高額療養費の自己負担限度額

ホーム > 保険 > 社会保障制度 > 高額療養費の自己負担限度額

「価格.com 保険」は、株式会社 カカクコム・インシュアランスが保険契約締結の代理・媒介を行います。

高額療養費とはどのような制度でしょうか?
給付金や自己負担額、その条件等にて確認しましょう。

高額療養費とは?

長期入院や通院で治療が長引くと治療費がかさみ、家計に大きな負担となります。
そこで、健康保険には自己負担限度額を超えた部分が払い戻される「高額療養費」という制度があります。

自己負担額について

【世帯合算にかかる高額療養費】

   
(1)上位所得者 150,000円+(医療費−500,000円)×1%
(多数回該当‥‥83,400円)
(2)一般所得者
((1)、(3)以外)
80,100円+(医療費−267,000円)×1%
(多数回該当‥‥44,400円)
(3)低所得者
(市町村民税非課税者等)
35,400円
(多数回該当‥‥24,600円)

高額療養費は、世帯で合算することができます。
70歳未満の人の療養につきましては、世帯合算の対象となるものは21,000円以上のものに限られます。

また、12ヶ月以内に4回以上、高額療養費の対象となった場合には、「多数回該当」となり、自己負担限度額が引き下げられます。

例えば治療費が300万円の場合の自己負担額は?

1ヶ月の治療費が300万円かかった場合のシミュレーションをしてみましょう。

例)1ヶ月の医療費総額が300万円かかった時(一般所得者の場合)

  • 1.治療費300万円の3割を一旦病院に支払います。
  • 300万円×3割 = 90万円
  • 2.高額療養費の計算を行います。
  • 80,100円+(300万円−267,000円)×1%=107,430円
  • 実際の自己負担額は107,430円となります。
  • 3.健保組合等に申請をすれば約4ヶ月程度で自己負担分以外が戻ってきます。
  • 90万円−107,430円=792,570円
  • 返金額792,570円

高額療養費の制度を利用すれば自己負担額は大幅に軽減されます。
長期の入院などで医療費が一定額を超えた場合は必ず申請しましょう。

  • このページに記載された税制や法律・社会保障制度等につきましては2013年11月時点の情報となります。 そのため最新の情報とは異なる場合がありますのでご注意ください。

いざという時に備え、「安心」を探す

保険の提案をしてもらう

保険ご加入に関する
ご相談を、専門家が
アドバイスいたします。

カカクコム・インシュアランス受付窓口

保険を比較する

このページの先頭へ