価格.com

自動車保険

自転車傷害特約と個人賠償責任特約の違いとは?

自転車傷害特約と個人賠償責任特約の違いとは?

更新日:2016年3月28日

自転車傷害特約とは、自転車走行中に発生した事故による損害を補償する自動車保険の特約の一つです。
一方で、個人賠償責任特約も自転車での事故の損害を補償できる自動車保険の特約の一つですが、補償対象や補償内容など具体的にどのような違いがあるのでしょうか。

自転車傷害特約と個人賠償責任特約の違いとは?

自転車傷害特約の補償の対象は?

一般的な自転車傷害特約の補償の対象は、自転車で転倒して自分が死傷をした場合や、歩行中に他人が乗っている自転車にぶつかり自分がケガをして入院した場合などです。

自転車傷害特約は、死亡、後遺障害、入院した場合は補償されますが、ケガをした場合でも通院の補償はない場合が多いため、注意が必要です。
また、自転車傷害特約の補償の対象となる方は、自動車保険の主な運転者に加え、主な運転者の家族(主な運転者の配偶者、主な運転者または配偶者の同居の親族、主な運転者または配偶者の別居の未婚の子)となる場合が一般的です。

このように、自転車傷害特約は自転車に乗っていて自分がケガなどをした場合を補償する特約です。では、自転車に乗っていて自分が加害者となってしまった場合はどのように補償すればよいのでしょうか?

加害者となってしまった場合に備える個人賠償責任特約

自分が自転車に乗っていて他人を死傷させたり、他人の財物に損害を与えたりしたときの補償はどうなるのでしょうか。そのような場合に備える主な方法を2つ紹介します。

1つ目は自転車保険に加入する方法です。
自転車保険とは、自転車に乗っていて自分が死傷したり、他人を死傷させたり、他人の財物に損害を与えたりしたときの損害を補う保険です。自転車保険は、自転車走行中の損害をひと通り補える保険ですが、既に加入している保険と補償の部分的な重複が起きやすいため、加入の際にはご注意ください。
価格.com保険「自転車保険 比較」はこちら

2つ目は個人賠償責任特約に加入する方法です。
個人賠償責任特約とは、自動車保険などに付帯できる特約の一つです。個人賠償責任特約では、自動車事故を除く日常生活における偶発的な事故で、自動車保険の主な運転者とその家族が、他人を死傷させたり、他人の財物に損害を与えたりしたときに、法律上の損害賠償責任の額が補償されます。
自転車に乗っていて加害者になってしまったときの補償はもちろんのこと、飼い犬が他人を噛んでケガをさせたときや洗濯機から水漏してマンション階下の天井にシミができたときなどの損害も個人賠償責任特約によって補償されます。
このように自動車保険に個人賠償責任特約を付帯して、自転車に乗っていて加害者となってしまった場合に備えることも可能です。なお、個人賠償責任特約ではなく日常生活賠償特約などの商品名を使用している保険会社もあります。

個人賠償責任特約

(例)個人賠償責任特約で補償されるケース

このように自転車走行中に発生した事故による損害を補償する方法は多様に存在しますが、既に加入している保険や特約と補償の範囲が微妙に異なっていたり、他の保険に標準付帯されていて知らぬ間に補償の内容や範囲が重複していたりすることがあります。
そのため、まずは自分が必要なのは自分が被害者になったときの補償なのか加害者になったときの補償なのかを考え、既に加入している保険もしくは加入を検討している保険の補償内容や範囲をしっかり把握した上で加入するようにしましょう。

まとめ

  1. 自転車傷害特約とは、自転車事故による自分や家族のケガに対して受けられる補償です。
  2. 自転車乗車中の事故で、自分が加害者になってしまった場合は個人賠償責任特約などでカバーすることができます。
  3. 自転車に関する特約は内容の重複や漏れに注意し、十分に確認をして加入しましょう。

各社の自動車保険を比較して、付帯できる特約をチェック!

先月のご利用数

かんたん5分 一括見積もりスタート(無料)

関連記事

ご利用は無料

自動車保険を比較して、付帯できる特約をチェック!

複数社の自動車保険を一括比較!

かんたん5分 一括見積もりスタート(無料)

このページの先頭へ

© Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止