価格.com

保険 比較

リトルファミリー少額短期保険

わんデイズ・にゃんデイズ

月払保険料

-

試算条件: 犬/トイ・プードル/0歳/補償割合70%

変更

品種・年齢

補償割合

※補償割合が高くなるほど、保険料は高くなる傾向にあります。
ただ、通院・入院・手術などの補償対象の治療や保険金の支払額、回数に制限を設けることで、保険料を抑えている商品があります。
補償割合、保険料、各補償の制限について、比較したうえで、ご検討ください。
詳しくは「補償の割合を決める」をご覧ください。

※用語解説は一般的な説明であり、保険会社よっては解釈や呼名が異なる場合があります。

月払保険料

-

ランキング調査概要:申込件数が多い順。カカクコム・インシュアランス調べ(2022/04/01〜2022/06/30)


この保険をプロがチェック!

川手謙

株式会社カカクコム・インシュアランス/保険コンサルタント

川手謙

ファイナンシャル・プランナー/AFP資格

リトルファミリー少額短期保険の「わんデイズ・にゃんデイズ」は通院・入院・手術の治療費をカバーできます。
また、年間120万円までなら何度でも保険金を請求できるため、高額な治療費や通院回数が多い病気・ケガにも備えられます。

解説を見る

保険のプロによる解説

わんデイズ・にゃんデイズ

リトルファミリー少額短期保険の「わんデイズ・にゃんデイズ」

リトルファミリー少額短期保険の「わんデイズ・にゃんデイズ」は通院・入院・手術の治療費をカバーできます。
また、年間120万円までなら何度でも保険金を請求できるため、高額な治療費や通院回数が多い病気・ケガにも備えられます。

監修者
川手謙

株式会社カカクコム・インシュアランス/保険コンサルタント

川手謙

ファイナンシャル・プランナー/AFP資格

ペット保険の加入を検討するにあたって見るべき6つのポイントを、保険のプロがチェックしました。

わんデイズ・にゃんデイズ
ペット保険選びの6つのポイントで解説!

  1. 補償範囲と補償割合
  2. 免責金額
  3. 補償限度額、限度日数・回数
  4. 保険料
  5. 保険金請求方法
  6. 補償対象外となる病気・ケガ

1.補償範囲と補償割合

リトルファミリー少額短期保険の「わんデイズ・にゃんデイズ」の補償範囲は手術・入院・通院のフルカバータイプとなっています。ペット保険で最も利用頻度の高い通院治療にも備えられます。

また、「わんデイズ・にゃんデイズ」では補償割合を50%補償(50%プラン)または70%補償(70%プラン)から選ぶことができます。 価格.com保険におけるペット保険加入者全体傾向としては、70%補償が多く選ばれていますが、保険料を安く抑えたい方は50%補償を選ぶとよいでしょう。

解説

補償割合による自己負担額の違い(※1)

補償割合による自己負担額の違い
※1. 免責金額が無い場合の金額例です。 ※2. 価格.com保険におけるペット保険加入者の傾向として、6割弱の方が補償割合70%のプランを選んでいます。詳細は申込者のデータをご参照ください。

チェックマーク保険コンサルタントのチェックポイント

補償と保険料のバランスが良いのは70%
保険料を抑えたいなら50%を選択

川手謙

川手謙

株式会社カカクコム・インシュアランス/保険コンサルタント

2.免責金額

ペット保険の商品によっては、免責金額が設定されている場合があります。免責金額とは、補償対象となる治療費用が発生した際に、加入者自身で負担しなければならない金額のことです。 リトルファミリー少額短期保険の「わんデイズ・にゃんデイズ」では、この免責金額の設定がありません。そのため、治療費が少額であっても、治療費用の全額が補償の対象となります。

たとえば、トイ・プードルが子宮蓄膿(ちくのう)症にかかり、入院・手術治療に11万7000円かかったとします(※3)。「わんデイズ・にゃんデイズ」の70%プランに加入している場合、11万7000円の70%にあたる8万1900円を保険金として受け取ることができます。

一般的に、免責金額がないと自己負担額が少ないため、気軽に治療を受けられるというメリットがあります。一方で、免責金額がある商品の方が、ひと月あたりの保険料が安く設定されている場合が多いです。
治療費用における自己負担額の少なさと、保険料の安さのどちらを優先したいかを踏まえて、加入する商品を選ぶようにしましょう。

解説

免責金額ありなしの違い

治療費30万円(※3)・補償割合70%の場合

免責金額ありなしの違い 免責金額ありなしの違い

チェックマーク保険コンサルタントのチェックポイント

自己負担が少なく、気軽に治療を受けられるのがメリット

川手謙

川手謙

株式会社カカクコム・インシュアランス/保険コンサルタント

※3. 治療費について
・アイペット損害保険会社へご請求頂いた際の一例です。
・治療費のデータは一例であり、一般的な平均・水準を示すものではありません。
・お支払いされる保険金は、支払限度額・支払限度日数(回数)等の補償範囲までとなります。

