給される出産育児一時金の額を下回る場合は、後日、申請により差額が支給されます。

直接支払制度

ただし、1年以上勤務先の健康保険に被保険者として加入し、退職後6か月以内に出産した場合で、勤務先の健康保険から出産育児一時金の支給を受けた方は、国民健康保険からは支給されません。

妊娠85日以上の出産であれば、死産・流産でも出産育児一時金支給の対象となります。

会社を辞めている場合でも、要件をすべて満たしているときに資格喪失後の給付として協会けんぽから出産育児一時金を受けることができます。詳しくはけんぽ協会に確認してみましょう。

  • このページに記載された税制や法律・社会保障制度等につきましては2013年11月時点の情報となります。 そのため最新の情報とは異なる場合がありますのでご注意ください。

いざという時に備え、「安心」を探す

保険の提案をしてもらう

保険ご加入に関する
ご相談を、専門家が
アドバイスいたします。

カカクコム・インシュアランス受付窓口

保険を比較する

このページの先頭へ