価格.com

保険

カカクコム・インシュアランス

犬の皮膚病の症状・原因と治療法

「価格.com 保険」は、株式会社 カカクコム・インシュアランスが保険契約締結の代理・媒介を行います。

犬の皮膚の病気

犬の皮膚病

犬の皮膚病とは、どのような傷病なのでしょうか?
症状や原因、治療法について見てみましょう。

犬の皮膚病ってどんな病気?

皮膚になんらかの病変が起こる状態が皮膚病です。
犬の皮膚病には、さまざまな原因があり、その種類も多く、犬の病気の中でもポピュラーなものです。
皮膚に限定して症状が起こっているものもあれば、内分泌疾患がありその影響で皮膚に症状が起こることもあり、症状も軽度のものから重度のものまであります。

治療に関しても、すぐに反応し良くなる皮膚病もあれば、治療に時間がかかるものもあります。
また、アトピー性皮膚炎など、生涯を通してうまく付き合っていくことが必要となるような皮膚病も存在します。皮膚に起こる症状は目に見えるものなので、すぐに気づくことが多いですが、密集した皮毛に覆われている場合など、皮膚に湿疹(しっしん)や赤味などの異常がでていても気づくのが遅くなることもあります。

犬の皮膚病

どんな症状なの?

・皮膚の赤味
・湿疹がでる
・皮膚の炎症
・潰瘍(かいよう)ができる
・膿胞(のうほう)ができる
・かさぶたができる
・脱毛
・皮膚がべたつく
・フケがでる
・かゆみ
・痛み
・皮膚がにおう など

皮膚病の症状はその原因によりさまざまです。
皮膚の乾燥やフケ、軽度の赤味などで、犬自身もあまり気にする素振りがないものから、激しいかゆみで、血が出るまで掻いたり、睡眠不足になったりすることもあります。ひどい痛みが起きたりすることもあります。

原因はなに?

細菌、真菌(カビ)、寄生虫などの感染、常在菌の異常増殖、アレルギー、アトピー、内分泌疾患、自己免疫疾患、遺伝的な問題、慢性的な皮膚への刺激など、さまざまな原因があります。スキンケアの方法や、温度や湿度などの環境が要因の1つになることもあります。

かかりやすい犬種はいるの?

原因によりかかりやすい犬種も異なります。たとえば、アトピー性皮膚炎は柴犬で多くみられ、真菌による感染はヨークシャー・テリアなど長毛種で多くみられます。また、原因不明で突然、毛周期(毛が生え、育ち、抜けるまでのサイクル)がストップして起こる脱毛症はポメラニアンで多く見られます。

もちろん、犬種によるかかりやすさに大きな差のない皮膚病もあります。さらに、あやまったスキンケア(主にシャンプー剤による洗いすぎ)をされている犬では、皮膚のバリア機能が弱まり、皮膚病を起こしやすくなることがあります。

犬の皮膚病の治療法には、どんなものがあるの?

原因により治療法は異なります。

投薬
感染症には、それぞれの原因に対して有効性をしめす薬を使用します。

注射、薬用シャンプー
注射や殺菌作用、皮脂をとる、保湿、などの効果がある薬用シャンプーなどを使用する場合もあります。

犬の皮膚病の治療費例

皮膚病にかかってしまった場合、どのくらいの治療費がかかるのでしょうか?保険会社の保険金請求データをもとにした治療費の例を見てみましょう。

犬種:ヨークシャー・テリア
内容:通院1日
診療明細例
診療項目(内容) 金額
診察 1,500
検査 3,000
処方 2,500
合計 7,000円
  • アイペット損害保険株式会社へご請求いただいた際の一例です。
  • 金額はあくまで一例であり、平均・水準を示すものではありません。
  • 各診療項目の金額は動物病院によって異なりますのでご了承ください。

皮膚病にならないための予防法はあるの?

正しいスキンケア
シャンプーやブラッシングなど、正しいスキンケアを行うことが大切です。

温度や湿度、食事の管理
細菌やカビが繁殖しやすい高温多湿の環境下では温度・湿度の管理を行う、食べ物のアレルギーがある場合はアレルギー源が入っていない食事にする、ノミやダニなどの寄生虫がつかないようにするなどで皮膚病の予防につながります。

執筆者プロフィール
三宅 亜希(みやけ あき)
三宅 亜希(みやけ あき) 獣医師 獣医師/電話どうぶつ病院アニクリ24 院長
ペット保険の商品を探す

このページの先頭へ

  • 保険
  • ペット保険
  • 犬の病気
  • 犬の皮膚の病気
  • 犬の皮膚病の症状・原因と治療法について獣医師が解説価格.com

© Kakaku.com insurance, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止