価格.com

自動車保険

セカンドカー割引で2台目の保険料が安くなる

セカンドカー割引で2台目の保険料が安くなる

更新日:2017年5月2日

セカンドカー割引(または複数所有新規割引)とは、自動車保険に新規で加入する際、通常は6等級のスタートなのに対して、7等級から保険を開始できる割引制度です。
自動車保険では等級が増えるほど割引率がアップし、保険料が安くなるので、おトクに契約することができます。ただし、この割引を使うためにはいくつかの条件があります。

セカンドカー割引で2台目の保険料が安くなる

セカンドカー割引(複数所有新規割引)とは?

セカンドカー割引は、2台目の車を購入して新規で保険契約する際、2台目が6等級ではなく、7等級からスタートできるオトクな制度です。複数所有新規割引と呼称する保険会社もあります。このセカンドカー割引を適用するには次の条件があります。

条件1:1台目の車が11等級以上であること

2台目の保険がスタートする時点で1台目が11等級以上であることが必須となります。
1台目はA社で加入、2台目はB社で加入という場合も適用されます。

条件2:1台目の用途車種が自家用8車種であること

自家用8車種とは以下の車になります。

自家用8車種

自家用8車種

通常使用の自家用車であれば、まず問題ないと思われますが車検証の用途、自動車の種別に上記が記されていることを確認しましょう。

条件3:1台目の所有者が個人であること

車検証の所有者欄が個人名義であるか確認します。なおローン契約等の場合、所有者が、ディーラー、ローン会社、リース会社となります。その際は、使用者欄に個人名があれば問題ありません。

条件4:2台目がまったくの新規で保険に入ること

2台目の車を新しく取得し、まったくの新規で保険に入ることが条件です。
なお、友人から譲渡された場合、友人名義での保険は解約。自分名義で加入する…という場合も新規となります。

条件5:2台目も自家用8車種であること

条件2と同じく、自家用8車種であることが条件です。私的に使用する、通常の自家用自動車ならまず問題ありません。

条件6:2台目の所有者が個人で、以下のいずれかであること

  1. 1台目の記名被保険者と同じ人
  2. 1台目の記名被保険者の配偶者
  3. (1)または(2)の同居の親族
  4. 1台目の車の所有者と同じ人
  • ※上記の項目は全ての保険会社に共通なものではありません。
  • ※詳細については契約中の保険会社にお尋ねください。

これも所有者がローン会社などの場合、使用者欄に個人名があれば問題ありません。

条件7:2台目の記名被保険者が以下のいずれかであること

  1. 1台目の記名被保険者と同じ人
  2. 1台目の記名被保険者の配偶者
  3. (1)または(2)の同居の親族
  • ※上記の項目は全ての保険会社に共通なものではありません。
  • ※詳細については契約中の保険会社にお尋ねください。

以上が条件となりますが、ややわかりにくいかと思います。
簡単にまとめると「同居している家族や自分が1台目の車を持っていて、任意保険に加入しており、11等級以上になっていること」になります。

セカンドカー割引のメリット

セカンドカー割引はその割引率が魅力です。
損害保険料率算出機構では、以下のように年齢条件ごとに等級の割引率を提示しています。

新規で契約する場合の等級係数
年齢条件 6等級 7等級
全年齢補償 28%割増 11%割増
21歳以上補償 3%割増 11%割引
26歳以上補償 9%割引 40%割引
年齢条件対象外 4%割増 39%割引
  • ※損害料率算出機構 自動車保険参考純率改定説明資料より

6等級で加入した場合は、26歳以上補償を除く3つの年齢区分で保険料が割増になります。

一方、7等級で加入すれば、全年齢補償を除き、割引で保険に加入できます。6等級と比較した場合、全ての年齢区分で割安です。
しかも26歳以上補償でその差は約31%、年齢条件対象外で43%もの差があります。

単純に10万円の保険料で比較すると…

年齢条件 6等級 7等級
26歳以上補償 91,000円 60,000円
年齢条件対象外 104,000円 61,000円
  • ※保険料は10万円と仮定した場合。実際には諸条件により変わります

このようにかなりお得になります。
なお、詳細な割引率、保険料の算出方法は保険会社により異なります。実際に比較するには見積もりをとってみるのが最も早い方法です。

複数契約割引・マルチオーナーシップ割引・ノンフリート多数割引との違いは?

セカンドカー割引は保険会社が異なっても適用される、自動車保険共通の割引制度です。
これに対して複数契約割引、マルチオーナーシップ割引、ノンフリート多数割引は各保険会社が独自に行っている割引制度となります。

端的に説明すると、「同じ保険会社で、同じ契約者が、自分を含む同居親族の車で保険加入」すると、1台目、2台目ともに割引が受けられるという割引です。割引率は1%〜7%と台数や条件によって異なります。

保険会社によって制度の有無が限定されますが、条件に当てはまるなら、セカンドカー割引との併用も可能です。2台目以降の車を買ったら、まずは契約中の保険会社に問い合わせてはいかがでしょうか?

セカンドカー割引の注意点

おトクに加入できるセカンドカー割引ですが、適用できるかどうか契約者側から保険会社に尋ねる必要があります。同一名義での契約でも保険会社が違う、契約者名などが違う場合は、進んで問い合わせましょう。

新規契約する会社に「1台目の車が他社で契約していて11等級以上」という連絡をすれば、1台目の情報を証券などで確認する作業に移ります。これは保険会社側で行うので、あとは指示に従えば適用の可否が判断されます。

この場合、通常の契約よりも時間を要する可能性があるため、保険の始期日まで時間の余裕を持って連絡します。他社と比較する場合など、この作業が複数発生するため、さらに時間的な余裕が必要となります。

またセカンドカー割引に限らず、自分を含む同居家族で複数の車を持つ場合は補償の重複に注意しましょう。
例えば人身傷害補償保険など、「契約車両以外も補償」という場合なら、新しく買った車には人身傷害補償保険が不要というケースもあります。
ほかにファミリーバイク特約なども一契約で同居家族分を補償します。
見積もり段階で気になる点は保険会社に問い合わせしましょう。

まとめ

  1. セカンドカー割引は、2台目の車を購入して新規で保険契約する際、2台目が6等級ではなく、7等級からスタートできるオトクな制度です。
  2. 「同居している家族や自分が1台目の車を持っていて、任意保険に加入しており、11等級以上になっていること」が適用条件となります。
  3. セカンドカー割引はその割引率が魅力ですが、契約時には1台目と補償や特約が重複していないかについてもあわせて確認しましょう。

保険料で選ぶなら、まずは各社の保険料をチェック!

先月のご利用数

かんたん5分 一括見積もりスタート(無料)

関連記事

ご利用は無料

保険会社を比較して割安な自動車保険をみつけよう!

複数社の自動車保険を一括比較!

かんたん5分 一括見積もりスタート(無料)

このページの先頭へ

© Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止