価格.com

保険

カカクコム・インシュアランス

猫の糖尿病の症状・原因と治療法

「価格.com 保険」は、株式会社 カカクコム・インシュアランスが保険契約締結の代理・媒介を行います。

猫のホルモンの病気

猫の糖尿病

猫の糖尿病とは、どのような傷病なのでしょうか?
症状や原因、治療法について見てみましょう。

猫の糖尿病ってどんな病気?

糖尿病は、インスリンが足りない、もしくは正常に働かないことにより、血中の糖が増える病気です。
通常、血液中の糖はインスリンにより細胞内に取り込まれ、各臓器を動かすエネルギーとして働きます。
しかし、糖を取り込むことができないと、血液中の糖の濃度は増え、逆に細胞内の糖は枯渇するという状況になります。

猫の糖尿病では、インスリンが出ているが不足している、もしくは、インスリンが出ているが身体が反応しないという場合が多いです。
適切な食事療法を行うことで、体内のインスリンが十分に分泌されたり、機能したりすることで、注射によるインスリン投与が将来的に不必要になることもあります。人の糖尿病でいう2型糖尿病によく似ています。

【人の糖尿病】

1型糖尿病
膵臓(すいぞう)がインスリンを作れなくなってしまうことにより糖尿病になります。そのため、インスリン注射が必要です。

2型糖尿病
生活習慣や遺伝などにより、膵臓からインスリンが出にくくなったり、インスリンは出ているものの作用しにくくなったりすることにより糖尿病になります。
食事療法、運動療法、血糖値を下げる薬、場合によってはインスリン注射により治療されます。

猫の糖尿病

どんな症状なの?

・水を飲む量が増える
・おしっこが増える
・毛づやが悪くなる
・食欲旺盛だが痩せてくる など

水を飲む量と尿が増える多飲多尿(たいんたにょう)の症状がみられます。水分は糖に引っ張られる性質を持っています。尿に糖分が混じっていると、通常よりも尿の量が多くなります。そのため、水分が大量に放出されて体内の水分量が減ってしまいます。その分を補うために水を飲む量が増えます。また、糖尿病の場合、糖が吸収されにくくなるため、食欲旺盛にもかかわらず痩せていくことがあります。

※糖尿病性ケトアシドーシス
糖尿病を発症しているときに起こる緊急を要する病態で、食欲低下、元気消失、脱水などの症状がみられます。細胞がエネルギーを得るために糖の代わりに脂肪を分解しますが、その際に作られるケトン体が増えすぎることが原因となります。早急に適切な治療を行わないと死にいたることもあります。

原因はなに?

不適切な食事
猫は肉食動物のため、動物性のタンパク質を摂取する必要があります。また、炭水化物はあまり摂取する必要がありません。
そのため、低タンパク質、高炭水化物などの不適切な食事を続けていると糖尿病にかかる可能性があります。

肥満
体重が増加し肥満状態になると、糖分を細胞に取り込む役割をしているインスリンの働きが鈍くなるため、糖尿病を発症する可能性があります。

膵炎(すいえん)
膵炎は、糖分細胞に取り込む役割をしているインスリンを作っている膵臓に炎症が起こる病気です。
膵炎になると、膵臓が破壊されてインスリンが作られなくなったり、激しい炎症が起こってインスリンの働きが鈍くなったりすることで、糖尿病を発症します。

ほかには、ウイルス感染なども原因として挙げられます。

かかりやすい猫種はいるの?

かかりやすい猫種はとくになく、すべての猫種でかかる可能性があります。
肥満体型の猫は、糖尿病になりやすいです。

猫の糖尿病の治療法には、どんなものがあるの?

インスリン注射
血糖値を安定させるためにインスリン注射を打ち、適切な食事を選択します。
インスリン注射は基本的に毎日1日2回行うため、飼い主さんが自宅で注射を打つことになります。
飼い主さんのライフスタイルなどにより、目標とする血糖値が異なってくるので、注射するインスリンの量、病院に血糖値を測定に行く頻度など、かかりつけの先生とよく話し合って決定していきます。

糖尿病性ケトアシドーシスを起こしている場合は、救急管理が必要です。
入院し、インスリン注射を投与しながら静脈点滴を流し、高血糖、脱水、乱れた電解質バランスを治療していきます。

猫の糖尿病の治療費例

糖尿病にかかってしまった場合、どのくらいの治療費がかかるのでしょうか? 保険会社の保険金請求データをもとにした治療費の例を見てみましょう。

猫種:ノルウェージャン・フォレスト・キャット(7歳)
内容:入院2日
診療明細例
診療項目(内容) 金額(円)
診察 1,000
入院(2日) 6,000
検査 12,000
点滴 5,000
注射 6,000
処方 5,000
合計 35,000円
  • アイペット損害保険株式会社へご請求いただいた際の一例です。
  • 金額はあくまで一例であり、平均・水準を示すものではありません。
  • 各診療項目の金額は動物病院によって異なりますのでご了承ください。

糖尿病にならないための予防法はあるの?

肥満を防ぐ
糖尿病の予防には、肥満にさせないことが重要です。
すでに肥満体型の場合は、食事の管理や運動により減量をするようにしましょう。

ストレスの軽減
猫はストレスで血糖値がすぐに上昇するので、快適にすごせる空間を作るなどして、なるべくストレスの少ない生活を心がけましょう。

執筆者プロフィール
三宅 亜希(みやけ あき)
三宅 亜希(みやけ あき) 獣医師 獣医師/電話どうぶつ病院アニクリ24 院長
ペット保険の商品を探す

このページの先頭へ

  • 保険
  • ペット保険
  • 猫の病気
  • 猫のホルモンの病気
  • 猫の糖尿病の症状・原因と治療法について獣医師が解説価格.com

© Kakaku.com insurance, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止