価格.com

自動車保険

通販型自動車保険の業界シェアについて

通販型自動車保険の業界シェアについて

更新日:2022年2月22日

1996年にアメリカンホーム保険会社が日本で初めて自動車保険の通信販売の認可を取得してから、私たちが頻繁に目にする通販型自動車保険のテレビコマーシャルの影響などもあり、日本でも年々通販型自動車保険の認知度は高まってきています。
しかし、通販型自動車保険の業界シェアについてはあまり知らないという方も多いのではないでしょうか。
ここでは、意外と知られていない通販型自動車保険の業界シェアについて解説します。

そもそも自動車保険の業界規模はどれくらい?

最初に、損保業界全体の令和2年度の「正味収入保険料」を確認します。
正味収入保険料とは、損害保険会社の業績を示す指標としては最も基本的なもので、一般企業の売上に相当するものです。

日本損害保険協会によると、損保業界全体の令和2年度の正味収入保険料は約8兆6,927億円、このうち自動車保険の正味収入保険料は約4兆1,880億円となっており、損保業界全体における自動車保険の正味収入保険料の割合は約半分となっていることがわかります。

令和2年度 業界全体の正味収入保険料
保険種目 正味収入保険料
自動車 4兆1,880億円
火災 1兆4,693億円
海上・運送 2,426億円
傷害 6,205億円
自動車損害賠償責任 8,390億円
新種 1兆3,331億円
合計 8兆6,927億円
  • ※日本損害保険協会会員会社の合計

自動車保険の代理店型と通販型の業界シェアは?

代理店型と通販型の自動車保険のシェアはそれぞれどれくらいでしょうか。
まずは、主要大手代理店型損保の自動車保険の業界シェアをみてみましょう。

令和2年度の主要大手代理店型損保4社における自動車保険の正味収入保険料の合計は約3兆6,081億円で、損保業界全体の自動車保険の正味収入保険料の約86.2%を占めます。
自動車保険の業界シェアは大部分を主要大手代理店型損保4社が持っており、この4社以外の代理店型損保や通販型損保の自動車保険の業界シェアはわずか約19.4%であることがわかります。

令和2年度 主な代理店型損保における
自動車保険の正味収入保険料
保険会社 正味収入保険料
東京海上日動火災
(東京海上ホールディングス)
1兆1,053億円
損保ジャパン
(損保ジャパンホールディングス)
1兆898億円
あいおいニッセイ同和損保
(MS&ADインシュアランスグループホールディングス)
7,295億円
三井住友海上火災
(MS&ADインシュアランスグループホールディングス)
6,834億円
合計 3兆6,081億円
  • ※当社調べ

以前はシニア層の損害率の悪化や若年層ドライバーの減少などの影響で、主要大手代理店型損保だけでは保険収支のバランスを取るのが難しく、各社は自動車保険の保険料を値上げする傾向にありました。しかし自動ブレーキなどの先進安全技術の普及にともない、2004年をピークに交通事故は減少してきています。保険会社が自動車保険料の目安としている参考純率も、損害保険料率算出機構により平均で3.9%引き下げとなりました。そのため、2022年以降の自動車保険料は値下げされる見通しです。

自動車保険の業界シェアの大部分は主要大手代理店型損保4社が持っていますが、その中でも通販型損保は比較的安い保険料や独自のサービスなどを打ち出して徐々に業界シェアを増やしています。

次に、主な通販型損保の業界シェアをみてみましょう。
令和2年度の主な通販型損保における自動車保険の正味収入保険料の合計は約3,437億円で、損保業界全体の自動車保険の正味収入保険料の約8.2%を占めます。
通販型自動車保険は比較的認知度が高まってきたとはいえ、まだまだ業界シェアは小さいことがわかります。

令和2年度 主な通販型損保における
自動車保険の正味収入保険料
保険会社 正味収入保険料
ソニー損保 1,159億円
チューリッヒ保険会社 188億円
三井ダイレクト損保 360億円
アクサダイレクト 513億円
SBI損保 291億円
セゾン自動車火災 509億円
イーデザイン損保 330億円
セコム損保 89億円
合計 3,437億円
  • ※当社調べ

通販型自動車保険の成長

通販型自動車保険の業界シェアは、主要大手代理店型損保4社などと比べるとまだまだ小さいながらも年々拡大しており、この傾向は今後も続くと考えられています。

主な通販型損保における自動車保険の業界シェアの推移
決算年度 主な通販型損保(※1) 損保業界全体(※2) 主な通販型損保の業界シェア
平成30年度 3,032億円 4兆548億円 7.5%
令和元年度 3,197億円 4兆1,089億円 7.8%
令和2年度 3,437億円 4兆1,880億円 8.2%
  • ※1当社調べ
  • ※2日本損害保険協会会員会社の合計

まとめ

  1. 自動車保険の業界シェアは主要大手代理店型損保4社が約86.2%を占めています。
  2. その中で、比較的安い保険料や独自のサービスなどを打ち出している通販型自動車保険に注目が集まっています。
  3. 通販型自動車保険の業界シェアは、まだまだ小さいながらも年々拡大しており、この傾向は今後も続くと考えられています。

通販型へ乗り換えるなら、まずは各社の保険料をチェック!

先月のご利用数

かんたん5分 一括見積もりスタート(無料)

関連記事

ご利用は無料

通販型へ乗り換えるなら、まずは各社の保険料を比較!

複数社の自動車保険を一括比較!

かんたん5分 一括見積もりスタート(無料)
  • ※ アクサダイレクト、SBI損保、セゾン自動車火災保険、ソニー損保、チューリッヒ、三井ダイレクト損保、楽天損保につきましては、お客様と保険会社との直接の契約になります。
  • ※ 掲載している情報の正確性については万全を期していますが、その内容を保証するものではありません。
  • ※ 掲載情報には価格.com 自動車保険に参画する事業者が提供するPR情報が含まれている場合があります。
  • ※ 各種割引や特典は各事業者より提供されます。お申し込みの際は各事業者による注意事項や規約等をよくご確認の上お手続きください。
  • ※ 各商品の詳細については、必ず「パンフレット」、「契約概要」、「注意喚起情報」、「ご契約のしおり・約款」等をご確認ください。
  • ※ お電話による個別見積もり及びオンラインでの個別見積もりは、各保険会社が運営するサービスであり、当該サービス・見積もりの内容についてご不明な点がございましたら、各保険会社までお問い合わせください。株式会社カカクコムでは応じかねますので、ご了承ください。

このページの先頭へ

© Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止