傷害保険の必要性

ホーム > 保険 > 傷害保険 比較 > 傷害保険 選び方 > 傷害保険の必要性

「価格.com保険」は、株式会社 カカクコム・インシュアランスが保険契約締結の代理・媒介を行います。

傷害保険は必要でしょうか。
どんな人が傷害保険を必要としているのでしょうか。

どんな人が加入しているのか?

簡単な告知で加入でき、ケガによる死亡や通院の補償がある傷害保険は、次のような人が検討すべき保険といえます。

  • ・小学生や、幼稚園児など
  • ・転倒などのケガで長期入院・通院のリスクがある高齢の方
  • ・持病・既往症をお持ちの方
  • ・過去に大きな病気をした方
  • ・スポーツをたくさんやる方
  • ・通勤・通学や趣味などでほぼ毎日自転車に乗る方
  • ・高所や機械を使用する危険度の高い仕事をしている方
  • ・子供に関連する職業についている方
  • ・運転手や出張など移動の多い職業の方

また、最近では個人賠償責任保険を付帯する手段として加入する方もいます。

個人賠償責任特約の必要性

自転車・歩行者の交通事故

警察庁統計によれば、平成22年〜令和2年までの交通事故における負傷者の割合は、下図のように自転車が15.8%、歩行中が8.4%となっており、車やバイク同士以外での交通事故は全体の5分の1となる19.9%となります。自動車であれば自賠責保険への加入が義務付けられていますが、自転車同士や、自転車と歩行者の衝突事故の場合は、自賠責保険では補償されません。

交通事故の状態別負傷者の割合

スポーツ時のリスク

通常、スポーツを競技として、競い合うことを前提とした場合の試合では、相手にケガを負わせてしまっても賠償責任は発生する可能性は低いです。これは、競技前に、お互いにケガのリスクを合意したうえで参加しているからです。ただし、競技中でない場合やリスクに合意ができていない場合は、賠償責任が発生する可能性が高くなります。

以下は「賠償責任が発生する」と考えられる参考例です。

  • ・サーフィンで他サーファーにぶつかって大ケガをさせてしまった
  • ・スノーボード中に転倒して、他人にぶつかって大ケガさせてしまった
  • ・野球中にホームランの球で民家の窓を割ってしまった
  • ・ゴルフ中に打ったボールが他のプレーヤーに当たりケガをさせてしまった

いざという時に備え、「安心」を探す

保険を自分で探したい

ゴルフ保険 比較

盗難・破損・ケガ

スキー保険 比較

盗難・破損・ケガ

傷害保険 比較

自身や他人のケガ

自分で探すより専門家に相談したい

保険のご加入に関するご相談を、専門家がアドバイスいたします!

・自分にピッタリの保険が知りたい!
・今の保険料の負担を軽くしたい!
・持病があるけど保険に入りたい!
・希望の保障内容で見積もりが欲しい!
保険相談

このページの先頭へ