価格.com

自動車保険

1日だけ自動車保険に加入したい

1日だけ自動車保険に加入したい

更新日:2016年3月28日

1日だけ知人の自動車を借りるときや友達の自動車で運転を交替しながら旅行するときなど、他人の自動車を運転するときの自動車保険はどうしたらよいでしょうか?
ここでは、自動車を他人から借りた人が自動車保険の補償を受ける方法を紹介します。

1日だけ自動車保険に加入したい

借りた自動車の自動車保険を使う場合のメリットとデメリット

借りた自動車の自動車保険を使う場合のメリットは二つあります。

一つ目は、自動車保険の特別な手続きが必要ないことです。
借りた自動車の自動車保険が、本人限定や夫婦限定、家族限定などの運転者が限定されていないもので、年齢条件も補償の範囲を満たしている場合は、仮に交通事故を起こしてしまったとして借りた自動車の自動車保険で損害を補償することができます。
また、なんらかの条件がある場合でも、自動車を借りている期間だけ条件を変更することで、借りた自動車の自動車保険を使用することができるようになります。
ただし、この場合は追加で保険料を保険会社に支払うなどの手続きが必要になります。

メリットの二つ目は、車両保険が使えることです。詳しくは後で紹介しますが、借りた自動車の自動車保険を使う場合以外の方法では、車両保険が使えない場合があります。

借りた自動車の自動車保険を使う場合のデメリットとしては、借りた自動車の自動車保険を使用すると次回更新時の保険料が高くなってしまい、自動車保険の契約者や自動車の所有者に迷惑をかけてしまうことです。

借りた自動車の自動車保険と使える条件

自賠責保険(強制保険)
被害者のみ補償
死亡時 3,000万円
傷害 120万円
後遺障害 4,000万円
使える条件 特になし
自動車保険(任意保険)
被害者のほか自分のケガ、車両も補償
対人賠償 無制限
対物賠償 無制限
自損事故 1,500万円
無保険車傷害 2億円
搭乗者傷害 1,000万円
人身傷害補償 3,000万円
車両保険 車両価格による
使える条件 ・限定条件がない
・年齢条件に合致している
・運転者に重大な過失がない

自分の名前で加入するドライバー保険のメリットとデメリット

借りた自動車の自動車保険を使う以外に他人から借りた人が自動車保険の補償を受ける方法としては、ドライバー保険に加入する方法があります。
ドライバー保険とは、借りている自動車を運転しているときに発生する交通事故の損害を補償する保険です。

車にかける=自賠責保険・任意保険 人にかける=ドライバー保険

自動車保険(任意保険)が自動車にかける保険であるのに対して、ドライバー保険は自動車を運転する個人にかけるという違いがあります。

ドライバー保険のメリットとしては、自動車を他人から借りた人の名義で加入するため、交通事故を起こしても自動車の持ち主に金銭面での迷惑がかかりません。
また、交通事故を起こさずに1年間過ごすと、翌年に等級が上がり保険料の割引率が高くなります。なお、ドライバー保険の等級を自動車保険に引き継ぐことはできませんが、所定の条件を満たせば自動車保険に新規に加入するときに7等級からスタート(通常6等級からスタート)できる保険会社もあります。

ドライバー保険のデメリットとしては、車両保険が使えないことです。
交通事故で自動車を壊してしまい修理したい場合は、借りた自動車の車両保険を使うか、自己負担で自動車を修理する必要があります。また、年齢条件の区分が二つ(21歳未満補償/21歳以上補償)しかなく選択肢が少ないのもデメリットとして挙げられます。

株式会社 カカクコム・インシュアランスでは、このドライバー保険を紹介しています。なかには1日500円から加入できる商品もあります。友人や知人の車を運転する機会が多い人は是非チェックしてみましょう。
「株式会社 カカクコム・インシュアランス ドライバー保険 比較」はこちら

ドライバー保険は1日だけでも加入(短期加入)できる?

ドライバー保険の保険期間は1日から1年間が一般的なので、1日だけでも加入できるドライバー保険はあります。
例えば、年に3日だけ加入したい人は、1日単位で加入できるタイプか1週間単位で加入できるタイプを選びましょう。1年単位でドライバー保険に加入しているときなどは、自動車を持ち主に返すことになることもあるでしょう。
そのようなとき、ドライバー保険を解約すると保険料が戻ってくることもあります。

ドライバー保険の補償内容
自賠責保険(強制保険)
対人賠償
対物賠償
自損事故
無保険車傷害
搭乗者傷害
人身傷害補償 任意
車両保険 なし
保険契約期間 1年間

自分や家族が自動車保険に入っている場合は?

自分か同居の家族が自動車を持っていて、自動車保険に加入しているときは「他車運転危険担保特約」「他車運転特約」を使用することで、借りた自動車を運転中に発生した損害を補償することができる場合があります。多くの自動車保険にはこの特約が自動付帯されています(※1)。
この2つの特約に入っていると、他人の自動車で事故を起こしても自分の車の自動車保険が使えます。対人賠償、対物賠償、自損事故が標準的な補償内容となりますが、保険会社によっては借りていた自動車に車両保険がついていれば、車両保険も補償してくれるところもあります(※2)。

借りた車で事故を起こしてしまった場合も自分の車の保険が使える

この特約の最大のメリットと言えるのが、同居の家族が運転していた場合も補償してくれるところです。
例えば「息子が友人の自動車を運転して事故を起こした」という場合でもお父さんの自動車の自動車保険を使うことができます。追加の保険料を払う必要もありませんが、この特約を使うと次回更新時の等級が下がるため、次回更新時の保険料が高くなる点にご注意ください。

  • (※1)「他車運転危険担保特約」「他車運転特約」は一般的な自動車保険に自動付帯されています。付帯の有無、詳しい補償内容は保険証券、約款などでご確認ください。
  • (※2)車両保険は借りた車だけでなく、運転していた人の車にも付帯されていることを条件とする保険会社もあります。詳細はご契約の保険会社もしくは保険代理店にお尋ねください。

まとめ

  1. 借りた車の自動車保険を使うメリットは、特別な手続きが不要なことと車両保険が使えることです。
  2. 借りた車の自動車保険を使うデメリットは、翌年度の保険料が高くなるため、車の持ち主などに迷惑がかかることです。
  3. 自分や家族が自動車保険に加入している場合は「他車運転危険担保特約」や「他車運転特約」を使用することができます。

自動車保険を見直すなら、まずは各社の保険料をチェック!

先月のご利用数

かんたん5分 一括見積もりスタート(無料)

関連記事

ご利用は無料

自動車保険を見直すなら、まずは各社の保険料を比較!

複数社の自動車保険を一括比較!

かんたん5分 一括見積もりスタート(無料)

このページの先頭へ

© Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止