火災保険の補償範囲を選ぶ - 火災保険の選び方 -

「価格.com 保険」は、株式会社 カカクコム・インシュアランスが保険契約締結の代理・媒介を行います。

火災保険を学ぶ

補償範囲を選ぶ

火災保険の補償内容および補償範囲を理解し、自分にとって必要な補償かを確認しましょう。

火災保険の補償内容

火災保険には一般的にどんな補償があるのか見てみましょう。

補償範囲 補償内容
火災 火災 失火やもらい火、放火(※1)などによる火災の損害を補償します。
  • ※1・・・契約者または被保険者などが放火犯の場合は補償されません
落雷 落雷 落雷による損害を補償します。
破裂・爆発 破裂・爆発 ガス漏れなどによる破裂・爆発の損害を補償します。
風災・ひょう災・雪災 風災・雹(ひょう)災・雪災 風災・雹(ひょう)災・雪災の損害を補償します。
  • ※風災:台風、旋風、暴風、暴風雨等をいい、洪水、高潮等を除きます
  • ※雪災:豪雪、雪崩(なだれ)等をいい、融雪洪水を除きます
水災 水災 台風や豪雨等による洪水などの水災の損害を補償します。
  • ※地震による津波を除きます
建物外部からの物体の落下・飛来・衝突 建物外部からの物体の落下・飛来・衝突 自動車の飛び込みなどによる損害を補償します。
漏水などによる水ぬれ 漏水などによる水ぬれ 給排水設備の事故や他人の戸室で生じた事故に伴う漏水による水ぬれ損害を補償します。
  • ※給排水設備自体に生じた損害は補償されません
騒擾(そうじょう)・集団行動等に伴う暴力行為 騒擾(そうじょう)・集団行動等に伴う暴力行為 集団行動などに伴う暴力行為・破壊行為による損害を補償します。
盗難による盗取・損傷・汚損 盗難による盗取・損傷・汚損 盗難による盗取(とうしゅ)や損傷・汚損などの損害を補償します。
不測かつ突発的な事故(破損・汚損) 不測かつ突発的な事故(破損・汚損) 誤って自宅の壁を壊した場合などの偶然な事故による損害を補償します。
  • ※すり傷などの外観上の損傷または汚損であっても、その機能に支障をきたさない損害は補償の対象となりません

地震保険については、「地震保険をセットするか決める」ページで説明します。

補償範囲を限定することで、保険料を抑えることができる

火災保険は、火災だけでなく、台風、雷、水害などの自然災害による損害や、盗難や破損など日常生活による損害も補償することができます。補償される範囲を広げれば、その分、保険料は高くなります。
逆に、必要性の少ない補償を対象外にすることで、保険料を抑えることができます。

  • 火災、落雷など、基本補償となっていて外せない補償もあります

たとえば、「水災」の補償は、台風やゲリラ豪雨により、床下および床上浸水した場合の補償ですが、マンションの高層階に住んでいたり、高台に住んでいる場合(※2)、洪水のリスクは低減するので、補償を対象外とする選択肢もあります。

  • 2 ただし、豪雨による土砂災害のリスクはあります

国土交通省が公開している「ハザードマップ」で、ご自身が住んでいるエリアが災害の警戒区域でないか確認することができます。
情報を確認したうえで、必要な補償をしっかり選びましょう。

火災保険について学んだら、実際に商品を見てみましょう

お急ぎ(本日より7日以内にご契約をご希望)の場合は、一括見積もり後、早急にカカクコム・インシュアランス 相談窓口までご連絡ください。

建物がご自身の所有物ではないため、家財のみの補償をご検討ください。

やっぱり保険は難しい、分からないという方は、保険なんでも無料相談

事業用物件、マンション一棟の火災保険加入のご相談も、お気軽に相談窓口までご連絡ください!

相談は何度でも無料!

カカクコム・インシュアランス 相談受付
0120-057-521(無料)
平日10:30〜19:30 / 土日祝10:30〜18:30
火災保険の一括見積もり・相談

このページの先頭へ

  • 保険
  • 火災保険
  • 火災保険の選び方
  • 火災保険の補償範囲を選ぶ価格.com

© Kakaku.com insurance, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止