価格.com

保険

カカクコム・インシュアランス

犬の椎間板ヘルニアの症状・原因と治療法

「価格.com保険」は、株式会社 カカクコム・インシュアランスが保険契約締結の代理・媒介を行います。

犬の脳・脊髄・神経の病気

犬の椎間板ヘルニア

犬の椎間板ヘルニアとは、どのような傷病なのでしょうか?
症状や原因、治療法について見てみましょう。

犬の椎間板ヘルニアってどんな病気?

老化、外傷、激しい運動、遺伝などが原因で椎間板が変性して突出し、脊椎の上にある太い神経(脊髄)を圧迫することで起こる病気です。 頚部、胸部、腰部どこにでも発症の可能性があり、痛みや麻痺といった神経症状が生じます。

「椎間板ヘルニア」
  • 引用元:アニコム損保

椎間板は脊椎にかかる圧力を分散する役割があり、非常に重要なものです。 脊椎(背骨)は1つ1つの短い骨が連なって形成されています。その短い骨と骨の間でクッションの役割をしているのが椎間板です。 椎間板は外側が「繊維輪(せんいりん)」という組織、内側が「髄核(ずいかく)」という組織から成っています。

犬の椎間板ヘルニア

どんな症状なの?

・歩きたがらない
・背中を触ると痛がる
・ソファなどに飛び乗らなくなった
・四肢に麻痺がある
・腰が立たない
・排泄のコントロールができない など

軽度であれば、「なんとなく激しい運動をしなくなった」と感じる程度で、なかなか症状に気がつかないこともあります。
病状が進行してくると、足元がふらついたり引きずるような歩き方になります。さらに病状が進行し重度となると、突然立ち上がれなくなったり、自身の力で排尿・排泄のコントロールできなくなることもあります。骨折、脱臼、腫瘍、脊椎炎などでも椎間板ヘルニアと似た症状が見受けられることがあるので、気になる症状が出ている場合は早めに病院で検査を受けましょう。

原因はなに?

椎間板ヘルニアの原因として大きく分けて2つあります。

@加齢によるもの
加齢により繊維輪が変性して亀裂が入り、髄核が入り込むことで繊維輪が押し上げられます。
繊維輪が押し上げられた分、脊髄が圧迫され、椎間板ヘルニアが起こります。

A遺伝的なもの
「軟骨異栄養症(なんこついえいようしょう)」という遺伝子を持つ犬は、ゼリー状の髄核が生まれつき固くなりやすくなっています。
固くなった髄核が繊維輪を圧迫することにより亀裂が入り、髄核が繊維輪から逸脱します。これにより脊髄が圧迫され、椎間板ヘルニアが起こります。

かかりやすい犬種はいるの?

加齢によるものはどの犬種でもかかることがあります。
遺伝的なものでは、軟骨異栄養犬種(ダックスフンド、コーギー、シー・ズー、ビーグル、ペキニーズ、フレンチ・ブルドックなど)がかかりやすいです。

※軟骨異栄養犬種
遺伝性疾患により手足が極端に短く産まれてくることがありますが、この遺伝子をもともと持っている犬種を軟骨異栄養犬種といいます。この犬種は椎間板の早期変性を起こしやすいため、一般的には老齢で発生する椎間板ヘルニアが若いうちに発生しやすかったり、何カ所もの椎間板が同時に変性して症状を起こしたりすることが知られています。

犬の椎間板ヘルニアの治療法には、どんなものがあるの?

神経系の検査やレントゲン検査を行いますが、実際にどの個所の椎間板がどのように突出しているのかを判断するにはCT・MRI検査が必要になります。

投薬
軽度の場合は、鎮痛剤などの投薬と安静にすることで改善を図ります。
数週間の安静が必要になりますが、症状が安定する前に通常の生活に戻してしまうと、重症化して歩けなくなるおそれがあります。

外科手術
重度となり麻痺を起こしている場合は、内科療法での治癒を期待することは困難です。
根治は突出した椎間板を摘出する外科手術となります。術後管理やリハビリが非常に大切です。

犬の椎間板ヘルニアの治療費例

椎間板ヘルニアにかかってしまった場合、どのくらいの治療費がかかるのでしょうか?
保険会社の保険金請求データをもとにした治療費の例を見てみましょう。

犬種:ミニチュア・ダックスフンド(3歳)
内容:手術1回、入院6日
診療明細例
診療項目(内容) 金額
診察 1,500
入院(6日) 20,400
検査 39,700
MRI 89,000
全身麻酔 15,000
手術 127,300
点滴 12,200
処置 7,100
注射 23,000
処方 2,450
合計 337,650円
  • アイペット損害保険株式会社へご請求いただいた際の一例です。
  • 金額はあくまで一例であり、平均・水準を示すものではありません。
  • 各診療項目の金額は動物病院によって異なりますのでご了承ください。

椎間板ヘルニアにならないための予防法はあるの?

肥満を防止する
子犬のときからバランスの良い食事と適度な運動で柔軟な筋肉を作っておくことや、肥満にさせないことは大切です。

無理な姿勢を取らせない
二本足で立たせたり、仰向けに抱いたりなど、無理な姿勢を取らせないようにしましょう。

床材の見直し
足腰に余計な負担がかからないように床材を滑りにくいものにするなど環境の見直しも有効です。

執筆者プロフィール
三宅 亜希(みやけ あき)
三宅 亜希(みやけ あき) 獣医師 獣医師/電話どうぶつ病院アニクリ24 院長
ペット保険の商品を探す

このページの先頭へ

  • 保険
  • ペット保険
  • 犬の病気
  • 犬の脳・脊髄・神経の病気
  • 犬の椎間板ヘルニアの症状・原因と治療法について獣医師が解説価格.com

© Kakaku.com insurance, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止