※4. こちらは、治療費のすべてが保険の対象であった場合の保険金支払い例です。実際の診療内容・治療費等は、動物病院によって異なります。

3.補償限度額、限度日数・回数

ペット保険の商品は、通院・入院・手術の各補償に対して支払回数制限や限度日数が設定されている商品と、支払回数や限度日数に上限がない商品の2種類に分けられます。

リトルファミリー少額短期保険の「わんデイズ・にゃんデイズ」は、年間最大補償限度額の上限は120万円に設定されており、120万円までであれば支払回数や日数に関係なく何度でも保険金を請求できます。
とくに、通院治療は治療回数が多くなることもあるので、限度日数の上限が無いことは大きなメリットといえるでしょう。

ここで、実際に犬1匹あたりの平均年間診療回数を見てみましょう。犬がかかりやすい病気のうち、弁膜症や慢性腎臓病はとくに通院回数が多くなる傾向があります。この治療における平均年間診療回数は、弁膜症は8.3回、慢性腎臓病は13.1回も診察されていることが分かります(※5)

もしこのような診療回数が多い病気に罹患した場合、保険金の支払限度日数が20日に設定されている商品では、補償の限度日数を超えてしまう可能性があります。 そのため、診療回数を気にせずに、年間最大補償額まで何度でも補償を受けたい方は「わんデイズ・にゃんデイズ」を選ぶとよいでしょう。

チェック

補償限度額、限度日数・回数

補償 限度額 限度日数・回数
通院

無制限

※年30万円まで

無制限

※年30万円まで

入院

無制限

※年60万円まで

無制限

※年60万円まで

手術

無制限

※年30万円まで

無制限

※年30万円まで

年間最大補償限度額※

120万円

※各補償の支払限度額が限度日数(回数)まで支払われた場合の上限額

チェックマーク保険コンサルタントのチェックポイント

各補償の支払回数制限や、限度日数は年間最大補償額まで無制限に設定されています。とくに、通院治療は治療回数が多くなることもあるので、限度日数の上限が無いことは大きなメリットといえるでしょう。

川手謙

川手謙

株式会社カカクコム・インシュアランス/保険コンサルタント

※5. 平均年間診療回数について 出典:アニコム家庭どうぶつ白書2019

4.保険料

一般的に、ペット保険の保険料は一定ではなく、更新時にペットの年齢に応じて変動する場合が多いです。

リトルファミリー少額短期保険の「わんデイズ・にゃんデイズ」の保険料は、年齢区分ごとの料金設計タイプとなっており、保険料が3年ごとに上がる保険料設計となっています。そしてペットの年齢が18歳になったときに保険料は最も高くなり、18歳以上は保険料が変わりません。

たとえば、「わんデイズ・にゃんデイズ」では、トイ・プードル(0歳)が補償割合70%で契約した場合、加入時の月払い保険料は1820円となります。ただし、保険料は毎年更新となるため、10歳まで継続して加入した場合の支払保険料総額は29万7950円となります。

したがって、加入時はひと月あたり約1800円で補償を受けることができますが、10歳まで加入すると平均でひと月あたり約2300円を支払う計算になります(※6)。 ペット保険を選ぶ際には、加入時の保険料だけではなく、ペットの平均寿命を考慮したうえで、保険料の合計金額がいくらになるのかを必ず確認しましょう。

※6. 100円未満は切り上げています。

なお、一般的にペット保険の保険料は、月払いと年払いのどちらかを選択できる場合が多いです。しかし、「わんデイズ・にゃんデイズ」では年払いは設定されておらず、月払いのみとなっていますので、年払いをしたい方は注意が必要です。

チェック

保険料の上がり方、支払保険料総額※トイプードル・補償割合70%の場合

保険料(月払い)

0歳 1,820

5歳 2,010

12歳 3,230

支払保険料総額※0〜10歳まで継続した場合

297,840

保険料の上がり方

チェックマーク保険コンサルタントのチェックポイント

年齢区分ごとの料金設計タイプとなっており、保険料が3年ごとに上がる保険料設計となっています。そしてペットの年齢が18歳になったときに保険料は最も高くなり、18歳以上は保険料が変わりません。

川手謙

川手謙

株式会社カカクコム・インシュアランス/保険コンサルタント

5.保険金請求方法

リトルファミリー少額短期保険の「わんデイズ・にゃんデイズ」では、立替請求をすることで保険金の請求ができます。 立替請求とは、動物病院の窓口で治療費をいったん全額支払い、その後保険会社へ保険金請求を行うことで、保険金を受け取る方法です。なお、立替請求ではすべての動物病院での治療が保険金の請求対象となります。 また、保険金請求後、30日以内を目途に保険会社より保険金が支払われます。

