え!?自己負担300万円?まさか私が・・・ もしものときの「先進医療保障付き医療保険」とは?

ホーム > 保険 > 医療保険 比較 > え!?自己負担300万円?まさか私が・・・ もしものときの「先進医療保障付き医療保険」とは?

「価格.com 保険」は、株式会社 カカクコム・インシュアランスが保険契約締結の代理・媒介を行います。

暮らしに役立つ保険の知識

2016年7月20日掲載

え!?自己負担300万円?まさか私が・・・
もしものときの「先進医療保障付き医療保険」とは?

技術料が数千円〜数百万円とさまざまな「先進医療」。それに備えるための保障を付加した医療保険が人気を集めています。
そこで、今回は、「先進医療保障付き医療保険」のポイントを見てみましょう。

え!?自己負担300万円?まさか私が・・・もしものときの先進医療保障

「先進医療」とは?

「先進医療」とは、簡単にいえば、厚生労働省に承認された高度な医療技術のこと。例えば、難病治療のように、特定の医療機関が実施している高度な医療技術を必要とする治療のうち、まだ公的医療保険の対象外ではあるものの、対象にすべきかどうか検討段階にある医療のことを言い、平成28年6月1日現在、100種類あります。

公的医療保険の対象外ですから、これら先進医療に係る費用は、もちろん全額自己負担。 ただし、先進医療以外の、診察料・検査料・入院料といった通常の医療(保険診療)については、公的医療保険の対象となります。

また、先進医療の内容は固定的なものではなく、新しい治療が実績を積み、治療法として確立されてきたと厚生労働省に認められれば保険適用されます。つまり、先進医療は、追加・廃止など、随時変動するものなのです。

なお、平成28年4月以降、小児がん(時局性の固形悪性腫瘍に限る)への陽子線治療と、切除非適用の骨軟部腫瘍への重粒子線治療について、保険適用が認められています。

「先進医療」の費用は、どれくらい?

先進医療と認められている治療のうち、費用が高額になりやすいのは、やはり、「がん」に関するもの。厚生労働省によると、先進医療の費用の中でも最高額クラスとなる重粒子線治療の場合、1件当たりの費用はなんと平均300万円以上となっています。

基本的に、先進医療に係る費用は医療の種類や病院によって異なりますが、標準医療と比べると、治療時の肉体的負担が軽減され、治癒率が比較的高いといった大きな利点がある一方で、高額な自己負担となる場合もあります。

先進医療技術に係る費用の例

技術名 1件当たりの費用* 平均入院日数 年間実施件数
陽子線治療 約268万円 13.0日 3,012件
重粒子線治療 約309万円 26.7日 1,889件
樹状細胞及び腫瘍抗原ペプチドを用いたがんワクチン療法 約105万円 2.4日 112件

*先進医療総額を年間実施件数で割った金額

  • 出典:「平成27年6月30日時点で実施されていた先進医療の実績報告について」(厚生労働省)『第323回中央社会保険医療協議会総会資料(平成28年1月20日実施)』より

「先進医療保障付き医療保険」とは?

この先進医療に係る自己負担分をカバーするのが、先進医療保障の特約が付加された医療保険など。大きく「費用の実費を給付するもの」と「一定額を給付するもの」に分けられ、さらに前者には、「無制限に実費を給付するもの」や「2,000万円を上限にしているもの」などがあります。それぞれ、保険料とのバランスを考えて、自分のニーズに合ったものを選ぶことが大切です。

一方、先進医療保障特約の保険料は、月々百円前後と実に割安。ただし、それだけ先進医療給付金を受ける確率が低いとも考えられます。

また、前述のように先進医療の内容は随時変動するため、保険加入時は対象だったものが、保険金請求時には対象外となっている可能性もあります。そのため、保障内容の定期的な見直しや、先進医療の内容の変更に合わせて保障内容自体も対応するような商品を選択することが必要です。

ファイナンシャル・プランナープロフィール

黒田 尚子(くろだ なおこ)

黒田 尚子(くろだ なおこ)

ファイナンシャル・プランナー(CFP)

大学卒業後、大手シンクタンク勤務を経て、10年前にファイナンシャル・プランナーとして独立。「夢をカタチに」をモットーに、個人に対する総合的なコンサルティング業務のほか、Webサイト・雑誌等の執筆や、セミナー等における講師などのFP活動を行う。

※当記事で提供する情報はあくまでも個人による一般的な意見です。当情報の利用およびその情報に基づく判断は読者の皆様の責任によって行ってください。個別の商品・サービスの詳細はそれぞれの規約・約款等をご確認ください。

医療保険の商品を探す  - ご希望の方法から医療保険を探すことができます

  • 医療保険の商品を比較

    医療保険の商品を比較して、パンフレットを一括で取り寄せられます。

    医療保険 商品一覧
  • 自分で調べるより専門家に相談

    保険に関する分からないことはなんでも保険のプロに相談することができます。

    保険相談(無料)

この記事の関連リンク

このページの先頭へ