価格.com

保険 比較

がん保険

総合順位

インターネット部門・通販部門・対面部門の申し込みの合計件数

がん保険 3位
アクサダイレクト生命 アクサダイレクトの
がん定期
価格.com保険のトレンド

1位はアクサダイレクト生命の「アクサダイレクトのがん終身」になりました。 がん保障のトレンドは入院期間の短縮傾向により「通院治療」にシフトし始めております。当商品は、「抗がん剤治療特約」が選択でき、現在の医療技術にあった保障を提供している点と「保険料の優位性の高さ」が支持されて受賞となりました。

2位となったライフネット生命の「ダブルエール」は一時金でがん保障に備えたいお客様のニーズを満たす商品として支持されました。3つのタイプから選ぶことができ、ニーズに合わせて保障を厚くすることが可能です。

3位のアクサダイレクト生命の「アクサダイレクトのがん定期」については、10年更新の定期型のため保険料が抑えられている点が支持されました。 今回受賞した保険商品はWebによる申し込みが可能で、このコロナ禍で人との接触を最小限にしたいという心情や時勢も反映した結果とも感じられました。

全文を読む

価格.com保険コンサルタント
(株)カカクコム・インシュアランス市原 昭博

申込経路別1位受賞商品

  • 通販部門
    チューリッヒ生命 終身ガン治療保険
    プレミアムZ
    選出理由

    所定の自由診療を含めて、ガンの治療に対して幅広く対応できる保障内容が魅力のがん保険です。特約の種類が豊富なため、1人ひとりが、自分にぴったりの内容を選択できる点が選ばれる理由となっています。

    価格.com保険コンサルタント
    (株)カカクコム・インシュアランス小野 一樹

ファイナンシャル・プランナーから見たがん保険のトレンド

最近のがん保険は、大きく分けて二つのタイプがあります。一つ目はがんと診断されたときに一時金で保障されるタイプ。そして二つ目は、抗がん剤や放射線などによる治療を受けたときに保障されるタイプです。こうした流れは、入院日数の短期化の一方、1日あたりの医療費は増加傾向※という最近の医療事情を反映したものと考えられます。

総合1位の「アクサダイレクトのがん終身」は、一時金であるがん診断給付金と入院給付金が主契約です。オプションで抗がん剤治療などの保障も選べます。総合2位のライフネット生命のがん保険「ダブルエール」はがん診断一時金のみのタイプと、放射線治療への保障が加わったタイプ、減少した収入をサポートするための保障が加わったタイプがあります。総合3位には定期型の「アクサダイレクトのがん定期」がランクインしています。定期型は更新ごとに保険料が上昇する半面、若いうちは終身型よりも保険料が割安です。そのため、家計への負担を抑えつつ、がんへの備えをしたいニーズに強いといえます。

がん保険といってもその保障内容や給付の要件はさまざまです。選ぶ際には保険料だけなく、加入目的を明確にして保障内容を比べることも大切です。

※厚生労働省「平成29年患者調査」退院患者の平均在院日数、「令和2年度医療費の動向」より

全文を読む

CFP(R)/1級ファイナンシャル・プランニング技能士 中里邦宏
CFP(R)/1級ファイナンシャル・プランニング技能士中里 邦宏