個人年金の給付期間 - 個人年金保険の選び方 -

「価格.com 保険」は、株式会社 カカクコム・インシュアランスが保険契約締結の代理・媒介を行います。

個人年金は給付期間はどのくらい必要なのでしょうか?
給付期間の相場データから解説します。

  • Twitterにツイートする

年金の給付期間の相場

個人年金保険の給付期間は10年間が最も多く、世帯主でも配偶者でも違いはありません。60歳で定年を迎え、公的年金が支給される65歳までのを保障することを目的としているようです。また、個人年金保険料控除を受けるための要件が「年金受取期間が10年以上」となっていることも要因と考えられます。

個人年金保険の給付期間

個人年金保険の給付期間の図
  • 出典:生命保険文化センター 平成21年度「生命保険に関する全国実態調査」

職業別の給付期間

国民年金の自営業者と、厚生年金の会社員では、給付期間に違いが見られます。会社員や公務員は、自営業者と比較して公的年金の給付額そのものが多いため、10年間という短期間で設定する場合が多いようです。しかし、自営業者の場合は、一生涯にわたり給付額が比較的小額であるため、終身などの長期間での給付期間を希望する場合が多くなります。

個人年金保険の給付開始年齢

個人年金保険の給付開始年齢の図
  • 出典:生命保険文化センター 平成21年度「生命保険に関する全国実態調査」

いざという時に備え、「安心」を探す

保険の提案をしてもらう

保険ご加入に関する
ご相談を、専門家が
アドバイスいたします。

カカクコム・インシュアランス受付窓口

保険を比較する

このページの先頭へ