解説

立替請求の手順

立替請求の手順

また、リトルファミリー少額短期保険の「わんデイズ・にゃんデイズ」では、撮影した診察明細書を公式Webサイトのマイページからアップロードするだけで保険金請求手続きができます。
一般的な立替請求手続きでは、請求書類や領収書を保険会社に直接送付する必要がありますが、「わんデイズ・にゃんデイズ」ではこうした書類送付は必要ありません。煩雑になりがちな請求手続きをWeb上で完結できるのは、この商品の大きなメリットといえるでしょう。

6.補償対象外となる病気・ケガ

ペット保険には一部補償対象外となる病気・ケガがあります。これらは品種や年齢によってかかりやすいものもあるため、ご自身のペットが該当するか否か確認しておきましょう。

ちなみに、リトルファミリー少額短期保険の「わんデイズ・にゃんデイズ」では、歯周病などの歯科疾病が補償の対象外に設定されているため注意が必要です。

チェック

品種・年齢でかかりやすい病気・ケガ

病気・ケガ かかりやすい品種・年齢(※7)
歯周病などの歯科疾病 小型犬・7歳〜
異物誤飲 全品種・0〜1歳
膝蓋骨脱臼(パテラ) 小型犬・0〜2歳
椎間板ヘルニア 小型犬・3〜7歳

※7. アイペット損害保険株式会社へご請求いただいたデータを基に作成しています。

また、病気やケガにあたらない費用はどの商品も補償対象外となります。この点も覚えておきましょう。

例)病気やケガにあたらない費用
・去勢・避妊手術や狂犬病を含む各種ワクチン接種
・健康診断など予防的な措置
・健康維持のためのサプリメントやビタミン剤など

監修者
川手謙

株式会社カカクコム・インシュアランス/保険コンサルタント

川手謙

ファイナンシャル・プランナー/AFP資格

  • クチコミ・評判

  • 商品情報

クチコミに関する注意事項

・掲載されているクチコミの内容は、あくまでもユーザー個人の主観的な感想や評価であり、保険商品の補償内容や保険料などを保証するものではありません
・クチコミの内容は、アンケートの回答内容に反しない範囲で、弊社が表現を整えたうえで掲載しております

いいねマーク リトルファミリー少額短期保険をおすすめしたいと答えた人の声

トイ・プードル/7歳

ご加入のペット:トイ・プードル/7歳

加入プラン:70%補償

加入時期:2021年12月

保険金請求が診療明細書等の写真添付で申請ができ、ネットで24時間365日いつでも申請できるところが決め手となりました。
また支払いまでの時間が非常に早いと思われるのが良いです。保険請求の回数や、一回利用あたりの上限金額などがなく、免責金額もないので安心して利用できます。
一番利用すると思われる通院もカバーされているし回数制限、日額制限がないところも良いです。

猫/0歳

ご加入のペット:猫/0歳

加入プラン:70%補償

加入時期:2021年12月

価格.comで他社と比較して決めました。第一の決め手は保険料の安さです。
毎月の負担をできるだけ抑えたかったので、ペットショップから勧められた保険は即決できませんでした。とはいえ、安さだけで選ぶともしものときの不安を感じました。
こちらの保険は必要と感じる補償が十分あり、余計なオプションもなかったので最もバランスがよく感じました。
手続き後速やかに契約成立完了のメールが送られてきて、補償開始までスムーズだった点も選んでよかったと思います。

トイ・プードル/2歳

ご加入のペット:トイ・プードル/2歳

加入プラン:70%補償

加入時期:2021年12月

前回入っていた保険が急に保険料が上がると連絡が来たため、ネットでいろいろと検索しました。
その中でも補償内容、保険料などを長い目で見て重視し、探していました。納得のいく内容でしたのでこちらで契約させていただきました。
手続きもネットでできてとても良いと思います。まだ保険は一度も使っていないので保全の面はわかりませんが親切ていねいなことを願います。

トイ・プードル/0歳

ご加入のペット:トイ・プードル/0歳

加入プラン:70%補償

加入時期:2021年12月

うちの子は、生後6か月でレッグペルテスを患いました。検査で病気がわかるまでに約1か月かかり、その後急いで手術となりました。通院から手術、そしてリハビリ通院まで、保険金の請求後迅速に振込みがあり、安心して治療に専念できました。
今でも月に一度通院するよう言われており、7割補償なので治療費用に不安なく治療に専念できました。手術費用は10万円以上になりますが、毎月負担の少ない保険料で入っておいてよかったと思っております。

