価格.com

自動車保険

事故対応で自動車保険を選ぶコツ

事故対応で自動車保険を選ぶコツ

更新日:2022年5月20日

全国的に代理店を展開し、多数の契約者を抱えるメガ損保。それに対してインターネットや電話で見積もりを行い、通販で保険を販売するダイレクト系の保険会社。販売チャネルこそ違えども、同じ保険会社であることに変わりはありません。
とは言え、万一の事故の際には保険会社の違いによって有利不利があったり、事故対応に差が生じたりすることはないのでしょうか?
事故時の対応という観点から保険会社の選び方を行ってみましょう。

事故の時、ダイレクト系保険はホントに大丈夫?

担当者と顔を合わせることもなく書類やネットで契約するダイレクト型自動車保険(通販型自動車保険)
合理化により保険料が安いのがメリットですが、その反面、イザという時にちゃんと対応してくれるのか、やはり不安が残ってしまいます。
また、ダイレクト型保険に対し、「事故の時に現場に来ない」、「示談のノウハウが無いので交渉が不利になる」、「保険会社は大きい方が有利」などの内容を言う人もいます。果たしてこれらは事実なのか、保険会社の事故時の対応、体制を確認してみます。

自動車保険会社の事故損害サービス拠点数
保険会社名 損害サービス拠点数 正味収入保険料(自動車保険のみ)
代理店型 東京海上日動 232 1兆1,052億円
ダイレクト系 三井ダイレクト損保 12 364億7700万円
  • ※正味収入保険料はディスクロージャー誌、決算資料より(2020年度)
  • ※2021年10月カカクコム調べ

事故時の体制

事故が発生した際、対応してくれる損害サービス拠点数を代理店型の東京海上日動、ダイレクト系の三井ダイレクト損保の2社で比較してみました(上記表組参照)。

驚くことに2社の拠点数は約19倍もの差があることが判明しました。あまりの拠点数の違いに驚かれる方もいらっしゃるかと思いますが、大きな理由は会社の規模の大きさにあります。
保険契約1件あたりの拠点数でもやはり東京海上日動が上回っていますが、そこまで大きな差ではないのです。
なお、なかにはコールセンター(事故受付)、事務処理の部署を拠点数としてカウントしている保険会社もあります。これは代理店型、ダイレクト系を問わないのでご注意ください。身近なサービス拠点を確認したければ、契約前に保険会社に直接問い合わせることをおすすめします。

事故対応に違いはある?

次に事故時に保険会社が即座に来るか?という点ですが、「事故処理の担当者は来ない、故障などのトラブルがあればロードサービスが来る」と思っておいて間違いありません。これはダイレクト系に限った話ではなく、代理店型も同様です。なぜなら事故処理の担当者が事故直後の現場へ行ってもすることが無いというのが最も大きな理由となります。
ただ、代理店型の営業マンのなかには精神面のケアを考慮して、現場まで来てくれる方もいます。彼らは事故査定の担当ではありませんが、心強いと言えます。とは言え、深夜や年末年始などの休暇時、また遠方の旅先にまで来てくれるかと言えば、やはりそれは難しいのが現状です。

事故の際、加害者、被害者を問わず、まずは現場で出来ることは自分で全て行うのが基本です(下記表組参照)。
これは誰のためでもなく、自分のためなので、しっかり対応しましょう。なお、以降の事故現場の確認などについても、人命に関わるような重大な事故を除いて担当者が現場に赴くことは滅多にありません。ただし、当事者との面談が必要になった場合は、代理店型、ダイレクト系を問わずに担当者が面談する仕組になっています。
なお、最近ではダイレクト型を中心に、警備会社の対処員が現場に来て示談交渉以外の現場対応をサポートしてくれるサービスを提供している保険会社も増えてきています。

事故に遭った場合の対処
加害者になった場合 被害者になった場合
(1) けが人を安全な場所へ移す
救急車、警察へ通報
お互いの身元を確認
車検証、免許証をコピー
(2) 二次的な被害の発生を防ぐ
発煙筒、停止表示機材の設置
現場の確認、目撃者に協力依頼
現場は携帯カメラなどで撮影
(3) 正式に警察への届け出
事故証明書発行の手続き
警察への届け出
事故証明書発行の手続き
(4) 60日以内に保険会社への連絡 60日以内に保険会社への連絡
  • (2015年4月カカクコム調べ)

示談の過失割合は過去の判例を参考にします

最後に気になる示談交渉について。
我々が示談と聞けば、双方がじっくり話し合いをして、お互いに納得のいく結果を導きだすことのように思います。しかし、一般的な自動車保険の示談とは、過去の似たような事故の判例、裁判例を基準にして、双方が話しあうことです。
「今回の事故のケースは、過去に4:6の判決が出ているから、今回も例に倣おう」というのが基本なのです。これは代理店型、ダイレクト系に共通となります。

もちろん、過失割合や損害額の査定が正当かどうかはまた別の問題になりますが、保険会社の業態の違いや、大手か新規参入か、ということは全く影響しません。
事故対応については両者ともに問題なく任せられると考えて大丈夫そうです。

まとめ

  1. 事故体制の面では代理店型の自動車保険とダイレクト型自動車保険に差はありません。
  2. 事故時、当事者との面談の際には、代理店型ダイレクト型を問わずに担当者が面談する仕組みになっています。
  3. 事故対応で自動車保険を選ぶ際は代理店型とダイレクト型には違いがないことを念頭に比較検討をしましょう。

事故対応で選ぶなら、まずは各社の自動車保険を比較!

先月のご利用数

かんたん5分 一括見積もりスタート(無料)

記事の監修者

  • 平野 雅章 家計相談実績3500件超の相談専門ファイナンシャルプランナー。横浜FP事務所 代表。全国FP相談協会 代表理事。神奈川県立産業技術短大 非常勤講師。CFP(c)。「家計ポートフォリオ分析」考案者
  • 西村 有樹 オフィスクイック代表・フリーランスライター・編集者。
    主な執筆分野は企業、金融、保険、マネー系全般。All About自動車保険ガイドなどを手がける。

関連記事

ご利用は無料

事故対応で選ぶなら、まずは各社の自動車保険を比較!

複数社の自動車保険を一括比較!

かんたん5分 一括見積もりスタート(無料)
  • ※ アクサダイレクト、SBI損保、セゾン自動車火災保険、ソニー損保、チューリッヒ、三井ダイレクト損保、楽天損保につきましては、お客様と保険会社との直接の契約になります。
  • ※ 掲載している情報の正確性については万全を期していますが、その内容を保証するものではありません。
  • ※ 掲載情報には価格.com 自動車保険に参画する事業者が提供するPR情報が含まれている場合があります。
  • ※ 各種割引や特典は各事業者より提供されます。お申し込みの際は各事業者による注意事項や規約等をよくご確認の上お手続きください。
  • ※ 各商品の詳細については、必ず「パンフレット」、「契約概要」、「注意喚起情報」、「ご契約のしおり・約款」等をご確認ください。
  • ※ お電話による個別見積もり及びオンラインでの個別見積もりは、各保険会社が運営するサービスであり、当該サービス・見積もりの内容についてご不明な点がございましたら、各保険会社までお問い合わせください。株式会社カカクコムでは応じかねますので、ご了承ください。

このページの先頭へ

© Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止