お金マーク リトルファミリー少額短期保険で保険金請求した人の声

マルチーズ/1歳

ご加入のペット:マルチーズ/1歳

加入プラン:70%補償

加入時期:2021年12月

保険金の請求はネットだけで完了したのでとても便利で、支払いも早かったです。
違う日に別の病院の領収書を1回で申請できたのはよかったです。通院の7割補償のタイプに入っているので、安心して病院に連れて行けます。

トイ・プードル/0歳

ご加入のペット:トイ・プードル/0歳

加入プラン:70%補償

加入時期:2021年12月

保険金請求の手続きは、すべてweb上で行うことになりますが、確実に受付されており、早ければ翌日には振込み手続き完了の連絡が入るくらい、対応が早いので満足度が高いです。
手続きもスマホだけで簡単に行え、手軽にできています。手術費用の様に高額であったり、通院だけの低額の場合であっても金額に関係なく、振込みは素早く対応してくださり満足度高いです。

アンケート概要

・カカクコムインシュアランス経由で契約した人に実施したアンケート結果
・実施期間:2022年5月
・調査方法:メール・SMSにてアンケートを配信し、回答を集計(回答者数:141)

  • クチコミ・評判
  • 商品情報

※ 商品情報は、一部の項目のみを比較しており、保険商品の内容をすべて記載したものではありません
※ ご検討に関しては、必ず「パンフレット」「契約概要」「注意喚起情報」「ご契約のしおり・約款」などをご覧ください
※ 保険料だけでなく保険内容などのほかの要素も考慮に入れたうえで比較・検討してください
※ 上記の保険料は保険始期日2022年4月1日以降の内容です。各種割引制度が適用されていない場合の保険料となります
※ 当サイトでは、すべての保険会社の商品・プランを掲載しているわけではありません。株式会社カカクコム・インシュアランスにて取扱可能な保険会社のうち、保険会社からサイト掲載の許可が得られた商品を掲載、比較しております。

募集文書番号:(2022年7月承認)2022-066

※用語解説は一般的な説明であり、保険会社よっては解釈や呼名が異なる場合があります。

※用語解説は一般的な説明であり、保険会社よっては解釈や呼名が異なる場合があります。

※用語解説は一般的な説明であり、保険会社よっては解釈や呼名が異なる場合があります。

※用語解説は一般的な説明であり、保険会社よっては解釈や呼名が異なる場合があります。


@実際の治療費から免責金額を差し引き、補償割合をかけた額が保険金として支払われます。

例:補償割合50%、免責金額5,000円で、1万円の治療費がかかった場合
(1万円−5,000円)×50%=2,500円(保険金)

A治療費が免責金額以上の場合、補償割合をかけた額が保険金として支払われます。

例:補償割合50%、免責金額5,000円で、1万円の治療費がかかった場合
1万円×50%=5,000円(保険金)

例:補償割合50%、免責金額1万円で、1万円の治療費がかかった場合
1万円を超えていないため、全額自己負担

※適用される方法の詳細については、各保険会社ページにてご確認ください。

※用語解説は一般的な説明であり、保険会社よっては解釈や呼名が異なる場合があります。

※条件により窓口で精算できない場合がありますので、詳細は各社ホームページよりご確認ください。

※用語解説は一般的な説明であり、保険会社よっては解釈や呼名が異なる場合があります。

※各社割引、割増は適用外、支払いをすべて年払いにした場合の金額です。(保険始期日2021年4月1日以降の保険料で試算しています。今後、保険料改定があった場合には、変更となることがあります。)

※用語解説は一般的な説明であり、保険会社よっては解釈や呼名が異なる場合があります。

※用語解説は一般的な説明であり、保険会社よっては解釈や呼名が異なる場合があります。

※火災保険や自動車保険の『賠償責任特約』やクレジットカード付帯の『個人賠償責任特約』でも補償される場合があります。
すでに契約されている保険で補償が重複していないか、逆に契約がなくなっていないか、確認する必要があります。

※用語解説は一般的な説明であり、保険会社よっては解釈や呼名が異なる場合があります。

※用語解説は一般的な説明であり、保険会社よっては解釈や呼名が異なる場合があります。

※用語解説は一般的な説明であり、保険会社よっては解釈や呼名が異なる場合があります。

※用語解説は一般的な説明であり、保険会社よっては解釈や呼名が異なる場合があります。

[募集代理店] 株式会社カカクコム・インシュアランス
各種保険商品の募集代理店は、株式会社カカクコム・インシュアランスであり、株式会社カカクコムは各種保険商品の勧誘・募集を行っておりません。なお、共済に関しましては、株式会社カカクコムおよび株式会社カカクコム・インシュアランスのいずれも、勧誘・募集を行っておりません。